清水央彦監督(大崎)の経歴は?甲子園に導く指導方法の秘密に迫る!

高校野球

長崎県立大崎高等学校野球部が2021年選抜高校野球大会に出場することが決まりましたが、春夏通算で初の甲子園出場です!

そんな大崎高校を甲子園出場へ導いたのは『清水央彦監督』である。

無名とも言える公立高校を全国レベルへ引き上げた清水央彦監督はどんな経歴の持ち主なのか気になるところ。

そして、選手への指導方法についても気になるので調べてみました!





スポンサードリンク


 

清水央彦監督のプロフィール

 

 

名前:清水央彦 (しみず あきひこ)

 

生年月日:1971年2月23日生まれ

 

出身地:長崎県

 

出身高校:長崎県立佐世保商業高等学校

 

出身大学:日本大学

 

 

清水央彦監督の経歴について

 

それでは清水央彦監督の経歴について見てみたいと思います。

高校野球ファンであれば知っている学校だと思いますが、2009年に春の選抜で優勝した長崎の『清峰高校』で部長を務め、さらに『佐世保実業』では監督として2012年と2013年に夏の甲子園に出場している。

 

清峰高校時代には部長を勤めておりましたが、現:山梨学院大付属高校野球部監督である吉田洸二監督と二人三脚で公立高校を全国の頂点へ導いた方である。

第81回選抜高等学校野球大会で長崎県勢として初の全国優勝を成し遂げた。

 

清峰高校って私立高校だとづっと思っていましたが、公立高校だったんですね。

最近になって知りました・・・。

強豪私学を破っての全国制覇は素晴らしいです。

 

清峰高校から佐世保実業へ転勤し野球部の監督を勤めたのが、2009年。

2012年の夏と2013年の夏の甲子園に出場し、甲子園での成績は1勝2敗と言う成績である。

 

その後は2017年の秋に大崎高等学校の外部コーチに就任し2018年春からは監督としてチームの指揮を取っている。

ニュースでも読んだことがある方は多いかも知れませんが、大崎高校は野球部員が当時5名程しかおらず、廃部寸前の部活だったようです。

 

そんな大崎高校野球部を2年足らずで甲子園出場へ導いた指導方法が非常に気になるので、次で調べてみました。

スポンサードリンク


 

清水央彦監督の指導方法について

 

気になる清水央彦監督の指導方法ですが、どのような指導方法で甲子園へ導いたのだろうか?

僅か2年足らずという短い期間で廃部寸前の野球部を甲子園まで連れて行くという、嘘のような本当の話に非常に興味が湧きますね。

 

大崎高校の前には清峰高校や佐世保実業高校を甲子園に導いた監督ですが、この学校に共通するのは、決して名門私立の強豪校では無いと言うことである。

強豪私立の野球部であれば、中学時代から名の知れた選手が毎年入部してくるが、普通の公立高校ではそうはいかないのが現状である。

 

どのような指導方法で甲子園出場まで鍛え上げたのだろうか?

何か特別な指導方法があるのだろうか?

非常に気になったので調べてみました。

 

2018年の春から清水央彦監督は大崎高校野球部の監督となったが、就任1年半で県大会優勝し、就任2年半で九州大会で優勝した。

九州大会では全国レベルの強豪校が名を連ねる大会だが、それでも頂点へ立つのは非常に凄いことである。

 

清水央彦監督の指導方法ですが、下記のように答えている。

西の果てから本気で日本一をめざすなら、2回くらい人間を変身させる必要があるんです

 

人間を変身させる必要がある=考え方や気持ちの部分を入れ替える。

このような意味があるのだろう。

やはり技術も大事ですが、気持ちの部分も非常に高校野球には必要な部分だと思うし、チャンスやピンチに陥った時にはメンタルの強さが一番の武器になると思います。

 

大崎高校野球部は寮生活

 

大崎高校野球部は現在47名で部員の殆どが寮生活を送っているという。

公立高校にしては珍しいと思います。

公立高校といえば自宅から通学する選手が普通だと思いますが、大崎高校野球部は殆どの部員が寮生活している。

 

大崎高校野球部の寮ですが、市営住宅を改造して寮にしたそうで、寮での食事も近所の食堂が賄っているとのこと。

清水央彦監督も一緒に寮生活しているようです。

選手と一緒に苦楽を共にすることで、監督と選手の絆も深まるのかも知れない。

 

市営住宅を寮にしたり色々なことを西海市がバックアップしているようです。

高校野球を市がバックアップするのは、兵庫県の明石商業高校野球部も同じですね。

明石商業高校野球部も公立高校ですが、練習環境も非常に充実しており、甲子園では近年上位進出している学校の一つですね。

 

大崎高校野球部のグランド

 

寮生活も充実している大崎高校野球部のグランドですが、どのような環境で練習しているのだろうか?

色々調べてみたところ大崎高校野球部グランドが写っているSNSを見つけましたので掲載しておきます。

 

 

グランド全ては写っておりませんが、照明機も付いているので夜間の練習もできるようになっているようですし、グランドも黒い土が入っており、公立高校のグランドというよりは、強豪私学に引けを取らないグランド環境と言っても良いでしょう。

スポンサードリンク


清水央彦監督のまとめ

 

本日は大崎高校野球部の清水央彦監督について記事を更新しました。

大崎高校就任からまだ数年しか経っていないが、チームを甲子園に導くという非常に素晴らしい監督である。

 

甲子園での指揮も2度経験がある監督なので、大崎高校野球部の甲子園初勝利もすんなりと達成するかも知れませんし、全国優勝ということも十分あり得るチームだと思います。

2021年選抜高校野球大会が非常に楽しみになってきました。

 

大崎高校のご活躍に期待しております。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読みください!





スポンサードリンク