履正社高校野球部の寮やグランドについて!メンバーの出身地も調査!

高校野球

 

大阪の強豪校である履正社高校野球部について調べて見たいと思います。甲子園でも春の選抜では準優勝の経験がある学校です。大阪と言えば大阪桐蔭高校も強豪校ですが、寮やグランドもありますが、履正社高校野球部には寮やグランドはあるのでしょうか?それからメンバーの出身地も調べてみたいと思います。





スポンサードリンク


 

履正社高校野球部の岡田龍生監督のプロフィール

 

 

名前:岡田龍生 (おかだ たつお)

生年月日:1961年5月18日生まれ

出身地:大阪府

出身高校:東洋大姫路

出身大学:日本体育大学

 

岡田龍生監督は東洋大姫路野球部に所属しており、現役時代は高校3年生の春に甲子園出場経験がある。

1番サードで出場した岡田龍生監督は惜しくも準決勝で敗れ、ベスト4だった。

高校3年生の最後の夏の大会では準々決勝で敗れ、甲子園出場は叶わなかった。

高校3年生ではキャプテンを務めていた。

 

東洋大姫路を卒業後は日本体育大学へ進学し、教員免許を取得し社会人の鷺宮製作所へ進み現役を終える。

大阪の公立高校である桜宮高校でコーチとして指導者をスタートさせ、1986年に履正社高等学校野球部の監督となる。

スポンサードリンク


 

履正社高校野球部の寮は?

 

高校野球の名門校である大阪の履正社高校野球部は春の選抜大会では2度の準優勝という輝かしい実績のある高校である。

2019年現在の大阪でありますと、大阪桐蔭と履正社の2強と言っても良いだろう。

大阪桐蔭高校は全国各地から選手が集まり、寮生活をしているのはご存じでしょう。

寮生活も規則があって、入学当初はホームシックになったりする選手もいるそうです。

 

 

では、大阪桐蔭高校と甲子園出場を競い合う履正社高校野球部に寮はあるのか?

調て見ましたが、履正社高校野球部に寮は無いようです。

チョット意外ですね!

 

なぜ寮が無いのか?

まあ、全国の強豪校でも寮が無い学校は多くありますからね。

甲子園最多優勝回数を誇る、愛知・中京大中京高校野球部にも寮は無いです。

寮が無くても、甲子園に出場する学校は沢山あります。

 

ですから、寮の有無だけで甲子園出場できるできないは、非常に決めづらいですね。

しかし、寮生活にはメリットもありますし、社会人になった時に役に立つ事も沢山あると思います。

履正社高校野球部が寮が無くても、甲子園で活躍出来る理由は、恐らく監督である岡田龍生監督の良い指導があるからこそだと思いますね。

 

 

寮が無いと言う事で、殆どの選手が自宅から通っており、大阪や兵庫の出身者が大半をしめているようです。

2019年の地方大会のメンバーの中に岡山県の出身者がいましたが、恐らく下宿していると思われます。

スポンサードリンク


 

履正社高校野球部のグランドについて

 

次に履正社高校野球部のグランドについて調べて見たいと思います。

調べて見たところ野球部専用グランドがありますね。

 

こちらがグランドの画像です。

 

ナイター設備も整っておりますが、平日の練習時間は3時間しか無いそうです。

シャトルバスの時間が20:30と決まっている為、グランド整備や着替える時間を入れても、それ程練習時間が取れないのだそうです。

 

強豪校ですから、夜も遅くまで練習しているイメージでしたが、全然真逆で驚きました。

短い練習時間でいかに効率よく練習するなどの工夫をしているんだそうです。

 

それから強豪校によくある、室内練習場も履正社高校野球部には無いそうです。

私学の学校ですから、室内練習場も完備しているのかな?って思っていましたので、こちらもチョットビックリです。

 

こちらの動画で履正社高校野球部のグランドの雰囲気が分かります。

スポンサードリンク


 

履正社高校野球部のまとめ

 

本日は大阪・履正社高校野球部の寮やグランドについて記事を更新しました。

グランドは大阪府茨木市にあるそうです。

学校から30分かけてバスでグランドへ向かうそうです。

 

寮も無く、練習時間も限られた中で甲子園に出場するチームに鍛え上げることは、岡田龍生監督の指導方法が素晴らしいのでしょう。

 

今後の履正社高校の活躍から目が離せませんね!

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク