堤駿斗の経歴や中学高校時代は?父親や母親もどんな人物か気になる!

ボクシング

ボクシングの注目選手である堤駿斗選手について色々調べて見たいと思います。堤駿斗選手を初めて見た時に、かなりイケメンのボクサーだと思いましたが、もっと大きな舞台に出てきたら、かなり人気が出るのではないでしょうか?そんな堤駿斗選手の経歴や中学高校時代についても気になりますし、父親や母親についても気になります。どんなご両親なんでしょうか?





スポンサードリンク


 

堤駿斗のプロフィール

 

 

名前:堤駿斗 (つつみ はやと)

生年月日:1999年7月12日生まれ

出身地:千葉県

身長:171cm

体重:56㎏

出身中学校:千葉市立椿森中学校

出身高校:習志野市立習志野高等学校

出身大学:東洋大学

スポンサードリンク


 

堤駿斗の中学校時代について

 

 

堤駿斗選手の中学校時代についてですが、どんな中学校時代を過ごしていたのでしょうか?気になるので調べて見たいと思います。

 

堤駿斗選手は千葉市立椿森中学校の出身。

ボクシングは小学校5年生の時に空手からボクシングに転向し、U-15全国大会、アンダージュニア全国大会、第1回全日本アンダージュニアボクシング王座決定戦などのタイトルを獲得している。

 

このように中学校時代から数々のタイトルを獲得してきた堤駿斗選手。

中学時代から敵なしといった感じだったんでしょうね。

この強さの秘訣は何なんでしょうか?

 

調べて見ると、堤駿斗選手は体の内側を鍛える、体幹トレーニングを中学時代から取り組んできたそうです。

上半身だけでは無く、下半身のインナーマッスルも同じように鍛えてきた。

 

体幹トレーニングに取り組んできた結果が、あの強烈なパンチがあるんですね。

体幹を鍛える事で、体の軸がしっかりとし、体のブレが無くなり、パンチの精度も上がり確実に相手に当てる事ができるのでしょう。

スポンサードリンク


 

堤駿斗の高校時代について

 

 

中学を卒業した堤駿斗選手は千葉県の習志野高等学校へ進学した。

習志野高等学校は甲子園へ出場経験のある学校ですね。

堤駿斗選手はどんな高校時代だったのか調べて見たいと思います。

 

高校時代に6冠を達成しており、高校生で全日本選手権で優勝。

これは井上尚弥選手以来の快挙であり、非常に凄い事である。

そして2016年には世界ユース選手権で日本人初の優勝を果たしている。

 

このように高校生でも数々の試合で優勝しており、『史上最強の高校生』と堤駿斗選手は言われていた。

そんな高校時代の堤駿斗選手は、普通の高校生だったそうです。

『極端に大人しい生徒でも、極端に騒ぐ生徒では無い。』

担任からは褒められる事もあれば、怒られる事もあったそうです。

ボクシングでは非常に目立つ選手ですが、学校の授業は普通の高校生と同じだったそうです。

 

しかし、堤駿斗選手は高校1年生の初期に3敗をしているのだ。

今の堤駿斗選手からは想像も付かないが、今まで全勝という勝ちっぱなしという試合では無かったんですね。

 

高校1年生の初期で負けを経験したからこそ、今の堤駿斗選手があるんだと思いますし、負けの経験が次の試合に必ず生きてくる。

失敗しなければ、前には進めませんからね。

やはり若い頃に失敗するのは堤駿斗選手にとって、良い事なのだ。

スポンサードリンク


 

堤駿斗の父親や母親はどんな人?

 

堤駿斗選手がここまで強くなったのも、父親や母親のサポートのお蔭だと思いますが、どんなご両親なんでしょうか?

ご両親も元ボクサーなんでしょうか?

気になったので、調べて見たいと思います。

 

堤駿斗選手の父親の名前は堤直樹さん、母親は堤純子さんである。

調べて見たところ父親と母親にボクシング経験は無いそうです。

 

父親の直樹さんは、図書館で借りてきたトレーニングの本や、運動理論の本を読んで独学で練習メニューを組み立ててきたそうです。

父親としてやれることを、後押ししてきたそうだ。

 

堤駿斗選手も父親に対して、協力してくれるありがたさや、感謝を口にしている。

『結果』で恩返しがしたいと話している。

いやー、良い息子さんですね。

直樹さんは自慢の息子でしょうね。

 

2020年の東京オリンピックでメダルを獲る事で、父親への恩返しが出来る事でしょう。

堤駿斗選手が東京オリンピックで何色のメダルを獲得するのか、非常に楽しみです!

スポンサードリンク


堤駿斗のまとめ

 

本日はボクサーの堤駿斗選手について記事を更新しました。

堤駿斗選手の中学高校時代について書きましたが、2020年東京オリンピックが最初で最後のオリンピックと決めているそうです。

その後はプロへ転向し世界一を目指すと話している。

 

日本人として数少ないメダリストになれるか?

今後の堤駿斗選手に注目ですね!

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク