浦和学院の渡辺勇太郎投手は大谷翔平になれるか!ドラフト上位指名もあるぞ!

高校野球

浦和学院高校野球部の渡辺勇太郎投手ですが、身長190cmで体重90㎏の恵まれた体格を持ちストレートの球速も最速149キロをマークしている。背番号11番を付けて甲子園の先発マウンドに立った渡辺勇太郎投手ですが、ケガの影響もあってエースナンバーは付けていないと思われます。本日は浦和学院高校野球部の渡辺勇太郎投手についてブログを更新しました。

スポンサードリンク


 

渡辺勇太郎(浦和学院)のプロフィール

 


名前:渡辺勇太郎

生年月日:2000年9月21日生まれ

出身地:埼玉県羽生市

身長:190cm

体重:90㎏

投打:右投げ右打ち

出身中学:羽生市立東中学校

好きな野球選手:大谷翔平

 

羽生市立東中学校時代の2年生の時に全国大会出場経験がある。

浦和学院では1年生の秋からベンチ入りしている。

スポンサードリンク


 

渡辺勇太郎(浦和学院)大谷翔平投手のようにメジャー向き?

 

浦和学院高校野球部の渡辺勇太郎投手は第100回全国高校野球選手権記念大会の1回戦の仙台育英戦で先発のマウンドに立った。

背番号11番を付けながらプロのスカウトも唸らせる投球を見せた。

6イニングを無失点で切り抜け、7奪三振、3安打無得点に抑える好投。

ストレートの球速表示は149キロをマークした。

 

この素晴らしい投球でプロのスカウトも下記の様に高評価をしている。

「スケールの大きさは大会ナンバーワン。大谷(エンゼルス)のような球を投げる可能性がある」

 

「ものが違う。この大会のナンバーワン投手。投げ方に無理がない」

 

「強いストレートを投げる。カウント、打者を見ながら投げている。ドラフト上位もあるでしょう」

 

「ボールを動かせるのはメジャー向き。毎年3、4人しかいない数少ないメジャー候補」

 

渡辺勇太郎投手は大谷翔平投手の投げ方を研究して取り入れている。

昨秋に試しに大谷翔平投手の投げ方を真似して投げてみたら、投げやすかったのがきっかけだそうです。

私も小学校や中学校時代は投手でしたので、色々なプロ野球選手の投げ方を真似して投げていたのを覚えています。

一番投げやすかったのは元巨人の鹿取投手の投げ方ですね。

ちょっと古い話でごめんなさい(笑)

 

このように、プロ野球選手の投げ方を真似して投げてみるというのは、少なくとも自分にプラスになる事はあると思います。

もし投げ方で悩んでいる事があれば、プロ野球選手の投げ方を取り入れて見ると、イイ感じに投げられる事もあると思います。

私はお勧めだと思っております。

 

このように、プロのスカウトも高評価を下している渡辺勇太郎投手はドラフト会議でも指名される可能性もありますし、このまま活躍した場合Uー18世界代表選手に選出されれば、更に評価も上がる事でしょう。

スポンサードリンク


 

渡辺勇太郎(浦和学院)の投球動画

 

第100回全国高校野球選手権記念大会1回戦で仙台育英戦に先発出場した渡辺勇太郎投手の投球動画を見てみましょう。

6イニングを無失点、7奪三振、3安打無失点の完璧な投球でストレートも自己最速の149キロをマークしております。

それでは仙台育英戦の投球を見てみましょう。

 

実際に動画を見ましたが、外角のストレートの制球も素晴らしいコントロールをしております。

そして追い込んでからのタテのスライダーもかなり落ちていて、打者は非常に打ちづらい投手ではないでしょうか?

ストレートの球速は常時145キロ前後の投球でスタミナもある投手だなと感じました。

渡辺勇太郎投手は春に右肘痛でベンチ外、関東大会で投げましたが本調子では無かったそうです。

恐らく怪我が無ければ、浦和学院のエースナンバーを背負っていたかも知れません。

仙台育英戦の投球ができれば、浦和学院の上位進出も十分あると思っております。

スポンサードリンク


 

渡辺勇太郎(浦和学院)のまとめ

 

身長190cm、体重90㎏の体格から投げる149キロのストレートはかなり威力があると思いますが、まだまだ渡辺勇太郎投手は伸びるような気がします。

将来の可能性を秘めている投手だと思います。

次の試合に登板するか分かりませんが、次の試合も渡辺勇太郎投手を見てみたいですね!

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下にも高校野球関連の記事がありますので、是非お読みください。

スポンサードリンク