山瀬慎之助(星稜)奥川恭伸とは6歳で出会い宇ノ木中学では全国制覇

高校野球

星稜高校の注目のバッテリーである山瀬慎之助捕手について本日は記事を更新したいと思います。星稜高校と言えばエースの奥川恭伸投手が注目を浴びておりますが、山瀬慎之助捕手も星稜高校で1年秋から正捕手として活躍している選手である。どんな選手なのか調べて見たいと思います。





スポンサードリンク


 

山瀬慎之助捕手のプロフィール

 

 

名前:山瀬慎之助 (やませ しんのすけ)

生年月日:2001年5月4日生まれ

出身地:石川県かほく市

身長:176cm

体重:82㎏

出身中学:かほく市立宇ノ木中学校

 

宇ノ木小学校2年生から宇ノ木ブルーサンダーで捕手としてプレー。

6年生の時には県大会で準優勝。

宇ノ木中学校時代には軟式野球部で捕手を務め、3年夏に全国優勝。

星稜高校では1年秋から正捕手として活躍。

スポンサードリンク


 

山瀬慎之助捕手の二塁への送球

 

ランナーが盗塁し、キャッチャーが二塁で刺すシーンは非常に見ごたえがあるシーンですが、山瀬慎之助捕手は二塁への送球はどんな球を投げるのでしょうか?

動画で見てみたいと思います。

 

 

んーやばいですね(笑)

自分が一塁走者で二塁へ盗塁したら余裕でアウトになりますね・・・。

やはり良いキャッチャーはボールを取ってからが早いですね!

甲子園に出場する選手はやはりレベルが違います。

スポンサードリンク


 

 山瀬慎之助捕手と奥川恭伸投手の出会い

 

星稜高校へ入学し1年生の秋からバッテリーを組んでいる二人は、小学校から高校まで同じ学校へ通っている。

私の記憶だとこのように小学校から高校まで同じ学校に通い、バッテリーを組んでいる選手は記憶にない。

しかも、甲子園にも出場しているバッテリーで2019年の選抜高校野球大会では注目のバッテリーで、私の中では一押しの二人である。

 

小学校1年生の時に出会ってから甲子園まで二人三脚で来た。

中学3年生の時には全国優勝を成し遂げている。

 

高校では2018年の明治神宮大会では惜しくも、札幌大谷高校に1-2で敗れた。

明治神宮大会で敗れたのは、非常に悔しかったと思いますし、スコアも1点差のゲームですから悔いが残る試合だったでしょう。

この敗戦があったからこそ、色々な修正するポイントもあっただろうし、甲子園で優勝するという目標がより一層強まったのではないでしょうか?

 

個人的には明治神宮大会の決勝では、エースの奥川恭伸投手は7回からしか投げていないので、もし先発で投げていたら試合の行方は分からなかったかも知れません。

 

しかし、この敗戦は甲子園で返すしかないので、山瀬慎之助捕手と奥川恭伸投手のバッテリーには注目していきたいと思います。

 

山瀬慎之助捕手の気になる怪我の状況は?

 

少し気になるのが、山瀬慎之助捕手の怪我である。

右手痛もあって、明治神宮大会では3試合に出場し8打数0安打で三振も4個と調子を落としていた。

選抜高校野球大会までには完治していれば良いですが、チョット心配ですね。

 

高校野球の雑誌にも書いてありましたが、山瀬慎之助捕手の調子が上がってくれば、優勝も狙えるとの事ですから、2019年の選抜高校野球大会での活躍に期待しております。

 

2018年の夏の甲子園で活躍した二人も、2019年の選抜高校野球大会では体も大きくなっているはずですので、選抜はしっかりとテレビ観戦したいと思います。

スポンサードリンク


 

山瀬慎之助捕手のまとめ

 

本日は星稜高校野球部の捕手である山瀬慎之助捕手について記事を更新しました。

2019年の選抜高校野球大会で一番注目しているバッテリーです。

まあ、エースの奥川恭伸投手は大会ナンバーワン投手ですし、ドラフト1位候補とも言われております。

奥川恭伸投手をどのようにリードするのか楽しみですし、何個盗塁を阻止するのかも気になりますね。

優勝候補筆頭と言われていますので、恐らく他のチームからもマークされていると思うので、負けずに頑張って欲しいと思います。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも高校野球関連の記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク