高橋健二監督(矢板中央)の経歴や指導方法について!寮やグランド環境は?

高校サッカー

矢板中央高等学校サッカー部監督である、高橋健二監督について記事を更新したいと思います。高橋健二監督の経歴や指導方法についてや、矢板中央高校サッカー部の寮やグランドについても調べて見たいと思います。高橋健二監督の選手時代についても気になりますね!





スポンサードリンク


 

高橋健二監督のプロフィール

 

 

名前:高橋健二 (たかはし けんじ)

生年月日:1968年6月2日生まれ

出身地:栃木県

出身高校:栃木県立矢板東高等学校

出身大学:仙台大学

 

1994年から監督に就任

スポンサードリンク


 

高橋健二監督の指導方法について

 

矢板中央高校サッカー部を率いる高橋健二監督ですが、どのような指導方法で選手を指導しているのでしょうか?

気になるので調べて見たいと思います。

 

高橋健二監督は矢板中央高校サッカー部の監督に就任したのが1994年。

今年で26年目を迎える。

指導方法はシンプルで『全員サッカー』で全員で攻撃し、全員で守備を行う。

 

気持ちで、少しでも去年よりプラスになる事を心がけてきたそうです。

最後まで諦めない、気持ちで負けない等。

 

そして2020年の第98回高校サッカー選手権ではベスト4まで勝ち上がってるが、これで高橋健二監督は3度目の4強入りである。

今回のベスト4については特別な思いがあるようで、下記のコメントを残している。

 

「決して良い選手はいない。代表選手もいないし、最後まで諦めない高校サッカーらしい選手たちばかりなので、次の世代、高校サッカーで頑張る選手たちへの励みになると思いますね」

 

やはり高橋健二監督が日々指導してきた練習方法が選手達に伝わっているからこそ、全国でベスト4まで勝ち上がれたのだと思います。

高橋健二監督は、良い選手はいない、代表選手はいないと話しているが、こういったチームの時こそ、一つになりやすいというか、チームの団結力が大きくなると思います。

 

やはりサッカーはチームプレーですので、矢板中央高校サッカー部のようなチームは全国で勝ち上がって行くに連れて、成長していくチームだと私は思っております。

勝ち上がって、一歩づつ個人個人が成長していくに連れて、チーム全体がさらに一回り大きくなっていくのだと思う。

 

まさに高橋健二監督が指導する、全員サッカーがこれではないだろうか。

スター選手がいなくても、勝ち切る力があれば、全国での優勝も近いと思いますね。

スポンサードリンク


 

矢板中央高校サッカー部の寮やグランドについて

 

全国大会でも過去最高のベスト4の経験がある矢板中央高校サッカー部ですが、練習環境等はどのような環境でサッカーをしているのでしょうか?

寮やグランドはどの様な感じなのか、気になったので調べて見たいと思います。

 

矢板中央高校サッカー部の寮についてですが、寮は完備しているようですね。

元々昔から寮はあったそうですが、2016年6月に新しく寮が完成し元々あった寮の横にできたそうです。

 

学校まで自転車で3分、グランドまで10分と非常に立地条件の良い場所にあり、同じ仲間と生活する環境が整っている。

やはり2016年に新しく出来た寮は、非常に綺麗であります。

 

 

それから矢板中央高校サッカー部のグランドについて調べて見たいと思います。

2008年8月にサッカー部専用のグランドができたそうです。

グランドは人工芝でできており、夜間照明も完備しているので夜も練習や試合ができるようになっている。

 

他にもサブグランドもあり、こちらも夜間照明が完備されており、メイングランド同様夜でも練習ができる環境である。

 

 

このように寮や人工芝のグランドという素晴らしい環境の中で3年間プレーできるのは、やはり成長できるスピードも速いでしょうね。

やはり人工芝のグランドは映えますね、凄い綺麗です!

スポンサードリンク


 

高橋健二監督のまとめ

 

本日は栃木県にある矢板中央高校サッカー部の高橋健二監督について記事を更新しました。

高橋健二監督の指導方法や練習環境について調べてみましたが、流石全国でベスト4に進出するチームですね。

練習環境はトップクラスの設備が整っておりました。

 

やはり上位を目指すのであれば、練習環境も関わってくると思いますので、2020年の第98回全国高校選手権ではベスト4に進出中ですから、もう一つ勝利すれば初の決勝進出となる。

 

これも高橋健二監督の指導方法が間違っていなかったという事だろう。

ここまで来たら、優勝できる力は十分にあると思いますし、あれだけの練習環境が整っていますので、選手も自信もついていると思います。

 

今後の高橋健二監督の手腕には注目していきたいと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク