鈴木塁人(青学)の進路や出身高校と中学は?野球部から陸上部への転身!

箱根駅伝

青山学院大学の注目選手である鈴木塁人(すずきたかと)選手の大学卒業後の進路、出身中学校や高校について調べて見たいと思います。鈴木塁人選手のベストタイム記録も気になる所ですが、使用しているシューズはどこのメーカーでしょうか?やっぱりナイキでしょうか?彼女についても気になるので調べて見たいと思います。





スポンサードリンク


 

鈴木塁人のプロフィール

 

 

名前:鈴木塁人 (すずき たかと)

生年月日:1997年7月23日生まれ

出身地:千葉県柏市

身長:174cm

体重:60㎏

出身小学校:柏市立西原小学校

出身中学校:柏市立西原中学校

出身高校:流経大柏高等学校

出身大学:青山学院大学

スポンサードリンク


 

鈴木塁人の大学卒業後の進路について

 

さて、きになる鈴木塁人選手の大学卒業後の進路についてですが、どこに進むのでしょうか?気になりますね!

調べて見たところ、『SGH』に決まったようですね。

このSGHですが、どこの企業かと思ったら、佐川急便の事だったんですね。

いやー、全く無知でした。

 

SGHは主に陸上競技とソフトボールに力を入れている企業ですね。

Twitterにも書かれていますが、同年代の注目選手も同じ道に進みますが、中々の補強具合で、加入してからも楽しみですね!

 

 

大学卒業後はSGHに進みますが、実業団駅伝やオリンピック等も視野に入れていると思います。

SGHに進んだ後も鈴木塁人選手には注目していきたいと思います。

 

SGHはニューイヤー駅伝では33位という結果で、今後の補強で上位進出を目指すと思われます。

鈴木塁人選手らが加入してどのようになるのか、この辺りにも注目しております。

スポンサードリンク


 

鈴木塁人の中学校時代について

 

鈴木塁人選手の中学校時代についてですが、どんな中学校時代だったのか調べて見たいと思います。

 

中学時代の鈴木塁人選手は陸上部ではなく、野球部に入っていたそうです。

結構多いパターンで中学時代は野球部やサッカー部に入っていて、陸上は駅伝大会だけ駆り出されているパターン。

実際に駆り出されて走ってみると意外に走れる事が分かるんでしょう。

野球も持久力が必要なスポーツですから、長距離走もしっかり走れる選手が多いです。

 

走ってみて陸上部の顧問の先生の目に留まり、陸上の道が開けるというのも、チョット運命的な感じですね。

 

でも、最後まで高校で野球をするのか、陸上をするのかで迷ったそうです。

好きな野球を諦めて良いのか、経験の少ない陸上の道へ進んで良いのか?

そりゃ迷うのは普通の事ですよ。

やっぱり高校野球は甲子園出場という目標もありますからね。

高校の強豪校からも声がかかっていたそうですが、最終的に陸上の道へ進んだそうです。

スポンサードリンク


 

鈴木塁人の高校時代について

 

 

中学を卒業後は流経大柏高等学校へ進学した鈴木塁人選手です。

高校からは陸上を本格的にスタートした鈴木塁人選手ですが、高校時代の成績はどのような成績だったのか調べて見たいと思います。

 

2015年全国高等学校駅伝競技大会    1区 区間12位

2016年全国都道府県対抗男子駅伝大会  1区 区間16位

 

上記の駅伝大会に出場した実績があります。

二つの駅伝大会の記録を見ると、そこまで活躍したとは言えないレースでしたね。

 

しかし、個人のレースでは下記の実績が残っており、素晴らしい成績が残っています。

 

 

南関東高校総体では、敵なしと言った所ですね!

1500mと5000mと優勝しております。

スポンサードリンク


 

鈴木塁人のベストタイム記録について

 

それでは鈴木塁人選手のベストタイムについて調べて見たいと思います。

 

2016年出雲駅伝       1区 区間5位

2017年全日本大学駅伝    8区 区間4位

2018年箱根駅伝       1区 区間5位

2018年出雲駅伝       2区 区間1位

2018年全日本大学駅伝    3区 区間3位

2019年箱根駅伝      10区 区間2位

2019年全日本大学駅伝    4区 区間7位

 

上記の結果は駅伝の実績ですが、鈴木塁人選手は非常に安定した走りをしており、どの区間でも走れそうな感じがします。

2020年の大学生活最後の箱根駅伝では鈴木塁人選手は3区か4区を走るのではないかと予想されております。

箱根駅伝でも安定した走りが期待出来そうですね!

 

そしてこちらが個人成績です。

 

5000m     13分53秒20

10000m    28分31秒66

ハーフ       1時間01秒45

 

上記のように実績があり、青山学院大学の主将も務めており、チームの先頭にも立つ選手ですから、大学生活最後の箱根駅伝では、実力プラスαの力が出るのではないでしょうか?

青山学院大学の箱根駅伝優勝には絶対に欠かせない人物だと思います。

スポンサードリンク


 

鈴木塁人のまとめ

 

本日は青山学院大学の主将である鈴木塁人選手について記事を更新しました。

青山学院大学の1年ぶりの優勝はあるのか、それとも東海大学の連覇となるか、キーマンはやはり鈴木塁人選手の走りにかかっているでしょう!

 

過去に出場した箱根駅伝では5位と2位と年々順位が良くなっている鈴木塁人選手ですから、最後の箱根駅伝では区間賞を狙っているでしょう。

どんな走りを見せてくれるのか、非常に楽しみですね!

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク