床田寛樹は結婚しているのか?復帰後はどん底から這い上がる強い精神力で勝負!

プロ野球

広島東洋カープの床田寛樹投手ですがイケメンですよね~!現在24歳という年齢ですから、これからさらに大人の男性と変貌していくので、女性ファンも多くなるのではないでしょうか?そして、気になるのが結婚しているのかどうか?24歳でも結婚している方もいますからね。本日は床田寛樹投手の結婚についてや、怪我からの復帰について記事を更新したいと思います。





スポンサードリンク


 

床田寛樹投手のプロフィール

 

 

名前:床田寛樹 (とこだ ひろき)

生年月日:1995年3月1日生まれ

出身地:兵庫県尼崎市

身長:181cm

体重:85㎏

投打:左投げ左打ち

血液型:A型

出身ボーイズ:兵庫スターズ

出身高校:箕面学園高等学校

出身大学:中部学院大学

スポンサードリンク


 

床田寛樹投手は結婚しているのか?

 

女性ファンなら気になる『結婚』についてですが、床田寛樹投手は2019年4月現在は独身だそうです。

良かったですね!女性ファンの方々(笑)

 

大学を卒業し、広島東洋カープにドラフト3位で入団し2019年でプロ3年目となる床田寛樹投手です。

プロ入り1年目に開幕ローテーション入りを果たし、新人ながら注目を集めていた。

しかし、4月19日の試合で左肘に違和感を訴えて途中降板した。

その後、肘の手術を行い2017年のシーズンは絶望となった。

 

もしも、彼女がいたとしても、このような状況で結婚する事は無いと私は思います。

肘の手術を受けても、完全に復活できるとは限らないし、最悪の場合は野球ができなくなり、引退・・・。

こんな状況では奥さんを幸せにはできませんね。

 

私が床田寛樹投手の立場でも結婚はしていないと思います。

とにかく肘のリハビリを行い、ボールが投げれるように努力する。

そして、試合で投げられるようにしなければ、戦力外通告を受けてしまう・・・。

このような状況では先の事は考えられないでしょう。

スポンサードリンク


 

床田寛樹投手の怪我からの復帰

 

先程も書きましたが、床田寛樹投手は2017年の1年目で開幕ローテーション入りを果たしている。

貴重な左投手としても注目を浴びており、広島東洋カープの緒方孝市監督も期待していたと思います。

4月12日の巨人戦で初勝利をあげて、幸先の良いスタートだと誰もが思ったに違いない。

しかし、4月19日の横浜DeNAベイスターズ戦で左肘の違和感を訴え4回途中で降板した。

その後、左肘の手術を受けて2017年の登板は絶望的となった。

 

この時の床田寛樹投手の心境ですが、頭が真っ白になるくらいになったのではないでしょうか?

ドラフト3位で入団し、開幕ローテーション入りを任された矢先に怪我・・・。

折角のプロ野球のマウンドに1年目から立てたのに、怪我で泣かされるとは思ってもみなかったでしょうね。

投げたいのに左肘の傷みで投げられない・・・。

気持ちが焦るばかりで、焦れば焦る程、色々考えてしまうという、負のスパイラルに突入してしまう。

 

左肘の手術を受けて、リハビリ等を頑張った甲斐もあり、2018年8月8日の二軍戦に登板した。

約1年4ヵ月の間、投げられない葛藤との戦いが自分の中であったと思います。

野球を辞めてしまいたい・・・。

そんな気持ちにもなったかも知れませんが、リハビリやトレーニングをしっかりと行って、何とか投げられるようになった。

これは本人の努力があったからこそだと思います。

 

2019年4月6日には復帰後初の1軍マウンドに登り、復帰後初勝利をあげている。

この勝利は、床田寛樹投手本人にしかわからない、長いトンネルを抜けた瞬間だったのでは無いでしょうか?

苦しいリハビリ生活を耐えた結果、諦めなかった結果がこのような勝利へと導いたのだと私は思います。

やはり人生何でもそうですが、諦めたらそこで終わりなんですよね。

諦めずに前を向いて頑張ったからこそ、今があり未来に向けて頑張れると思います。

スポンサードリンク


 

床田寛樹投手のまとめ

 

本日は広島東洋カープの左腕、床田寛樹投手について記事を更新しました。

床田寛樹投手のように肘の手術をし一軍復帰を果たし、勝利をあげる。

どん底から這い上がる過程は、非常にきつかったと思います。

このような経験を積んだ選手は、絶対に活躍して欲しいですし、色々な人に夢と希望を与えられる選手だと思います。

怪我によって、一回りも二回りも精神的に強くなった床田寛樹投手を今後も応援したいと思います。

頑張れ床田寛樹投手!

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク