吉安遼哉(大阪桐蔭)の出身中学や怪我の状態は?捕手でも打撃でも注目!

高校野球

大阪桐蔭高等学校野球部の吉安遼哉選手について色々調べて見たいと思います。吉安遼哉選手の出身中学校や中学校時代はどんな選手だったのか、気になるので調べて見たいと思います。それから吉安遼哉選手は怪我でメンバーから外れてしまったそうですが、現在の怪我の状況は?2020年の選抜高校野球大会に間に合うのでしょうか?





スポンサードリンク


 

吉安遼哉選手のプロフィール

 

 

名前:吉安遼哉 (よしやす りょうや)

生年月日:2002年生まれ

出身地:大阪

身長:180cm

体重:80㎏

ポジション:捕手・内野手

出身中学校:大阪市立港南中学校

出身高校:大阪桐蔭高等学校

スポンサードリンク


 

吉安遼哉選手の中学校時代について

 

それでは吉安遼哉選手の中学校時代について調べて見たいと思います。

吉安遼哉選手は大阪府の出身で、大阪市立港南中学校の出身です。

中学校では野球部には所属しておらず、西淀ボーイズでプレーしておりました。

 

ボーイズリーグ2017世界少年野球大会日本代表選手として出場経験がある。

同じ代表選手には大阪桐蔭高校野球部の仲三河優太選手、藤江星河投手も日本代表として一緒に中学時代に戦った。

 

この大会では日本代表は世界一となっており、吉安遼哉選手も捕手として出場し、打撃では中軸を任されて、守備の要と打撃で日本を優勝へ導いた。

因みに、同じ捕手のポジションでは印出太一捕手(中京大中京)も同じ日本代表として出場している。

 

しかし、大阪桐蔭高校野球部のスカウト力は凄いですね。

中学時代にトップで活躍する選手を何人も獲得している。

やはり大阪桐蔭高校野球部というブランド力と言いますか、西谷浩一監督の積み重ねてきた努力なんでしょうね。

 

 

捕手でありながら130キロのスピードボールを投げるところも、桁外れですね。

吉安遼哉は大阪桐蔭高校野球部以外にどんな学校からオファーがあったんでしょうか?

やはり全国の強豪校からの誘いがあったんでしょうね。

 

キャッチャーで中軸も打てる選手ですから、かなりの学校から声が掛かっていたのではないかと思います。

スポンサードリンク


 

吉安遼哉選手の怪我の状況は?甲子園までに復帰可能か?

 

吉安遼哉選手は2019年10月の練習中に、走者にタッチした時、左手親指を剥離骨折してしまい、近畿大会は離脱となってしまった。

しかし、12月には全体練習に参加しているそうですので、2020年の選抜高校野球大会には復帰できるのではないでしょうか?

 

残念ながら近畿大会は出場する機会が無かったが、その悔しさを甲子園で晴らしてくれると思っております。

しかしながら、大阪桐蔭高校野球部の選手層は非常に厚いですので、正捕手の座を狙っている他の選手も沢山います。

吉安遼哉選手は復帰してからも、ライバルとの戦いに勝たなければ正捕手の座を獲得する事は出来ないだろう。

 

吉安遼哉選手の怪我で1年生ながら正捕手の座を奪った、坂玲哉選手

 

2年生からベンチ入りしている選手ですので、西谷浩一監督からの信頼も厚い選手だと思います。

長打力もあり、一発も期待できる選手ですので、甲子園での打撃も見てみたいです。

 

 

ホームランの動画も、打った瞬間分かるホームランで、非常に綺麗なスイングをしている選手だなって思いました。

クリーナップも打てる選手ですし、勝負強さも持っている選手ですので、チャンスに回ってくると、相手投手も投げ辛いだろうと思います。

スポンサードリンク


 

吉安遼哉選手のまとめ

 

本日は大阪桐蔭高校野球部の吉安遼哉選手について記事を更新しました。

吉安遼哉選手の怪我は回復に向かっているようなので、安心しました。

新チームになって少々出遅れた感のある吉安遼哉選手ですが、悔しい思いをした分はプレーで返して欲しいと思います。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク