立浪和義のすごさや過去の成績について!現役時代の落合博満との関係

プロ野球

中日ドラゴンズの監督に就任した立浪和義監督ですが、ミスタードラゴンズの愛称で現役時代は活躍した人物である。

そんな立浪和義監督の現役時代のすごさや過去の成績についても気になるところですが、現役時代には落合博満監督の元でもプレーしているが、現在は落合博満さんとはどんな関係なんだろうか?

今回は立浪和義監督について現役時代のすごさや、今後監督としてどのような指導方法となるのか、調べてみました。

スポンサードリンク


 

立浪和義のプロフィール

 

 

名前:立浪和義 (たつなみ かずよし)

生年月日:1969年8月19日生まれ

出身地:大阪府摂津市

身長:173㎝

体重:70㎏

投打:右投げ左打ち

出身中学校:摂津市立第五中学校

出身高校:PL学園高等学校

 

立浪和義のすごさや現役時代の成績

 

立浪和義監督と言えばミスタードラゴンズです。

中日ドラゴンズに1987年ドラフト1位で指名された選手であり、中日ドラゴンズで通算22年間プレーした経験がある。

 

そんな立浪和義監督ですが、現役時代は数々の記録を打ち出しており、プロ通算2480安打を放ち、名球会入りも果たしている。

他にも日本記録保持者であり立浪和義監督の日本記録は以下の通り。

 

・通算二塁打 487本

・シーズン30二塁打以上 7度

・サヨナラ満塁本塁打 2度

・1試合5安打 (タイ記録)

 

2480安打を放っており、名球会入りも果たしている。

打撃以外にも守備でもゴールデングラブ賞を5回受賞しており、遊撃手・二塁手・三塁手で受賞し3つのポジションでの受賞は初である。

 

PL学園からドラフト1位で中日ドラゴンズに入団した立浪和義監督は、開幕1軍で出場し、守備と走塁技術を評価されて、新人王に輝いている。

高卒1年目から開幕スタメンで出場ですから、当時からかなり期待されていた選手だと分かるだろう。

 

走攻守三拍子揃った選手という印象が当時はあったのを覚えている。

プロ1年目から盗塁を22個決めていたのは驚きですね。

高卒1年目から開幕1軍でスタメンに起用されていましたから、当時の監督である星野仙一監督も相当期待していたんでしょう。

 

立浪和義監督も星野仙一監督から教わった事で、人生が変わったとインタビューで答えておりますので、星野仙一監督のような指導方法も少なからず取り入れていくのかも知れませんね。

 

立浪和義監督と落合博満監督との関係は?

 

立浪和義監督をネットで検索すると『立浪和義 落合博満』このようなキーワードが出てくるのだが、二人の関係は現在どんな関係なんだろうか?

また、現役時代は監督と選手だった立場であるが、二人の仲についても書いていきたいと思います。

 

立浪和義監督のことを落合博満監督が嫌っているとの噂が出ているのだが、実際にはどうなのだろうか?

調べてみると、そのような情報はでておりませんでした。

 

しかし、噂は噂であるが火のないところに煙は立たないが、落合博満監督が毛嫌いする理由が少なからず存在するらしい・・・。

ネットの情報によると立浪和義監督の女性問題やスキャンダル、そして黒い噂があることに対してあまりよく思っていないのでは無いかと書かれている。

 

立浪和義監督は過去に不倫関係を週刊誌に書かれたこともあり、記憶にある方も多いのでは無いだろうか?

芸能界の大御所の娘さんでしたが、色々揉めたようですが現在は破局しているようです。

 

 

後は黒い噂についても立浪和義監督には過去に色々あったようですし、ネットの情報ですと黒い噂については、結構書かれている。

これが本当なのかは分かりませんが、この件で中日ドラゴンズの監督になれなかったと言われている時期もあったようです。

 

 

と言うこともあって、落合博満監督が立浪和義監督をあまり良い感じには思っていなかったと言われているが、真相は明らかではありません。

 

立浪和義監督は個人的な意見ですが、黒い感じは全くしないのですが、実際はどうなんでしょうね。

真っ黒だったら中日ドラゴンズの監督にはなっていないと思うので、黒ではなかったということでしょうか?

監督に就任したので、全力で監督業を全うして欲しいと思いますね。

 

立浪和義のまとめ

 

本日は中日ドラゴンズの立浪和義監督について記事を更新しました。

2022年から中日ドラゴンズの監督として指揮を取ることになった立浪和義監督ですが、選手時代のすごさは数々のタイトルで分かる通りである。

 

選手時代には実績十分の選手でしたが、監督としては初仕事である。

どのような監督になって行くのか、中日ドラゴンズを久しぶりの優勝に導くことができるのか、今後の立浪和義監督の手腕には注目していきたいと思います。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!

スポンサードリンク