迫田守昭監督(広島新庄)の経歴や指導方法は?広島商業でも甲子園へ導いた

高校野球

広島新庄高校野球部の迫田守昭監督の経歴や指導方法について調べて見たいと思います。迫田守昭監督は広島商業でも監督を務めていたんですね!私は全く知りませんでしたが、広島商業時代にも監督として甲子園に出場している。広島新庄高校野球部の寮やグランドについても調べて見たいと思います。





スポンサードリンク


 

迫田守昭監督のプロフィール

 

 

名前:迫田守昭 (さこだ もりあき)

生年月日:1945年9月24日生まれ

出身地:広島県広島市

出身高校:広島商業高等学校

出身大学:慶応大学

ポジション:捕手

 

三菱重工広島では監督を務めており、1979年の都市対抗野球では初出場で優勝を果たしている。

2000年秋から2006年夏までは広島商業高校野球部の監督を務め、2002年春と2004年の夏には甲子園出場している。

スポンサードリンク


 

迫田守昭監督の指導方法とは

 

社会人野球でも優勝経験がある迫田守昭監督の指導方法とは一体どんな指導方法なんだろうか?

広島商業では2回、広島新庄では3回の甲子園出場へ導いた名将ですが、選手への指導方法も昔とは変わっており、色々考えているそうです。

 

「どれだけ怒っても大丈夫ならいいですが、今の選手は怒られると委縮してしまうところがあります。これは家庭環境も関係していると思いますが、スパルタでは伸びないと考えています。その代わり、ある程度ほめながら選手の良いところを伸ばすことを考えています」

 

私も25年前は高校球児でしたから、それなりに3年間厳しい練習に耐えていましたが、昔は本当にスパルタと言うか、根性論の世界でしたから、今の時代と比べると凄い厳しかった記憶があります。

殴られたりするのは当たり前の時代でしたからね・・・。

 

いつから高校野球もこんな時代になったんでしょうね。

やはり時代が変わるのは早いと感じます。

 

迫田守昭監督もおっしゃっておりましたが、選手の良いところを伸ばすことは非常に良い事だと私は思います。

まあでも、悪い所は悪いと指摘しなければいけないと思いますが、褒めて伸びる選手もいますので、選手と監督のコミュニケーションも、今の時代は必要なんでしょうね。

 

それから、広島新庄高校野球部は授業の関係で、野球の練習ができるのが16時くらいからだそうです。

野球部のグランドは校舎から離れた場所にあり、移動距離もあって、先程書いた16時くらいからの練習になってしまう。

 

冬場になるとすぐに暗くなってしまうので、『短時間集中』を意識しているそうだ。

 

「広島商や広陵はウチの3倍くらいの練習量だと思います。そこに太刀打ちするには短い時間で質を向上させないといけないです。だからどれだけ集中するかです」

 

集中して野球の練習ができるように、迫田守昭監督は普段の授業態度から集中できない選手は野球もダメになってしまうと話す。

選手の授業態度については厳しく指導するそうですよ。

 

広島新庄高校野球部の気になる練習方法ですが、常に実戦形式での練習を取り入れているそうで、常に公式戦のような雰囲気で練習をしているそうです。

迫田守昭監督は選手に『僕が見ている前でミスをしていたらレギュラーにはなれない。試合には出せない。』このように選手達には伝えているそうです。

 

これって凄い緊張しますよね?

私が選手の立場だったら、緊張感半端ないと思いますし、必死でボールを追いかけると思います。

変な話、サボれないです(笑)

 

でも、この緊張感があるからこそ、公式戦で結果が出るのだろう。

やっぱり、緊張感というのは野球の試合では必要なことですから、迫田守昭監督の指導方法は素晴らしいと思います。

私も日常生活にもっと緊張感を取り入れてみようと思いましたね。

スポンサードリンク


 

迫田守昭監督のまとめ

 

本日は広島新庄高校野球部の迫田守昭監督について記事を更新しました。

迫田守昭監督は2020年の選抜高校野球大会で監督通算6度目の甲子園出場となる。

甲子園ではどのような采配を見せてくれるのか、非常に楽しみです!

 

高校野球の雑誌に書いてありましたが、迫田守昭監督は左投手が好きと書かれていましたが、2020年の選抜高校野球大会でもエースは2年生左腕である。

2年生左腕のエースである秋山恭平投手のデキにも注目したい!

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク