佐藤貴博監督の経歴は仙台育英時代の準優勝メンバー!指導方法も調査!

高校野球

岡山学芸館高校野球部の佐藤貴博監督の経歴やプロフィールが気になりますね!監督就任1年目で甲子園出場を果たしたが、どんな指導方法で甲子園へ導いたのか?この辺りについて調べて見たいと思います。自身も高校時代に仙台育英高校で甲子園出場経験があり、準優勝のメンバーの一人。本日は岡山学芸館高校野球部の佐藤貴博監督について記事を更新します。





スポンサードリンク


 

佐藤貴博監督のプロフィール

 

 

名前:佐藤貴博 (さとう たかひろ)

生年月日:1983年生まれ

出身地:宮城県

出身高校:仙台育英高等学校

出身大学:城西大学

職業:社会科教諭

 

佐藤貴博監督は高校時代、名門仙台育英高校野球部で活躍し、2001年春の選抜高校野球大会に出場し、準優勝を果たしている。

第101回全国高校野球選手権大会に出場している仙台育英の須江航監督とは同じ年であり、勝ち進めば対戦する可能性は十分あるだろう。

 

城西大学を卒業後は岡山県へ。

作陽高校では2006年から2011年の間、野球部コーチと部長を務めた。

その後、2013年に岡山学芸館高校へ、野球部部長時代の2015年夏の甲子園に出場している。

 

2018年秋から岡山学芸館高校野球部の監督に就任し1年目で甲子園に導いている。

スポンサードリンク


 

佐藤貴博監督の指導方法について

 

2018年秋から岡山学芸館高校野球部の監督に就任したばかりで、いきなり甲子園出場に導いた佐藤貴博監督の指導方法は一体どんな指導方法なんだろうか?

気になりましたので、調べて見ることにしました。

 

佐藤貴博監督の座右の銘は、『本気になれば世界が変わる』だそうです。

本気で甲子園を目指せば、夢は現実になる。

まさに監督就任1年目で甲子園に導いたのは、監督として本気で甲子園を目指したからだろう。

 

佐藤貴博監督のような熱い監督の元で学べる選手達は非常にラッキーだと思います。

2年半という短い高校野球人生の中で、本気に人生をかけるという事を学べるという事は、社会に出ても非常に役に立つ事だと思いますし、何か壁にぶち当たった時でも、高校時代の経験が自分を助けてくれると思いますね。

 

それから第101回全国高校野球選手権大会に出場する佐藤貴博監督のインタビューでは『選手達の精神状態を安定させて、最後まで笑顔で戦えるよう声を掛け合いたい』

このようにインタビューに答えた佐藤貴博監督。

 

甲子園という大舞台で監督としても初采配ですし、3年生も高校生活最後の大会ですから、選手達とのコミュニケーションもしっかりと行い、本気で甲子園優勝を目指す!

スポンサードリンク


 

佐藤貴博監督は仙台育英で選抜準優勝メンバー!

 

第101回全国高校野球選手権大会にも出場している宮城・仙台育英高校野球部ですが、この学校は佐藤貴博監督の母校でもある。

佐藤貴博監督は仙台育英高校時代に、2001年春の選抜高校野球大会に出場し見事準優勝に輝いた実績のある方である。

 

当時のメンバー表を見てみましたが、佐藤貴博監督は控え選手としてベンチ入りしておりました。

名門仙台育英のベンチ入りする事だけでも凄い事ですよ!

 

そして、先程も書きましたが、仙台育英高校野球部監督である須江航監督とは同級生です!

 

両校勝ち進めば、同級生監督同士の対決も十分あると思います。

ちょっと見てみたい気もします(笑)

スポンサードリンク


 

佐藤貴博監督のまとめ

 

本日は岡山学芸館高校野球部の佐藤貴博監督について調べてみました。

選手時代も選抜準優勝という実績のある方です。

岡山学芸館高校野球部の監督になり1年で甲子園へ導いた手腕は、甲子園でどのような采配を振るうのか?

非常に楽しみです!

甲子園でも『本気になれば世界が変わる』野球で旋風を巻き起こして欲しいと思います。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク