佐藤俊監督(鶴岡東)の経歴や年齢プロフィールについて!注目メンバーは?

高校野球

山形・鶴岡東高校野球部の佐藤俊監督の経歴や年齢プロフィールについて調べて見たいと思いますが、どんな指導方法なのかも気になりますね!鶴岡東高校野球部は公立高校だと思っておりましたが、私立高校だったんですね。知りませんでした。甲子園出場メンバーを見てみると県外出身者も非常に多いです。寮やグランドについても調べて見たいと思います。





スポンサードリンク


 

佐藤俊監督のプロフィール

 

 

名前:佐藤俊 (さとう しゅん)

生年月日:1971年生まれ

出身地:山形県

出身高校:鶴商学園(現:鶴岡東高校)

出身大学:立正大学

職業:社会科教諭

 

佐藤俊監督の高校時代は遊撃手・主将して活躍し、大学時代でも遊撃手で学生コーチも務めていた。

当時は東都1部リーグに昇格。

 

大学卒業後は会社勤めを1年し、2001年から母校である鶴岡東高校野球部の監督に就任。

 

2011年には30年ぶりとなる夏の甲子園出場に導く。

2015年・2016年・2019年にも甲子園出場。

スポンサードリンク


 

佐藤俊監督の指導方法について

 

鶴岡東高校野球部を甲子園に導いた佐藤俊監督の指導方法ですが、一体どんな指導方法なんでしょうか?

気になるので調べてみました。

 

『練習は嘘をつかないことを試合で証明する。』

これが佐藤俊監督のモットーである。

 

当たり前の事ですが、練習をやらずに野球が上手くなる訳が無い。

練習量は少ないよりは多い方が良いが、練習の質も重要である。

ただ単に練習していても成長するスピードは遅いと思いますし、色んな状況を想定して練習する事で、実践に近い練習ができて、練習の質も向上する。

 

練習でできない事が、試合でできるはずがない。

これを佐藤俊監督が選手に一番伝えたい事なんだろう。

逆に試合でできた事は、練習で出来ていた事。

コツコツと練習してきた結果が、大会で発揮できるということは、選手のモチベーションにもなるし、自信にも繋がる。

 

 

スポンサードリンク


 

鶴岡東高校野球部の寮やグランドについて

 

私立の学校である鶴岡東高校野球部の部員は2019年夏時点で102人の大所帯であるが、2019年の夏の甲子園大会のメンバーの出身地を見てみると、長野・栃木・大阪・滋賀・埼玉・兵庫・千葉と全国各地から選手が集まっている。

山形出身者の方が少ない。

 

大阪出身者が非常に多いですね。

やはり大阪は少年野球が盛んな地域で、大阪では甲子園に出場しづらいので、地方の学校へ野球留学すると聞いたことがあります。

野球留学については賛否両論あると思いますが、何処の学校へ行っても一生懸命頑張ればそれでいいと私は思っております。

 

やはり鶴岡東高校野球部には寮があるようですね。

全国から選手を集めているので、親元から離れて寮生活しております。

 

私は寮生活したことがないのですが、色々話を聞くと、一年生の最初の頃は嫌になって逃げだしたくなる部員も多いと聞きます。

しかし、3年間の野球部生活が終わると、寮生活して良かったと思えるそうです。

同じ野球部の同級生の仲間と出会って切磋琢磨した思い出や、寮生活での厳しさが社会に出て絶対に役に立つ時が来ると思います。

 

二度と寮生活したくないと言う方もいますが(笑)

 

グランドに関しても野球部専用グランドを完備しているそうです。

グランドの画像を見てみましたが、ライトは93m、センターは114m、あるグランドですね。

レフトは不明です。

スポンサードリンク


 

佐藤俊監督のまとめ

 

本日は山形・鶴岡東高校野球部の佐藤俊監督について記事を更新しました。

『練習はうそをつかないことを試合で証明する。』

甲子園にも出場する強豪校ですから、練習もそれなりに厳しいと思いますが、試合で結果を出す為には練習するしかない。

 

納得するまで練習し本番に備えることによって、自然と結果はついて来るのでしょう。

鶴岡東高校野球部は選手も全国から集めていますので、近々甲子園でも優勝するのではないかと、私は思っております。

これからの活躍に期待したいですね!

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク