新号健志(青学)出身高校や中学校は?父親は両角速監督とタスキリレーも!

箱根駅伝

青山学院大学の注目選手ですが、本日は新号健志選手について記事を更新したいと思います。新号健志選手の出身中学校や出身高校、中学高校時代はどんな選手だったのか調べて見たいと思います。それから新号健志選手の父親は箱根駅伝経験者であり、東海大学の両角速監督とはタスキを繋いだ仲間だそうだ!





スポンサードリンク


 

新号健志選手のプロフィール

 

 

名前:新号健志 (しんごう たけし)

生年月日:1998年12月18日生まれ

出身地:秋田県秋田市

身長:179cm

体重::68㎏

血液型:AB型

出身小学校:秋田市立飯島南小学校

出身中学校:秋田市立飯島中学校

出身高校:秋田県立秋田中央高等学校

出身大学:青山学院大学

スポンサードリンク


 

新号健志選手の中学校時代について

 

新号健志選手は秋田県秋田市の出身で、秋田市立飯島中学校の出身である。

中学校時代の新号健志選手はどんな選手だったのか、調べて見たいと思います。

 

新号健志選手の中学校時代の陸上成績ですが、調べてみましたが全国大会等の大きな大会には出場経験は無いようですね。

恐らく、無名の中学時代だったのではないでしょうか?

 

しかし、色々な大学駅伝の選手を見てきましたが、中学校時代から活躍している選手ってそんなにいないイメージです。

どちらかと言えば、高校や大学でブレイクする選手が多いですね。

 

ですから中学時代に注目されていなくても、全く問題無いと思いますし、逆に遅咲きの選手の方が、活躍するイメージが強いですね。

スポンサードリンク


 

新号健志選手の高校時代について

 

 

新号健志選手の出身高校は秋田県立秋田中央高等学校です。

どんな高校時代だったのか調べて見たいと思います。

 

高校2年生の時には秋田県高校総体5000mで3位入賞している。

高校3年生も交えての大会なので、2年生で3位入賞は素晴らしい!

 

 

秋田県高校総体5000m決勝では2位!

 

 

10000mでは優勝し2位との差もブッチギリですね。

このように新号健志選手は秋田県内では上位進出する選手だったようです。

しかし、ここまで活躍している選手ですが、全国大会の出場も無いようですね。

そして、全国都道府県対抗男子駅伝大会への出場も無いようです。

全国大会の切符はあと一歩というところだったのかも知れません。

スポンサードリンク


 

新号健志選手のベストタイム記録について

 

 

それでは新号健志選手のベストタイム記録について調べていきたいと思います。

新号健志選手ですが、大学3年生なんですが大学三大駅伝に一度も出場した経験が無いんですね。

しかし、2020年の箱根駅伝には10区でエントリーされましたので、エントリー変更が無ければ、初の大学駅伝出場となります。

 

10区ですから、レースの展開次第ではゴールテープを切る可能性も十分あります。

2020年の箱根駅伝では東海大学の優勝予想が高いですが、青山学院大学にも優勝する力はあると思います。

 

そんな新号健志選手の駅伝実績は無いですが、個人成績は以下です。

 

5000m      14分07秒96

10000m     29分24秒59

ハーフ        1時間03分38秒

スポンサードリンク


 

新号健志選手の父親も箱根駅伝経験者

 

新号健志選手の父親(和政さん)は4年連続で箱根駅伝に出場している。

東海大学の出身であり、現監督の両角速監督と同期でタスキを繋いでいる。

 

東海大学はライバル校であるが、やはり東海大学を倒さないと総合優勝は無い。

父親としては複雑かも知れませんが、やはり息子の大一番ですから、息子の応援に力が入るでしょうね。

スポンサードリンク


 

新号健志選手のまとめ

 

本日は青山学院大学の新号健志選手について記事を更新しました。

大学駅伝初の出場となりそうですので、箱根駅伝を4年連続で走った父親も喜んでいるでしょう!

エントリーは復路の最終10区!

新号健志選手がゴールテープを切る瞬間は訪れるのか?

箱根駅伝当日が楽しみです!

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク