東邦高校野球部の寮やグランドについて!練習方法やルールは厳しい?

高校野球

高校野球の強豪校としても全国的に知られている、愛知県にある東邦高校野球部。

甲子園も春夏通算47回の出場を誇る全国屈指の強豪校であり春の選抜大会では優勝を5回している。

そんな東邦高校野球部の寮やグランドはどんな設備が整っているのだろうか?

室内練習場などは完備されているのだろうか?

そして、練習方法や野球部のルール等について調べてみました。

スポンサードリンク


 

東邦高校野球部に寮はあるのか?

 

全国屈指の強豪校である東邦高校野球部ですが、甲子園に出場する学校は寮を完備している学校も多くなってきているが、東邦高校野球部は寮はあるのだろうか?

チョット気になったので、調べてみました。

 

東邦高校野球部には明確な寮というのは無いそうですね。

しかし、最近寮ができた等の噂が出ていますが、どうなんでしょうか?

もし寮ができたとしたら、県外の有望な選手も入部し、更に東邦高校野球部が強くなるでしょう。

 

東邦高校のメンバーの出身地ですが、地元愛知県の選手が多いようですが、滋賀県や沖縄県からの部員もいるようです。

遠方の部員は恐らく、下宿していると思われます。

 

毎年沖縄県からの選手が東邦高校へ入学しているようです。

やはり何かパイプができているのだろうか?

沖縄県から愛知県に来るには、相当な強い意志が無ければ続かないだろう。

 

今まで寮が無くても甲子園で優勝していた訳ですから、これから先の東邦高校野球部の甲子園での活躍もかなり期待できそうですね。

 

東邦高校野球部のグランドについて

 

東邦高校野球部の寮に続いては、グランドについて書きたいと思います。

東邦高校野球部のグランドは学校の敷地内には無く、少し離れた場所にグランドがあります。

 

グランドの場所は愛知県東郷町にありますね。

学校からはバスで移動するそうですが、約30分〜40分の移動時間がかかるそうだ。

 

こちらが東邦高校野球部のグランドである。

 

 

両翼が95m、中堅115mの立派なグランドである。

全国の強豪校も練習試合に訪れるグランドであり、流石は名門校ですね!

 

他にはブルペンもしっかりと完備されているようですので、投手のピッチング練習もしっかりと行える設備が整っている。

 

東邦高校野球部の練習時間について

 

東邦高校野球部の練習時間についてですが、グランドには照明も付いているので、夜遅くまで練習ができると思われがちですが、最寄駅までに出発するバスが20時過ぎなので、それまでに練習を終えて、帰る支度をしなければならない。

 

練習できる時間は3時間から3時間半が限界である。

私立高校の強豪校であれば、夜遅くまで練習しているイメージが強いですが、東邦高校野球部は時間に限りがあるので、短時間での練習となる。

 

短時間の練習となるので、いかに効率よく練習メニューをこなしていくか。

限られた時間の中で、選手一人一人の取り組み方で成長スピードも変わってくるだろう。

 

東邦高校野球部のまとめ

 

本日は高校野球の名門校である、東邦高校野球部について記事を更新しました。

東邦高校の寮やグランドについて書きましたが、あれだけの知名度のある東邦高校に寮が無いのは驚きでした。

 

同じ愛知県の中京大中京高校も寮が無いんですよね。

両校とも全国屈指の強豪校であるが、寮が無くても甲子園で勝ち上がることができるのは、やはり監督やコーチの指導方法が優れているからだろう。

 

今後も東邦高校野球部の活躍には注目していきたいと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読みください!

スポンサードリンク