高木翔斗(県岐阜商)の通算本塁打数は何本?松浦慶斗から2ホーマー!

高校野球

県立岐阜商業高校野球部の高木翔斗捕手ですが、結構注目されている捕手であり、ドラフト候補とも言われている逸材である。

2021年選抜高校野球大会にも出場が決まっており、甲子園での活躍も期待されるところでありますが、高木翔斗捕手の高校通算本塁打数は何本なのか?

少し気になったので調べてみました。

噂によると、大阪桐蔭のエースである松浦慶斗投手から2ホーマー放ったとのことですから、かなり本塁打を打っている感じがしますが、実際にはどうなんでしょうね。

スポンサードリンク


 

高木翔斗のプロフィール

 

 

名前:高木翔斗 (たかぎ しょうと)

 

生年月日:2003年8月12日生まれ

 

出身地:岐阜県

 

身長:186㎝

 

体重:90㎏

 

出身中学校:垂井町立北中学校

 

出身高校:県立岐阜商業

 

高木翔斗の高校通算本塁打数は何本?

 

それでは高木翔斗捕手の高校通算本塁打数についてですが、2021年3月現在は何本打っているのだろうか?

調べてみると高木翔斗捕手の高校通算本塁打数は『16本』だそうです。

 

ん?意外に少ない?

個人的にはもっと打っていると思いましたが、16本しか打っていないようです。

やはり捕手としては打っている方なんでしょうかね。

 

夏の大会までにこれから期間がありますから、本塁打も量産体制に入るかも知れませんので、期待したいところですね!

人冬超えて体もパワーも一回り大きくなったと思いますので、どこまで成長するのかたのしみであります。

 

先づは2021年の選抜高校野球大会での活躍に期待したいところですね。

 

高木翔斗が大阪桐蔭の松浦慶斗から2ホーマー

 

大阪桐蔭高校との練習試合で同じくプロ注目投手である松浦慶斗投手から2ホーマーを放ったとのこと。

プロ注目同志の対決は高木翔斗捕手に軍配が上がった。

 

大阪桐蔭の松浦慶斗投手は最速150キロを投げる左腕であり、プロも注目する左腕であるが、そんな松浦慶斗投手から、大阪シティ信用金庫スタジアムで右越えとバックスクリーンに放り込んだそうです。

 

その試合の動画を見たかったんですが、練習試合とのことですので本塁打の動画は見つけることができませんでした。

どこかで見かけたら、このブログに追記しておきたいと思います。

 

 

高木翔斗は捕手の守備も一級品

 

高木翔斗捕手が注目されるのは打者としてだけではなく、捕手としても注目されており、二塁への送球タイムが『1秒85』という素晴らしいタイムが出ている。

 

どれくらいこのタイムが早いかと言うと、プロ野球選手で比較すると、ソフトバンクの捕手である甲斐捕手のタイムが『1秒85』と高木翔斗捕手と同じタイムですから、高木翔斗捕手がいかに素晴らしいかが分かるだろう。

 

高木翔斗捕手の動画がありましたので、掲載しておきます。

 

 

上記の動画は2年生の時に甲子園交流試合に出場した時のものです。

しかし、2塁への送球ですが、コントロールが素晴らしいです!

ランナーの足がベースに着く所へドンピシャで投げております。

 

YouTubeの動画でも書かれていますが、まさに高木キャノンと言っても良いでしょう。

流石にあの送球を見せられたら、中々盗塁はしてこないのでは無いでしょうか?

機動力野球をしているチームにとっては、思うような野球ができなくなる可能性は十分に考えられそうです。

 

自分がランナーだったら、間違いなく走ってません(笑)

人冬超えて、さらに進化した高木翔斗捕手がどんな感じになっているのか、選抜高校野球大会で見るのが楽しみですね!

 

逆に選抜高校野球大会で高木翔斗捕手から盗塁を決めれれば、勝利する確率は上がるでしょうし、県立岐阜商業も歯車が狂ってくるのではないでしょうか?

機動力のあるチームと対戦した時がチョット楽しみですね!

スポンサードリンク


高木翔斗の中学時代について

 

県立岐阜商業に入学後、1年生の春から名門のベンチ入りをしている高木翔斗捕手ですが、中学校時代はどんな選手だったのか、気になるので調べてみました。

 

高木翔斗捕手は中学校時代に硬式野球ではなく軟式野球をしていた。

甲子園に出場してくる選手の殆どがボーイズリーグやシニアリーグの出身選手が多いですが、高木翔斗捕手は軟式野球の強豪である岐阜フェニックスに在籍していた。

 

 

全国大会にも出場経験があり、中学時代から大舞台でのプレーには慣れているのかも知れないが、県立岐阜商業に進学先を決めたのは、鍛冶舎巧監督が声をかけてくれたからだそうです。

 

鍛冶舎巧監督がもしも声をかけていなければ、県外の強豪校へ進学していたかも知れませんね。

 

高木翔斗のまとめ

 

高木翔斗捕手について色々書きましたが、2021年選抜高校野球大会で先づはどのような活躍をするのかですね!

かなりマークされると思いますので、中々厳しいかもしれませんが、それでも打つのが真のスラッガーと言うことでしょうね。

 

打撃でも注目ですが、捕手としても注目ですので、高木翔斗捕手から目が離せませんね!

甲子園での活躍を期待しております!

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読みください!

スポンサードリンク