山戸結希監督のわがままな映画の撮影方法とは?評判の賛否両論について

芸能

 

映画監督の山戸結希監督がわがまま?ネット上に出ているキーワードについて調査して見たいと思いますが、わがままな撮影方法で評判が悪いのだろうか?チョット気になったので、詳しく調べて見たいと思います。それから気になる山戸結希監督の性格についても調査して見たいと思います。





スポンサードリンク


 

山戸結希監督のプロフィール

 

 

名前:山戸結希 (やまと ゆうき)

生年月日:1989年生まれ

出身地:愛知県刈谷市

出身中学:刈谷市立依佐美中学校

出身高校:愛知県立豊田西高等学校

出身大学:上智大学文学部哲学科

所属:研音

 

大学3年の時に映画研究会に所属し、独学で『あの子が海辺で踊ってる』を撮影する。この作品が第24回東京学生映画祭で審査員を務めた井土紀州の賞賛を受け、審査員特別賞を受賞する。

この賞を受賞する事で、他の監督から声を掛けられるようになって、週刊誌に取り上げられるようになり、活動の幅が広がった。

2012年11月10日にポレポレ東中野で『あの子が海辺で踊ってる』を自主配給で上映した。

当時無名の新人ながら、同館のレイトショー動員を記録するヒットとなり注目を集めた。

スポンサードリンク


 

山戸結希監督のわがままな映画撮影方法とは?

 

ネットで山戸結希監督を検索すると『わがまま』このようなキーワードが出現しているのですが、何かわがままな性格なのか、映画の撮影方法がわがままなのか?少し気になったので調べて見ました。

 

調べて見たのですが、山戸結希監督がわがままな性格とも出ていませんでしたし、映画の撮影方法がわがままとも出ておりませんでした。

何故このようなキーワードが出ているのか分かりませんでした。

 

一つ考えられるのは、監督として映画を作り上げる過程で、妥協できない所はわがままを言ってでも、曲げない性格なのかも知れません。

誰かにあーした方が良いとか、こんな感じにした方が良いなど、アドバイスを貰っても、自分の意志を貫く方なのかも知れませんね。

 

もしも、映画監督に芯が無い人間だったら、絶対に良い作品なんて作れないと思いますし、もし映画が公開されても、多分つまらない映画になるんだろうなって思いますね。

 

やはり、映画監督にしろ、人の上に立つ人間はチョットわがままな性格の方が良いと思います。

山戸結希監督は女性ですから、女性のわがままと、男性のわがままってチョット違うところがあるじゃないですか?

ですから、女性目線でのわがままも、個性があって良いのではないでしょうか?

スポンサードリンク


 

山戸結希監督の作品はどんな評判なのか?

 

気になる山戸結希監督の作品はどんな評判なのか?

『溺れるナイフ』の評判について調べて見ました。

 

 

 

 

今回は『溺れるナイフ』についての評判を調べて見ましたが、何百回見ても飽きないなどの投稿もあり、見た事無い方も見たくなったのではないでしょうか?

やはり映画や読書って、1回見ただけでは理解できない事が多いんですよね。

何度も見ると、色々な気づきがあったりして、更に深く感じ取れる事が出てくるのが良いですね。

スポンサードリンク


 

山戸結希監督のまとめ

 

本日は女性映画監督である、山戸結希監督について記事を更新しました。

今後もどんな映画を作成するのか?

山戸結希監督ファンは楽しみですね!

 

まとめますと、山戸結希監督はわがままなのか?については、特にそのような情報は出ておりませんでした。

 

それから映画の評判についても、こればっかりは賛否両論あるので、良かったと思う人も居れば、良く無かったと思う人がいるのは当然だと思います。

100人中全員が良かったと思う事は先ず無いでしょうからね。

 

今後も山戸結希監督に関しては注目していきたいと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク