坂本勇人の高校時代の彼女や高校通算本塁打数は?イケメンの武勇伝も!

プロ野球

読売ジャイアンツの坂本勇人選手ですが、高校時代は1年生からレギュラーを獲得し注目を集めておりました。そんな高校時代の坂本勇人選手ですが、気になるのが高校時代の彼女についてですね!非常にイケメンな選手なので、女子生徒からもかなり人気があったと思います。どんな女性と交際していたのか、本日は調べて見たいと思います。





スポンサードリンク


 

坂本勇人選手のプロフィール

 

 

名前:坂本勇人 (さかもと はやと)

生年月日:1988年12月14日生まれ

出身地:兵庫県伊丹市

身長:186cm

体重:83㎏

投打:右投げ右打ち

ポジション:内野手

出身中学校:伊丹市立松崎中学校

出身高校:光星学院高等学校

出身シニア:伊丹シニア

 

坂本勇人選手は小学校1年生から野球を始めて、昆陽里タイガース時代には投手として活躍しており、当時の捕手は現:ニューヨークヤンキースの田中将大投手とバッテリーを組んでいた。

坂本勇人選手が投手をしていたのも意外でしたが、田中将大投手がキャッチャーをしていたのが、もっと意外でした。

 

 

小学校何年生の時でしょうか?

二人共面影がありますね!

今とあまり変わっていないような気もしますが(笑)

スポンサードリンク


 

 

坂本勇人選手の高校時代の彼女について

 

先ず、坂本勇人選手は兵庫県の出身ですが、高校へは野球留学という形で青森県にある光星学院高等学校(現:八戸学院光星)へ入学しました。

高校では寮生活ですから、色々なプライベートの自由時間は一般の高校生に比べると少ないと思いますし、夜遅くまで野球の練習もあり寮に帰ってくる時間も遅かったと思います。

 

とは言え、高校は男女共学ですから授業の合間に女子生徒と話す機会もあるでしょうし、野球部の4番で甲子園にも出場している選手ですから、かなり女子生徒から人気もあったと思われます。

勝手な想像ですが、バレンタインデーの日はかなりのチョコレートを貰っていたのではないかと想像しております。

 

そして、気になる彼女の存在ですが、色々調べて見ましたが彼女の存在については情報がありませんでした。

まーでも、思春期の高校時代ですから、気になる女性の存在は絶対にいたと思います。

しかし、野球部の練習もあり、中々交際するまで発展する事は無かったかも知れませんね。

 

坂本勇人選手は高校1年生の時に問題を起こした事件が有名です。

1年生の年末年始に帰省し、寮に戻った時の格好が鼻と耳にピアスをして戻って来たそうです。

元々中学時代もやんちゃだったらしいですが・・・。

この時期にもしかして交際している女性がいたかも知れません。

やんちゃだった時代の記事はこちらから

スポンサードリンク


 

坂本勇人選手の高校通算本塁打数や甲子園出場回数について

 

2006年のドラフト会議で読売ジャイアンツから1位指名を受けた坂本勇人選手ですが、今では巨人を代表する選手となりました。

恐らくこのまま行けば2000本安打も達成するでしょうね。

 

そんなプロ野球界でも目立つ存在となった坂本勇人選手の高校時代に打った本塁打数は何本だったのか?

気になる方も多いかと思います。

 

調べて見たところ、高校通算本塁打数は39本との事です。

因みにイチロー選手は19本の本塁打を放っています。

そして、清宮幸太郎選手は111本という異次元な本塁打を放っており、この数字は歴代1位の記録として残っております。

 

坂本勇人選手の甲子園出場回数は第78回選抜高校野球大会に1度だけ出場しております。

3年生の夏の大会は、青森大会決勝戦で青森山田高校に1点差で涙を飲んでいる。

 

当時の映像がありましたので、どうぞ!

 

上記の動画でも言われておりましたが、当時の光星学院は優勝候補筆頭のチームだったそうです。

しかし、高校野球は最後まで分かりませんね・・・。

惜しくも1点差でしたが、甲子園出場は叶いませんでした。

スポンサードリンク


 

坂本勇人選手のまとめ

 

本日は読売ジャイアンツの坂本勇人選手について記事を更新しました。

坂本勇人選手の高校時代は少々やんちゃな所もあったそうですが、今となれば良い思い出になっているのでは無いでしょうか?

今では、プロ野球界を代表する選手に上り詰めた坂本勇人選手ですが、ここまで来るのには、やはり本人の毎日の努力が積み重なったからこそだと思います。

今後の坂本勇人選手にも注目していきたいと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク