昌子源の中学校や高校はどこ?過去にサッカーを諦めた訳は大きな怪我だった

スポーツ

サッカー日本代表選手の昌子源選手の出身中学校について調べてみたいと思います。私は最初に名前を何て読むのか分かりませんでした。(しょうじ げん)と呼びます。日本代表歴は浅い選手ですが、昨日行われたパラグアイ戦で先発出場しております。今後の活躍も大いに期待できる選手です!どんなプレーヤーなのか動画も確認してみました。

スポンサードリンク


 

昌子源のプロフィール

 

 

名前:昌子源 (しょうじ げん)

生年月日:1992年12月11日生まれ

出身地:兵庫県神戸市

身長:182cm

体重:74㎏

在籍チーム:鹿島アントラーズ

ポジション:DF

出身高校:米子北高等学校

スポンサードリンク


 

昌子源の中学時代

 

昌子源選手は小学校からサッカーを始めて、最初はフォワードをやっていたようです。

そして中学校時代はガンバ大阪ジュニアユースに所属している。

ジュニアユースに入団する程ですから、それなりのサッカーセンスと技術を持っていたと思います。

昌子源選手が所属していたガンバ大阪ジュニアユースには現日本代表の宇佐美貴史選手と一緒にプレーしていたそうです。

宇佐美貴史選手も昌子源選手と同じ1992年生まれなので同級生なんです。

宇佐美貴史選手の記事も読まれています!

 

気になる昌子源選手の出身中学ですが公開されていないようです。

昌子源選手は中学校1年生からガンバ大阪ジュニアユースに所属しているので、中学校の部活には所属していなかった可能性が高いと思われます。

 

中学2年生時に膝の怪我をしてしまう。

思うように練習ができなくなり、試合にも出場できない日々が続いたそうです。

そして中学3年生の途中でガンバ大阪ジュニアユースを辞めてしまったのだ。

 

好きなサッカーが思うように出来なくなり、日々色んな思いが募っていたんだと思います。サッカーをするにあたり、膝を怪我してしまっては思うように足が動かなかったと思うし、他の選手が試合に出ている姿を見ているだけでは、正直つまらなかっただろう。

ガンバ大阪ジュニアユースを辞めてから、しばらくサッカーをしていなかったそうです。膝の怪我もあったので、サッカーを続ける意思が本人には無かったのかも知れません。

スポンサードリンク


 

昌子源の高校時代

 

 

中学時代にサッカーを辞めてしまい、進路が決まっていなかった昌子源選手ですが、転機が訪れる。

サッカーのインストラクターを勤める父のアシスタント役で講習会に参加していた昌子源選手ですが、ちょうど米子北高校サッカー部のコーチがその場に居合わせ、米子北高校へサッカーの練習をしてみないか?と誘われる。

昌子源選手の父親はソックリ??

 

これがきっかけで米子北高校へ進学する事が決まった。

1年生からフォワードのポジションでプレーしていたが、やはり試合には中々出る機会が無かったそうです。

しかし、練習試合で味方選手が負傷し昌子源選手に声がかかる。

ポジションはフォワードではなく、ディフェンダーであった。

しかし、昌子源選手はディフェンダーで活躍を見せ、この試合がきっかけでセンターバックへのコンバートが決まった。

高校3年生の頃には、U-19日本代表候補に選出されヴィッセル神戸との練習試合に出場するも、代表入りは出来なかった。

 

一時はサッカーを辞めると決めていた昌子源選手ですが、気持ちを入れ替えてここまで成長する事ができた精神力は素晴らしいと思います。

挫折を味わった男だからこそ、色々な経験ができたのではないでしょうか?

 

 

スポンサードリンク


 

昌子源のまとめ

 

怪我からの挫折を味わった日本代表選手の昌子源選手はやりたかったフォワードを諦めディフェンダーとして第二のサッカー人生を歩んだ。

どちらのポジションもサッカーにとっては重要なポジションであるし、サッカーをするにあたり、攻撃と守備で役割がある。

ロシアワールドカップで日本代表に選出されるまでに成長した昌子源選手。

ディフェンダーの層も厚いですが、まだまだ若い選手なので、スタメン出場し世界を驚かせるプレーをやってくれそうな気がします。

是非、試合に出場したら日本のゴールを守りコーナーキックでゴールを奪う瞬間を見せて欲しいと思います。

昌子源選手のロングシュートの動画

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク