選抜高校野球2021優勝予想や評価は?ダークホース的な存在に注目

高校野球

選抜高校野球大会2021の開催が近づいて参りましたが、3月19日から13日間の日程で開催予定であります。

ちなみに抽選会は2月23日に出場32校の主将がリモートで抽選会を行う形式となったが、気になるのが優勝候補である。

既に前評価が高い学校もあるが、どの学校が優勝に輝くのか非常に楽しみであります。

本日は選抜高校野球大会2021の優勝予想をしてみたいと思います。

スポンサードリンク


 

選抜高校野球2021は投手陣に注目!

 

選抜高校野球大会2021ですが、プロも注目する投手がズラリと揃った大会となった。

中でもビッグ4と言われている投手は全員が最速150キロ以上投げる投手である。

ビッグ4と言われる投手の他にも、ビッグ4に匹敵する投手も数多くいるので、かなり見応えのある大会となりそうですね。

 

そのビッグ4と言われる選手は下記の4投手である。

松浦慶斗(大阪桐蔭)  左投手  最速150キロ

関戸康介(大阪桐蔭)  右投手  最速154キロ

畔柳亨丞(中京大中京) 右投手  最速151キロ

小園健太(市和歌山)  右投手  最速152キロ

 

注目は大阪桐蔭のWエースですね。

150キロ以上投げる投手が二人もいるのは心強いですし、左右の投手ですから相手チームのバッターによってどちらが登板するのか、西谷監督もどのような投手起用をしてくるのか、気になるところですね。

 

データーをみる限りでは主に松浦慶斗投手がメインで投げているようですから、恐らく甲子園でも松浦慶斗投手が先発という形になると思われます。

松浦投手と関戸投手の継投になる可能性も十分あります。

 

 

中京大中京の畔柳亨丞投手も注目の投手であり、甲子園の経験は無いがプロ注目の投手であり、選抜大会では活躍が期待される投手の一人である。

1学年上の中日ドラゴンズにドラフト1位で入団した高橋宏斗投手に変化球の投げ方を教えてもらったようで、ストレートに注目が集まりますが、変化球にも注目していきたいと思います。

 

 

最後に市和歌山高校の小園健太投手にも注目が集まっている。

ストレートの最速が152キロという投手であり、こちらもプロ注目の投手の一人。

市和歌山高校野球部は公立高校ですが、選抜高校野球大会に導いた立役者と言っても良いだろう。

 

 

上記4投手意外にも注目投手はまだまだいるが、甲子園という舞台で今まで以上の力を発揮する投手も必ず出てくると思うので、ビッグ4意外の投手にも注目していきたい。

 

選抜高校野球2021の優勝校はどこ?

 

それでは選抜高校野球大会2021の優勝校はどこになるのだろうか?

2月23日に組み合わせ抽選会があり、1回戦から注目の好カードが実現した。

智弁学園(奈良)対大阪桐蔭(大阪)が今大会屈指の1回戦好カードだと思う。

 

この両校は近畿大会決勝で対戦しており、智弁学園が7−3で大阪桐蔭を破り優勝となっているが、甲子園1回戦でこのカードが実現するのはチョット勿体ない。

もう少し両校が勝ち進んでから見たかったカード。

 

智弁学園にも好投手が2人おり、甲子園のマウンドも経験しており、大阪桐蔭戦では投手戦となる可能性もある。

この両チームの勝者が恐らく上位進出するとみる。

 

 

スポーツニュース等では大阪桐蔭が一歩抜けていると報道しているが、智弁学園の西村王雅投手も中々気合が入ったピッチングを見せる投手で、大舞台になるほど調子が上がってくる投手なので、簡単には点は取れないだろう。

 

それからもう1チームは広島新庄と予想する。

理由としては新チームから39試合を行い、全勝という成績で甲子園に乗り込んでくる。

いままで1度も負けていない広島新庄には何か感じ取れるものがある。

 

広島新庄のように勝ち癖が付いているチームは簡単には負けない力があると思うので、上位進出してくるだろう。

 

よって、選抜高校野球大会2021の優勝候補は智弁学園と大阪桐蔭と広島新庄の3校になると予想します。

しかし、どれか1校を選ばなければならないので、『広島新庄』を今回の優勝候補としました。

 

広島新庄の宇多村聡監督がどのような指揮を取るのか、非常に楽しみである!

スポンサードリンク


 

選抜高校野球大会2021のまとめ

 

本日は選抜高校野球大会2021の優勝予想をしてみました。

あくまでも私個人的な予想です。

野球はやってみないと全く分かりませんし、高校野球は色々なドラマがある。

 

春の選抜高校野球大会は中々予想し辛いので、実際にどこの高校が優勝するのかは未知数なところがある。

見ている側からしたら、波乱の試合もチョット期待したいところである。

 

どの高校も全力を尽くして、頑張って欲しいと思います。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読みください!

スポンサードリンク