冨安健洋の高校時代や中学時代はどんな選手だった?サッカーを始めたきっかけは?

サッカー

冨安健洋選手は日本代表には欠かせない選手であり、今後の日本代表を背負っていく選手の一人だと思っております。

そんな冨安健洋選手の高校時代や中学時代はどんな選手だったのだろうか?

高校中学時代の成績等についても気になるところです。

日本代表に選出されるまでに、どのように歩んできたのだろうか?

冨安健洋選手について色々調べてみました。

スポンサードリンク


 

冨安健洋のプロフィール

 

 

名前:冨安健洋 (とみやす たけひろ)

生年月日:1998年11月5日生まれ

出身地:福岡県福岡市

身長:188㎝

体重:84㎏

出身中学校:福岡市立三筑中学校

出身高校:九州産業大附属九州高等学校

 

冨安健洋の中学時代について

 

 

冨安健洋選手の中学時代はどんな選手だったのだろうか?

福岡市立三筑中学校出身である冨安健洋選手ですが中学時代は『アビスパ福岡U-15』に所属しており、中学校の授業が終わると、アビスパ福岡のユースでトレーニングを重ねていたようです。

 

中学2年生で身長175㎝あったそうで、中学生当時の画像もありました。

まだ幼い顔をした冨安健洋選手ですが、プレーは既に一流だったようです。

中学時代は既に高校3年生と一緒に混じってプレーする程の選手だった。

 

因みに中学3年生では183㎝に身長が伸びたそうです。

中学3年で183㎝とは凄いですね。

 

冨安健洋選手のご両親も身長が高いのだろうか?

子供が180㎝を超えるということは、やはりご両親のどちらかも身長が高いかも知れませんね。

 

因みにご両親の身長等の情報は現在のところ無いのですが、父親と母親はお互いスポーツはやっていたそうです。

父親は野球や剣道を母親は陸上をしていたようです。

 

やはり冨安健洋選手の運動神経は、ご両親のDNAを受け継いでいるのでしょうね。

 

冨安健洋の高校時代について

 

 

中学時代に続いては冨安健洋選手の高校時代について書いていきたいと思います。

冨安健洋選手の出身高校は九州産業大附属九州高等学校であります。

 

高校時代もアビスパ福岡のU-18に所属しており、高校2年生でアビスパ福岡のプロ契約を結んでいる。

高校生でJリーガーですからね、凄い選手だったのが分かります。

 

高校時代も恐らくサッカー漬けだったと思いますが、Jリーガーとしてプロの試合もあったと思いますが、高校中退という噂も出ていたようですが、実際には高校は卒業しているようですね。

 

冨安健洋のサッカーを始めたきっかけとは?

 

冨安健洋選手は現在海外でプレーしているが、そもそもサッカーを始めたきっかけとは一体どんな理由だったのだろうか?

気になるところですので、調べてみました。

 

冨安健洋選手がサッカーを始めるきっかけとなったのは、小さい頃の怪我だった。

冨安健洋選手には姉が二人いるのですが、その姉の影響もあり水泳を習っていたそうですが、祖母の自宅にあるランニングマシンで転倒して怪我をしてしまったようです。

 

その怪我の影響で顎を数針縫ったことで、水泳が一時期できなかったそうだ。

水泳ができなくなり、サッカーを代わりに始めたのがきっかけだったそうです。

 

もしも、冨安健洋選手がランニングマシンで怪我をしていなかったら、サッカー選手になっていなかった可能性も0では無いかも知れません。

 

やはり一流選手と言えども、このようなきっかけで大物になったりすることがありますね。

やはり運も味方の内なんでしょうか?

 

冨安健洋のまとめ

 

本日はサッカー日本代表である冨安健洋選手について記事を更新しました。

冨安健洋選手の高校時代や中学時代ですが、やはり注目されていた選手であり、注目されていた選手であった。

 

しかし、ここまで成長したのも本人の努力があったからこそであり、努力が無ければ今の冨安健洋選手は無いでしょうね。

今後も今以上に注目される選手になりそうですので、まだまだ注目ですね!

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読みください!

スポンサードリンク