佐々木麟太郎(花巻東)の兄弟はいる?中学時代の本塁打数は何本だった?

高校野球

花巻東高校野球部にとんでもないスラッガーが誕生している。

2021年でまだ1年生である佐々木麟太郎選手は、高校通算本塁打数48本をすでに放っている。

4月に入学して11月までで48本塁打(内公式戦11本)ですから、凄まじいペースで本塁打を量産していることになるが、このまま高校卒業後までには120本塁打以上を放つ可能性もある選手である。

あの清宮幸太郎選手は高校通算111本塁打だったが、その数字も塗り替える勢い。

そんな佐々木麟太郎選手ですが、気になる兄弟についてや父親と母親についても調べてみたいと思います。

そして、佐々木麟太郎選手の中学校時代についても調べてみた。

スポンサードリンク


 

佐々木麟太郎のプロフィール

 

 

名前:佐々木麟太郎 (ささき りんたろう)

生年月日:2005年4月18日生まれ

出身地:岩手県

身長:183㎝

体重:117㎏

投打:左投げ左打ち

出身中学校:北上市立江釣子中学校

出身高校:花巻東高等学校

所属:金ヶ崎シニア

 

佐々木麟太郎の兄弟はいるのだろうか?

 

佐々木麟太郎選手のように注目される選手には兄弟がいる場合も多いが、佐々木麟太郎選手には兄弟はいるのだろうか?

兄がいるのか、弟がいるのだろうか。

 

調べてみると佐々木麟太郎選手には男の兄弟はいないようです。

一人っ子なのかと思ったが、一歳年下の妹がいるようですね。

佐々木麟太郎選手が高校1年で、妹が現在中学3年生である。

 

佐々木麟太郎選手は中学校時代に金ヶ崎シニアでプレーしていたが、妹も現在金ヶ崎シニアでプレーしているようです。

女の子ですから、ソフトボール部等に入っていると思いましたが、硬式野球とはちょっと驚きました。

 

金ヶ崎シニアのHPを少しみてみましたが、中学3年生で『佐々木秋羽』さんという名前が出ておりました。

おそらくこの人物が佐々木麟太郎選手の妹ではないかと思われます。

 

やはり、兄や父親の影響も強いのかも知れませんね。

最近では女子の硬式野球部も増えてきており、佐々木麟太郎選手の妹も高校では野球部に入るのかも知れません。

 

因みに花巻東高校女子硬式野球部は2020年の春に発足したばかりの若いチームであるが、佐々木麟太郎選手の妹も2022年の春には高校入学となるが、兄と同じ花巻東高校へ入学するのか注目されるところです。

 

佐々木麟太郎の父親や母親について

 

佐々木麟太郎選手の父親や母親について書いていきたいと思います。

皆さんご存知の通り、佐々木麟太郎選手の父親は花巻東高校野球部監督である佐々木洋監督である。

 

親子二人三脚で甲子園を目指している。

やはり親子ですから、なんとなく顔も似ている。

 

 

佐々木洋監督の詳細は下記の記事で書きましたので、ご覧くださいませ。

 

それから佐々木麟太郎選手の母親については、何も情報が出ておりません。

特に何かのスポーツ選手だった等の情報も無いようですので、普通の一般人だと思われます。

 

佐々木麟太郎の中学時代について

 

高校1年生で48本塁打を放っている佐々木麟太郎選手ですが、中学校時代も凄かったのだろうか?

金ヶ崎シニアで中学校時代はプレーしていた佐々木麟太郎選手ですが、2年生の夏には4番三塁手で『東日本選抜大会』で優勝している。

 

佐々木麟太郎選手が中学時代に日本代表等に選出されたという記事も無かったようですから、中学時代はそんなにも活躍していなかったのか?

恐らくコロナ等で色々な大会が中止になっているので、コロナが無かったら日本代表にも選出されていたかも知れませんね。

因みに金ケ崎シニアの監督はあの大谷翔平選手の父親が監督を務めている。

 

高校進学に関して、佐々木洋監督は自分と同じ花巻東高校でプレーするのは、やり辛いので他の高校へ進学を進めたようです。

しかし、佐々木麟太郎選手は花巻東高校野球部に入部したいと熱望したようです。

 

明治神宮大会1回戦で放った本塁打がエグい!

 

2021年11月に行われた明治神宮大会1回戦では国学院久我山高校と対戦し、第一打席でいきなり右中間にソロ本塁打を放った。

私はネットの中継で試合を見ていたが、打った瞬間入ると分かる打球だった。

 

大きな舞台で本塁打を打てるというのは、やはり只者では無い。

初戦を勝利しているので、次の試合でもどんなバッティングを見せるのか楽しみである。

下記は、明治神宮大会の本塁打シーン。

 

 

バットに捕らえた時の音が凄い!

これは2年後楽しみで仕方がないですね。

 

佐々木麟太郎のまとめ

 

本日は花巻東高校野球部の佐々木麟太郎選手について書きました。

高校1年生であの体格と本塁打数は異次元だと私は思っている。

今後どのような成長を見せてくれるのか、非常に楽しみである。

 

あれだけ騒がれている選手ですから、今後は相手チームからもかなり警戒されると思いますし、厳しいコースに投げてくるので、本塁打も打ちづらくなるような気もします。

怪我だけは注意して高校生活を過ごして欲しいですね。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読みください!

スポンサードリンク