山本由伸の高校時代に甲子園出場は?中学時代は東岡山ボーイズでプレー!

高校野球

オリックス・バファローズのエースとして活躍中の山本由伸投手ですが、高校時代はどんな選手だったのだろうか?

岡山県出身である山本由伸投手ですが、高校時代は宮崎県にある都城高等学校野球部へ野球留学しているが、高校野球生活では甲子園出場はしているのか?

高校時代はどんな投手だったのかや、画像や動画も気になるところです。

中学時代も気になるので色々調べてみました。

スポンサードリンク


 

山本由伸のプロフィール

 

 

名前:山本由伸 (やまもと よしのぶ)

生年月日:1988年8月17日生まれ

出身地:岡山県備前市

身長:178cm

体重:80㎏

血液型:AB型

投打:右投げ右打ち

出身中学校:備前市立備前中学校

出身高校:都城高等学校

 

山本由伸の中学校時代について

 

それでは山本由伸投手について書いていきたいと思いますが、山本由伸投手の中学校時代から調べてみましたが、中学校時代は学校の野球部では無く、東岡山ボーイズに所属し硬式野球でプレーしていました。

 

当時は投手1本では無く、二塁手兼投手としてプレーしており、大谷翔平選手のような二刀流選手だった。

中学3年生の時には全国大会へも出場経験があるが、どこまで勝ち進んだのかは分かっておりませんが、中々全国大会に出場するのは難しいとは思いますので、当時から注目された選手だったのかも知れませんね。

 

山本由伸の高校時代について

 

 

次に山本由伸投手の高校時代についてですが、岡山県出身である山本由伸投手は先輩の勧めもあって、宮崎県にある都城高等学校へ進学した。

岡山県にも強い高校は沢山あると思いますが、なぜ都城高校野球部を選んだのだろうか?

 

野球に集中できる環境を求めて、都城高校野球部を選んだんだそうだ。

都城高校は男女共学の私立高校であり、野球部は春夏甲子園出場経験のある強豪高校であり、春の選抜大会ではベスト4まで進出した経験のある学校です。

 

野球に集中できる環境ということで、やはり実家から高校に通うより、親と離れて寮生活の方が、集中できるということなんだろう。

私立高校ですから、グランドや設備も公立高校よりも充実している点もあったと思います。

 

山本由伸投手は1年生の夏からベンチ入りし9番三塁手として出場しており、入学当初から監督の期待が高かった選手である。

 

中々1年生からスタメンで起用される選手はいませんからね。

しかも強豪校であり、2年生や3年生もいる中で、スタメンを勝ち取るのは中々できないことである。

 

投手として本格的に指導したのは1年生の秋からであり、球速もグングンと伸びていき、高校2年の春には147キロ、高校3年の夏には151キロまで急速がアップし、一気にプロ注目の投手となった。

 

2年生の秋には参考記録ながら、完全試合を達成しており、別の試合ではノーヒットノーランも達成し、高校時代から注目される投手でありました。

高校3年生最後の夏は3回戦で敗退し甲子園出場の夢は叶わなかった。

 

因みに、山本由伸投手の高校時代は1度も甲子園には出場しておりません。

中々、長崎県もレベルが高いので、甲子園に出場するのは難しですね。

 

高校3年生のドラフト会議でオリックス・バファローズから4位で指名されて入団した。

甲子園にも出場していない投手でしたが、やはりプロのスカウトの見る目は凄いですね。

ここまでプロ野球で活躍する投手となるとは予想できたのだろうか?

 

今では、日本のエースと言っても良いくらいの投手となり、メジャーでも通用する投手だと思うので、今後の山本由伸投手の動向が気になるところですね。

 

 

山本由伸投手のまとめ

 

本日はオリックス・バファローズの山本由伸投手について記事を更新しました。

山本由伸投手の中学校時代や高校時代について書きましたが、高校時代には甲子園出場が果たせなかったが、今ではプロでも3本の指に入るエースとして活躍している。

 

今後どんな投手になっていくのか、非常に楽しみであります。

今後の山本由伸投手には注目していきたいと思います。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!

スポンサードリンク