竹山日向(享栄)の父親と母親や兄弟は?中学時代はどんな投手だった?

ドラフト情報

2021年のドラフト会議も近づいて参りましたが、今回ご紹介したいのが愛知・享栄高校野球部の竹山日向投手である。

愛知県大会決勝で愛工大名電に敗れ、甲子園出場は逃したが、注目の投手である。

竹山日向投手はMAX151キロのストレートとキレのある変化球が持ち味のプロ注目の投手ですので、ドラフト指名も十分ありえる投手であり、将来性もある投手。

そんな竹山日向投手の父親や母親、兄弟はどんな人物なんだろうか?

そして、竹山日向投手の中学時代はどんな投手だったのだろうか?

色々気になる点を調べてみました。

スポンサードリンク


 

竹山日向のプロフィール

 

 

名前:竹山日向 (たけやま ひゅうが)

生年月日:2003年生まれ

出身地:愛知県

身長:181㎝

体重:84㎏

投打:右投げ右打ち

出身中学校:名古屋市立守山中学校

出身高校:享栄高等学校

所属:愛知中央クラブ

 

竹山日向の父親や母親はどんな人物なのか?

 

それでは気になる竹山日向投手の父親や母親についてですが、高校生でプロ注目の選手ですから、父親は元高校球児の場合や、元プロ野球選手だった場合もあるが、竹山日向投手のご両親はどんな人なのだろうか?

 

調べてみましたが、父親と母親の細かい情報は出ておりませんでした。

恐らく一般人であるので、今後も細かい情報は出てこないかも知れません。

 

竹山日向の兄弟について

 

次に竹山日向投手の兄弟についてですが、こちらについても情報がありませんでした。

兄弟で高校球児も珍しくないことですし、兄弟の中で甲子園経験している家庭も多いですからね。

 

竹山日向投手の兄弟の情報が無いということは、一人っ子か女の兄弟なのかも知れませんね。

 

今後何か情報が入り次第、このブログに追記していきたいと思います。

 

竹山日向の中学時代はどんな投手だったのか?

 

享栄高校で151キロを記録した竹山日向投手ですが、中学時代はどんな投手だったのだろうか?

中学時代も注目される投手だったのか、調べてみました。

 

竹山日向投手は中学時代は硬式野球ではなく、軟式野球をしており、愛知中央クラブに所属しておりました。

愛知中央クラブでは投手として活躍ししておりましたが、特に全国大会への出場等の実績は無いようですね。

 

愛知中央クラブのメンバーの進学先も愛知県内の強豪校へ進学する選手も多いようで、レギュラーとしても活躍している選手が多いです。

余談ですが、愛知中央クラブのHPを拝見すると、父母会が無いそうです。

お茶当番や送迎当番等も無いそうなので、親は楽でしょうね。

 

竹山日向の享栄高校時代の投球

 

竹山日向投手は享栄高校3年時に151キロを計測しており、愛知大会決勝でも先発投手として登板し、大藤監督の信頼の厚さも感じられる投手である。

パッとみた竹山日向投手の印象ですが、非常に体格も良くストレートだけでは無く、変化球のキレも良い印象です。

 

最速151キロのストレートは、今後更に更新すると思われる。

まだまだ伸びしろのある投手だと思います。

もう少しコントロールが良くなれば、中々簡単に打てる投手ではありませんね。

 

高校3年生の夏の投球になりますが、ストレートも常時140キロ中盤から後半を投げており、スタミナも結構ある印象ですね。

 

下記の投球は愛知大会決勝戦で愛工大名電との戦いですが、150キロのストレートを連発するなど、ポテンシャルの高さを発揮している。

 

 

ストレートと変化球どちらでも三振が取れる投手である。

今後の進路も気になるところですが、プロか進学どちらになるのだろうか?

 

竹山日向はプロか進学か?

 

竹山日向投手はプロのスカウトも注目する投手であり、今後の進路も気になるところですが、竹山日向投手自身もプロ入りを明言しているので、恐らくプロ志望届けを提出すると思われます。

 

気になるドラフト会議での指名ですが、どの球団が何位で指名するのかですね。

上位指名なのか、下位での指名なのか?

難しいところですが、3位くらいで指名されると予想します。

 

地元である中日ドラゴンズが指名してくれれば、竹山日向投手も嬉しいでしょう。

他球団も注目している投手ですので、複数指名もあるかも知れませんね。

ドラフト会議当日に注目していきたいと思います。

 

竹山日向のまとめ

 

本日は愛知・享栄高校野球部の竹山日向投手について記事を更新しました。

竹山日向投手は最速151キロ右腕としてプロも注目する投手であり、2021年10月11日のドラフト会議での指名も予想される投手である。

 

甲子園出場はあと一歩のところで逃したが、決勝戦では150キロのストレートを連発するポテンシャルの強さを発揮した。

 

ドラフト会議でどの球団が指名するのか、竹山日向投手には注目していきたいと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読みください!

スポンサードリンク