坂本花織の親友である三原舞依との接点は?ライバル同士だからこそ繋がる思いとは?

フィギュアスケート

フィギュアスケートの坂本花織選手の親友である三原舞依選手とは昔からの付き合いだそうですが、この二人の接点は何なんだろうか?幼なじみなのか、近所にすんでいたのか?ちょっと気になったので調べて見たいと思います。本日は坂本花織選手についてブログを更新したいと思います。

スポンサードリンク


 

坂本花織選手のプロフィール

 

 

名前:坂元花織 (さかもと かおり)

生年月日:2000年4月9日生まれ

出身地:兵庫県神戸市

身長:158cm

体重:不明

血液型:B型

出身中学:神戸市立渚中学校

出身高校:神戸野田高等学校

特技:水泳・長距離走

 

坂本花織選手は4歳からフィギュアスケートを始めた。

2012年から2013年のノービス時代(ジュニアよりも下のクラス)では全日本ノービス選手権Aクラスで優勝。

招待選手として出場した全日本ジュニア選手権大会で9位入賞と健闘。

2013年3月に行われた初めての国際大会である2013年のトリグラフトロフィーに出場し2位に入った。

 

2013年から2014年のジュニア時代にはアジアフィギュア杯のジュニアクラスで優勝を果たす。

ISUジュニアグランプリシリーズに初参戦しJGPチェコスケートに出場し6位となった。

 

平昌オリンピックにも出場しており、6位入賞と大健闘している。

シニア1年目でいきなりオリンピック出場するという事だけでも凄いと思います。

次のオリンピックも期待したいですね!

スポンサードリンク


 

坂本花織選手と三原舞依選手の接点とは?

 

 

坂本麻衣選手と三原舞依選手の接点は、コーチが同じであること。

二人のコーチは『中野園子コーチ』であるが、出会って10年以上も経つ間柄なんだそうですが、因みに中野園子コーチってどんな顔をしているのでしょうか?

皆さんは見たことありますか?

試合前や試合後に坂本花織選手と一緒に映っている方が恐らくコーチだと私は思っていますが・・・。

どんなコーチなのか見てみましょう。

 

 

中野園子コーチは学生時代に女子シングルの選手として活躍したそうです。

特にオリンピック出場等の実績は無いようですが、選手の指導方法が良いのでしょう。

オリンピックでメダルを獲っていても、指導者に転向したら全くダメだったというコーチもいますからね。

プロ野球選手でも現役時代に活躍した選手が監督をしたが、全く成績が振るわなかった。なんて話もありますからね。

 

って事で、坂本花織選手と三原舞依選手は中野園子コーチから指導を受けており、良きライバルであり、良き親友と言っても良いでしょう。

やはり同じコーチの元で切磋琢磨して競い合う事は、お互いのレベルも上がるとおもいますし、『あの子があれだけ練習しているんだから、私もやらなきゃ。』そんな思いになるんじゃないでしょうか。

ネットの記事でも読みましたが、非常に厳しい練習も二人で支え合って乗り越えて来たそうです。

平昌オリンピックは惜しくも三原舞依選手は選ばれませんでしたが、ライバルとしても親友としても、坂本花織選手のオリンピック出場を全力で応援すると言ったそうです。

なんとも感動する話ですし、三原舞依選手はオリンピック出場は叶わなかったにもかかわらず、全力で応援するという言葉は中々言えないと思います。

絶対に悔しい思いはあったはずです。

それでも、エールを送れる事は素晴らしいと思いました。

2022年の北京オリンピックには二人一緒に出場できることを願っております。

スポンサードリンク


 

坂本花織選手のまとめ

 

本日はフィギュアスケートの坂本花織選手について記事を更新しました。

やっぱり、ライバルの存在は大きいですね!

ライバルがいるといないとでは、成長に差が生まれると思いますし、心の支えにもなると思います。

2022年の北京オリンピックには二人で表彰台に上る日が来るかもしれません。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にもフィギュアスケート関連の記事がありますので、是非お読み下さい!

スポンサードリンク