高橋宏斗(中京大中京)出身中学や豊田シニア時代について!ドラフト注目選手!

高校野球

高校野球の超名門校にドラフト注目選手が出ました。中京大中京高校のエースである高橋宏斗投手ですが、ストレートの最速が何と150キロだそうです。明治神宮大会では優勝を果たし、選抜高校野球大会にも出場が決まっております。どんな投手なのか、動画など色々調べて見たいと思います。





スポンサードリンク


 

高橋宏斗のプロフィール

 

 

名前:高橋宏斗 (たかはし ひろと)

生年月日: 2002年8月9日生まれ

出身地:愛知県

身長:184cm

体重:75㎏

ポジション:投手

投打:右投げ右打ち

出身小学校:尾張旭市立三郷小学校

出身中学校:尾張旭市立東中学校

出身高校:中京大中京高等学校

 

小学校2年生から三郷ファイターズで野球を始める。

中日ドラゴンズジュニアにも選ばれている。

中学校時代は豊田シニアに所属していた。

スポンサードリンク


 

高橋宏斗の中学時代

 

高橋宏斗投手は中学時代は豊田シニアでプレーしている。

豊田シニアではどのような投手だったのか?それから成績などを調べて見ました。

 

 

高橋宏斗投手は豊田シニア時代に、リトルシニア台湾遠征メンバーとして選出されている。

この事から分かるように、中学時代から注目されていた投手であり、恐らく県外の強豪校からも誘いはあったと思われます。

 

愛知県の高校野球も激戦区ですからね。

昔から言われている私学四強、『中京大中京』『東邦』『愛工大名電』『享栄』プラス私学の強豪校もかなりの強豪校がありますから、愛知で優勝するのはかなりの難しさはあると思います。

 

なぜ、中京大中京を選んだのかは分かりませんが、考えられるのは自宅から通える学校だからなのかもしれません。

そして、中京大中京高校野球部には寮はありません。

あの名門校で寮がないのも珍しい感じがしますが・・・。

 

寮に入らなくても良く、自宅から通える学校でしかも全国屈指の強豪校ですから、中京大中京高校を選んだかも知れませんね。

 

話が逸れてしまいましたが、豊田シニア時代での成績ですが以下の通りです。

・2016年リトルシニア全国選抜野球大会 (2回戦)

・2017年リトルシニア日本選手権大会 (3回戦)ベスト16

最優秀選手賞も受賞している。

 

中学時代から全国大会を経験している投手ですから、大きな舞台でのプレーや、メンタルの部分は普通の中学生よりはポテンシャルは高いと思われます。

スポンサードリンク


 

高橋宏斗の中京大中京入学後の球種や球速について

 

中京大中京へ進学し、1年生からベンチ入りしている高橋宏斗投手ですが、どんな投手なんでしょうか?

球種や球速、投球フォームなどを見てみたいと思います。

 

名門校で1年生からメンバー入りするという事は、非常に期待されている証拠です。

普通に考えてたら1年生の時は、体作りが毎日の日課みたいなものですから、高橋宏斗投手はそれを飛び越えて、上級生の練習に参加していたんでしょうね。

 

中京大中京の高橋源一郎監督も非常に期待しているのだと思います。

 

1年生の夏の愛知大会予選、準々決勝の至学館戦では満塁のピンチを凌いで、高校デビューを果たした。

 

記憶も新しい明治神宮大会の準々決勝での明徳義塾戦では7回4安打10奪三振を奪う好投で勝利した。

この試合でMAX150キロのストレートを計測している。

 

そして、準決勝の天理戦、決勝戦の健大高崎戦では救援投手として活躍し、中京大中京高校初の明治神宮大会優勝に貢献した。

 

ストレートに非常に威力がある投手ですが、変化球も非常にキレがあり、変化球でも三振が取れる投手である。

スライダーやツーシームも非常にキレがあって、ピンチで三振を取れるのは武器である。

 

こちらが高橋宏斗投手の動画です。

 

まだまだ、粗削りなところはありますが、2年生の秋でこの投球ですから、全然オッケーだと思います。

これから一冬越えて、更に体も一回り大きくなると思いますし、下半身も強化されてコントロールも現在よりも良くなるのではないかと思っております。

 

先ずは、春の選抜でどんなピッチングをするのか、非常に楽しみです!

明治神宮大会で優勝しているので、各高校からはかなりマークされて研究されていると思われますが、そんな中でも高橋宏斗投手のピッチングには期待しております。

スポンサードリンク


 

高橋宏斗のまとめ

 

本日は注目の投手である高橋宏斗投手について記事を更新しました。

全国でも3本の指に入る投手だと思いますし、ドラフト注目の選手になると思います。

プロのスカウトも既に偵察しているようですので、今後の投球には注目していきたいと思います。

 

そして、中京大中京高校のユニフォームが昔に戻り、高校野球ファンも甲子園で見れるのを楽しみにしていると思います。

是非甲子園でも優勝を勝ち取って欲しいと思います。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク