大竹壱青が下手クソと言われた理由とは?石川祐希とは大学時代の同級生!

男子バレー

バレーボール日本代表の大竹壱青選手が下手クソとネットで話題になっているが、実際にはどうなんでしょう?下手くそと言われる理由には何か問題プレーがあったのか?検証してみようと思います。それから、日本代表のエースである石川祐希選手とは中央大学時代の同級生である。この二人の仲についても調べて見たいと思います。





スポンサードリンク


 

大竹壱青のプロフィール

 

 

名前:大竹壱青 (おおたけ いっせい)

生年月日:1995年12月3日生まれ

出身地:神奈川県横浜市

出身高校:東亜学園高等学校

出身大学:中央大学

身長:201cm

体重:100㎏

ポジション:オポジット

所属:パナソニック・パンサーズ

 

大竹壱青と石川祐希は大学時代の同級生!

 

大竹壱青選手と石川祐希選手は共に、バレーボール日本代表として活躍しているが、中央大学時代には同じコートで大学4年間を過ごした仲である。

2014年4月に中央大学へ入学し、同年6月には東京オリンピック強化指定選手である『Team CORE』のメンバーに選出されている。

同年12月に行われた、全日本インカレでは中央大学の18年ぶりの優勝に貢献し、自らもスパイク賞に輝いている。

 

しかし、日本代表に同じ大学から2名も選出されるなんて凄い事ですよね!しかも年齢も同じ歳ですしね。

1名だけでも凄い事なのに2名はヤバイです。

 

やはり大竹壱青選手は父親のDNAを受け継いでいるからってこともあるでしょう。

大竹壱青選手の父親については、こちらからどうぞ!

 

大学時代の大竹壱青選手と石川祐希選手です。

 

大学生活4年間をバレーボールを通じて過ごし、日本代表選手にも選出されている。

中央大学バレーボール部は寮生活とのことですので、お互いの性格等は何でも知っている仲だと思います。

 

やぱり学生生活っていいなーって思います。

後悔したって、大学生活には戻れませんからね。

学生生活もそうですが、社会人になっても後悔しない生き方をしなければいけないと思いますし、人生あっという間に終わってしまうので、何かに打ち込める環境ってやっぱり素晴らしいと思います。

スポンサードリンク


 

大竹壱青が下手クソと言われる理由とは?

 

ネットで大竹壱青選手を検索すると『下手』というキーワードが出てくるのだが、一体何故そんな事を言われてしまったのだろうか?

この真相について調べて見たいと思います。

 

そもそも、日本代表に選出されている方ですから、下手な訳が無いのですが・・・。

多少のミスはやっぱり人間ですからあると思います。

 

では、どうして下手といわれてしまったのか?

調べて見ました!

 

調べて見たところ、大竹壱青選手が下手と言われている理由が何処にも書いていないんですよね。

どのようなプレーに対して下手と思われているのか?

過去にそのようなプレーがあったのか?

真相は分かりませんでしたが、色々な意見の方がいますので、大竹壱青選手のプレーに対して感じ方も違いますので、下手と思う方もいれば、上手いと思う方もいるという事ですね。

 

色んな方の意見も当然ありますが、やはりプレーで黙らせるしかないですね!

ワールドカップや2020年の東京オリンピックもありますので、素晴らしいプレーを期待したいですね!

スポンサードリンク


 

大竹壱青のまとめ

 

バレーボール日本代表の大竹壱青選手について記事を更新しました。

身長201cmという恵まれた体格で、今後も期待される選手です。

2020年の東京オリンピックまで、どこまで成長できるのか?

同級生の石川祐希選手と競い合い、さらにレベルアップした大竹壱青選手が見られるのを楽しみにしております。

 

父親も元日本代表の大竹秀之選手ですから、父親に続きオリンピック出場にも期待がかかります。

今後の大竹壱青選手には注目していきたいと思います。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク