佐藤隼輔投手(筑波大)仙台高校時代から注目の逸材!父親や母親は?

ドラフト情報

2021年のドラフト会議ですが、大学生注目の投手である佐藤隼輔投手(筑波大)に注目しております。

恐らくドラフト会議では、複数の球団から1位指名を受けるのではないかと予想しておりますが、佐藤隼輔投手は高校時代からもプロ注目の投手として活躍していたんです。

仙台高校出身であり、公立高校からプロ入りも期待されましたが、プロ志望届けは提出せずに、筑波大学へ進学した。

そんな佐藤隼輔投手は仙台高校時代どんな投手だったのか、甲子園出場経験など、色々調べてみました。

スポンサードリンク


 

佐藤隼輔投手のプロフィール

 

 

名前:佐藤隼輔 (さとう しゅんすけ)

生年月日:2000年1月3日生まれ

出身地:山形県

身長:180㎝

体重:78㎏

出身中学校:仙台市立広瀬中学校

出身高校:仙台市立仙台高等学校

出身大学:筑波大学

 

佐藤隼輔投手の仙台高校時代について

 

 

それでは佐藤隼輔投手の仙台高校時代について書いていきたいと思います。

佐藤隼輔投手は高校時代、仙台市立仙台高等学校の野球部に所属し、高校時代からも注目された投手でした。

 

1年生からマウンド経験があり、高校2年生の秋からエースナンバー『1』を背負い、監督からの信頼も熱い投手だった。

 

宮城大会では最高成績であるベスト8まで進出したが、甲子園出場は果たせなかった。

プロ野球のスカウトも高校時代からマークしており、恐らく高校でプロ志望届を提出していれば、ドラフト会議で指名された逸材である。

 

佐藤隼輔投手の高校時代は最速144キロのストレートを投げ込み、全国レベルの投球で、プロのスカウトも魅了した。

左腕であることから、プロのスカウトも非常に欲しかった投手だと思いますし、甲子園にも出場していない投手ですから、肩や肘の投げすぎによる故障の心配も薄いので、プロ志望届を出していたら、間違いなくドラフト指名されていたと思います。

 

当時のスカウトも、佐藤隼輔投手については高評価しており、中でも『頭の良いピッチングをする』と評価している点について、プロの見る目は流石だなって思いましたね。

 

佐藤隼輔投手は大学2年で日本代表に選出!

 

 

仙台高校から筑波大学へ進学した佐藤隼輔投手ですが、筑波大学でも活躍し、大学2年生の時には日本代表に選出された。

ストレートの最速も151キロまで伸び、高校時代から更に進化し、変化球のスライダーも鋭く曲がり、直球と変化球のどちらでも三振を奪える投手になった。

 

そんな佐藤隼輔投手も4年生となり、プロ志望届を提出したとのこと。

既に、ドラフト1位候補と言われており、恐らく2021年のドラフト会議の目玉投手となるだろう。

何球団が指名するのか分かりませんが、恐らく複数の球団が1位で指名すると思われます。

 

佐藤隼輔投手の父親や母親と兄弟について

 

そして気になるのが、佐藤隼輔投手の父親や母親についてです。

ここまで活躍するようになった佐藤隼輔投手をどのように育てたのか、気になりますし、父親は野球をやっていたのだろうか?

 

同じく高校球児だったのか?

そして、甲子園出場経験などあるのだろうか?

 

調べてみましたが、佐藤隼輔投手の父親や母親については、あまり情報が出ていないようです。

 

それから、佐藤隼輔投手の兄弟についてですが、姉が一人いるとの情報です。

男の兄弟はいないようですので、特に野球をやっていた等の情報は無いですね。

 

今後何か情報が入り次第このブログに追記していきたいと思います。

 

佐藤隼輔投手のまとめ

 

本日は仙台高校出身で筑波大学の佐藤隼輔投手について記事を更新しました。

佐藤隼輔投手は高校時代から注目された投手であり、2021年ドラフト1位候補であり、複数団から指名される可能性のある投手。

 

どこの球団へ進むのか、何球団が競合するのか、非常に楽しみである。

ドラフト会議当日が楽しみですね!

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読みください!

スポンサードリンク