清水大成投手(履正社)出身中学や球種などMAX145キロの速球が武器

高校野球

甲子園の季節がやってきました!本日は大阪・履正社高校野球部のエースである清水大成投手について記事を更新したいと思います。清水大成投手についてはプロ注目の投手ですので、ドラフト会議にもかかる可能性もありますので甲子園ではどんな投球をするのかも非常に楽しみであります。そして清水大成投手の出身中学や球種なども調べて見たいと思います。





スポンサードリンク


 

清水大成投手のプロフィール

 

 

名前:清水大成 (しみず たいせい)

生年月日:2001年6月5日生まれ

出身地:兵庫県

身長:176cm

体重:73㎏

投打:左投げ左打ち

ポジション:投手

スポンサードリンク


 

清水大成投手の出身中学

 

気になる清水大成投手の出身中学ですが、兵庫県丹波市立氷上中学校を卒業しております。

中学校の部活で野球部に入る事は無く、ヤングリーグの篠山ベースボールネットワークに所属し硬式野球をしておりました。

ただ、中学時代から目立つ投手では無かったそうで、投手1本では無くファーストと投手を兼任する選手だった。

投手を本格的にするようになったのは、中学3年生になってからだそうです。

 

清水大成投手が所属していた篠山ベースボールネットワークでは一風変わった指導なんですね。

中学時代には高校や大学で活躍出来るように、練習するスタイルで体力づくりや基本の練習が多いそうです。

練習内容も結構ハードだったと清水大成投手もコメントしております。

 

私も中学時代にはボーイズリーグに所属しておりましたが、先を見据えた練習なんてしていませんでしたし、試合に勝つ為に必死になっていた記憶があります。

何と言うのか、楽しく野球をやるスタイルで高校や大学で活躍できるように練習していた記憶なんてありませんでした。

 

ですから清水大成投手は篠山ベースボールネットワークで甲子園に出場すると言う目標を掲げ、日々練習に励んでいたと思いますし、その練習の結果が履正社高校野球部に入部するという形に繋がったんだと思います。

スポンサードリンク


 

清水大成投手の球種や球速

 

清水大成投手の武器はMAX145キロの速球である。

何と言っても左投手で145キロを投げるので、非常に魅力のある投手だと思います。

 

ストレートの他にはスライダーやチェンジアップを混ぜながら打者を打ち取る投球ですね。

 

下記の動画は福知山成美高校戦の清水大成投手の投球です。

 

動画を拝見しましたが、非常にコントロールの良い印象を受けました。

速球後の変化球は非常に打ちづらい感じがしました。

体はそんなに大きくは無いですが、打者に向かって行く姿勢も感じられ、非常に良い投手だと思いますね。

 

記事を読んだのですが、社会人チームであるJR東海は武者修行する場があったそうで、JR東海の指導者からフォームの修正をしてもらい、新たな発見があったそうです。

そのお陰で、球速も速くなり投球し易いフォームになったようです。

 

投球フォームの変更は吉と出るか凶とでるか、分からない部分がありますが、投げやすいフォームになるのであれば問題無いと思いますし、さらに微調整を繰り返せばコントロールも良くなってくるのではないでしょうか。

 

やはり何事にも研究しながら投球練習をするだけで、少しでも気付きが得られて今後の課題にも取り組めますし、さらなる成長にも繋がると思います。

スポンサードリンク


 

清水大成投手のまとめ

 

145キロのストレートを投げ、それから一冬越えて2019年の選抜高校野球大会に出場する清水大成投手ですが、甲子園では145キロ以上の速球が見られるのかどうか、この辺りにも注目していきたいと思います。

体も大きくなって、夢の舞台でどんな活躍を見せてくれるのか非常に楽しみですね。

是非活躍を期待しております!

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも高校野球関連の記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク