清水大晟(大阪桐蔭)の出身中学校や身長体重は?中日本ブロック日本代表

高校野球

大阪桐蔭高校野球部の清水大晟選手に注目しております!大阪桐蔭では捕手としてベンチ入りし活躍しておりますが、出身地や出身中学校と中学校時代はどんな選手だったのか?この辺りについて調べて見たいと思います。大阪桐蔭高校野球部のポジション争いも激しいですが2020年選抜高校野球大会には正捕手として出場するのでしょうか?





スポンサードリンク


 

清水大晟選手のプロフィール

 

 

名前:清水大晟 (しみず たいせい)

生年月日:2002年生まれ

出身地:三重県

身長:170cm

体重:74㎏

出身中学校:伊賀市立青山中学校

出身高校::大阪桐蔭高等学校

出身:伊勢志摩ボーイズ

スポンサードリンク


 

清水大晟選手の中学校時代について

 

それでは清水大晟選手の中学校時代について調べて見たいと思います。

清水大晟選手は三重県の出身で、伊賀市立青山中学校の出身です。

中学校の野球部には所属しておらず、ボーイズリーグの伊勢志摩ボーイズでプレーしておりました。

 

伊勢志摩ボーイズでは2017年に全国大会に出場しており、捕手と投手を兼任していたそうです。

全国大会は残念ながら、1回戦で敗退しております。

 

それから、中日本選抜にも選ばれており捕手として出場している。

中日本選抜に選ばれるくらいですから、注目されていた選手だったのでしょう。

準決勝では東日本選抜チームの俊足ランナーの盗塁を阻止したそうです。

 

その他の詳しい情報は出ていませんが、大阪桐蔭高校野球部に入る位ですから、強肩は勿論の事、バッティングも素晴らしかったんでしょうね。

その他、リード面も他の捕手とは違い、優れていなければ選抜選手には選ばれないでしょう。

スポンサードリンク


 

清水大晟選手は大阪桐蔭で正捕手の座を勝ち取れるか?

 

 

中学校を卒業後は大阪桐蔭高校へ進学した清水大晟選手ですが、大阪桐蔭高校野球部の捕手も選手層が非常に厚い。

流石、大阪桐蔭高校野球部ですね。

清水大晟選手もそうですが、中学時代にU-15日本代表として活躍した選手も多く、2020年の選抜高校野球大会では誰が正捕手になるのか、非常に気になるところです。

 

近畿大会では1年生の坂玲哉選手が正捕手の座を勝ち取った。

しかし、大阪府大会では吉安遼哉選手が正捕手の座を掴んでいたが、ケガの離脱もあり、近畿大会は正捕手の座を坂玲哉選手にゆずった形になっている。

 

 

2020年の選抜高校野球大会には怪我で離脱した吉安遼哉選手が復帰し、清水大晟選手と坂玲哉選手の3人の争いとなるだろう。

 

選抜大会のメンバー発表も非常に楽しみですね!

でも、大阪桐蔭高校野球部の捕手争いですが、漏れた選手も他の学校へ行ったら、恐らく正捕手になれるレベルなので、少し勿体ない気もしますね。

スポンサードリンク


 

清水大晟選手の身長体重について

 

清水大晟選手をネットで検索すると『身長』とキーワードが出てきます。

清水大晟選手の身長と体重は170cm、74㎏と小柄な捕手である。

まあ、個人的に野球選手は身長が低くても、あまり関係ないと思っております。

 

こちらは清水大晟選手のスローインです。

 

二塁への送球も安定しており、コントロールも良いキャッチャーです。

冬のトレーニングで更にパワーアップした清水大晟選手がどれくらい成長しているのか楽しみですね。

スポンサードリンク


 

清水大晟選手のまとめ

 

本日は大阪桐蔭高校野球部の清水大晟選手について記事を更新しました。

大阪桐蔭高校野球部は近畿大会で準優勝という成績で、2020年選抜高校野球大会出場はほぼ確定となっている。

 

大阪桐蔭高校の正捕手争いは誰が正捕手になるのか?

恐らく、清水大晟選手と吉安遼哉選手の新3年生の争いになるでしょう。

非常に楽しみです!

 

西谷浩一監督は背番号2番を誰に渡すのでしょうか?

メンバー発表まで楽しみです。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク