鈴木崇監督(日本文理)の経歴や指導方法とは?高校時代に甲子園出場は?

高校野球

新潟にある日本文理高校野球部ですが、甲子園でも常連のイメージが定着してきましたが、監督である鈴木崇監督とはどんな監督なんだろうか?

気になるところですね。

鈴木崇監督の経歴や指導方法、それから高校時代に甲子園出場経験はあるのだろうか?

本日は日本文理高校野球部監督である鈴木崇監督について書いていきます。

スポンサードリンク


 

鈴木崇監督のプロフィール

 

 

名前:鈴木崇 (すずき たかし)

生年月日:1980年生まれ

出身地:新潟県

出身高校:日本文理高等学校

出身大学:東洋大学

 

鈴木崇監督の経歴について

 

それでは鈴木崇監督の経歴について書いていきたいと思います。

鈴木崇監督は日本文理高校野球部の出身であり、2年生の夏に甲子園出場経験がある。

ポジションは二塁手として出場している。

 

高校3年生の時には主将としてチームをまとめた。

 

高校卒業後は、東洋大学へ進学し大学卒業後は母校の要請でコーチに就任している。

その後2017年の秋から日本文理高校野球部の監督に就任した。

 

監督としては2019年の夏の甲子園に初出場の経験があり、2021年の夏の甲子園では2度目の采配となる。

甲子園出場は果たしたが、甲子園でまだ1勝していない。

 

鈴木崇監督の指導方法について

 

鈴木崇監督の指導方法とは一体どんな指導方法なんだろうか?

気になるところですね!

 

やはり高校野球は選手の力も勝つ為には必要ですが、監督の指導方法や采配も非常に重要になってくると思いますが、選手に対してどのように接しているのかも気になるところですね!

 

2017年秋から監督に就任している鈴木崇監督ですが、前監督である大井道夫監督の野球を継承しているようです。

大井道夫監督と言えば、2009年の夏の甲子園大会決勝で、中京大中京相手に九回2死走者なしの6点差から5点を挙げてあわや逆転優勝という試合の時の監督である。

 

あの伝説の決勝戦を演じたのも、日々の練習の成果があったからこそであり、大井道夫監督の指導方法があったからだろう。

 

そんな大井道夫監督の指導方法を継承している鈴木崇監督ですから、今後は更に自分の指導方法もmixして日本文理高校野球部を更に上位進出させてくれると思います。

 

日本文理高校野球部の寮やグランドについて

 

気になる日本文理高校野球部の寮やグランドについてですが、どのような施設となっているのだろうか?

私立高校ですので、かなり充実していると思われますが、実際にはどうなのか?

 

 

上記の画像にもありますが日本文理高校野球部に寮があり、新潟県以外の部員は東京や神奈川石川等の部員も在籍しています。

過去には寮での不祥事もあったようですが、寮も良し悪しといったところでしょうか?

 

まだ未成年の選手達ですから、やはり指導者が寮での管理をしっかり管理していかないと再発してしまうこともありますからね。

 

上記画像にもありますが、グランドも非常に素晴らしいグランドであり、外野は天然芝のグランドである。

更に照明施設も完備しているので、夜間の練習にも対応できる環境となっている。

 

流石は強豪私立高校だけあって、充実した環境となっております。

これだけの練習環境が整っているので、甲子園でも近々優勝する可能性もありますね!

 

鈴木崇監督のまとめ

 

本日は日本文理高校野球部の鈴木崇監督について記事を更新しました。

鈴木崇監督の経歴や指導方法について書きましたが、新潟県勢初の甲子園優勝を鈴木崇監督が達成できるかどうか。

 

甲子園での戦いにも注目しておりますし、是非優勝旗を新潟に持ち帰って欲しいですね!

日本文理高校野球部の活躍には期待しております。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読みください!

スポンサードリンク