大迫勇也の高校時代は鹿児島城西でプレー!シャイな男で照れ屋だった!

スポーツ

サッカー日本代表の大迫勇也選手について本日は記事更新していきます。大迫勇也選手は鹿児島城西高校でプレーし全国大会で準優勝し、1大会最多ゴールとなる10ゴールを決めて話題となった選手である。そんな大迫勇也選手の高校時代について調べてみました。

スポンサードリンク


 

大迫勇也の高校時代の成績

 

大迫勇也選手は鹿児島県の出身である。

高校も鹿児島城西高等学校へ進学し1年生からレギュラーとして活躍した。

どんな3年間だったのか調べてみました!

 

高校1年生時代

 

高校1年生からレギュラーを任されるとは、かなり期待されていた選手だったであろう。

それもそのはず、高校入学からU-16日本代表にも選出されていたのだ!

飛び抜けたサッカーセンスだったのでしょう。

 

高校2年生時代

 

2年生の時にはJFAプリンスリーグU-18九州1部で個人得点ランキング5位という成績を残した。前年同様にU-17日本代表候補にも選出されましたが、最終選考で落選してしまう。

FIFA U-17ワールドカップの出場を逃した。

最終選考まで残り落選とは、大迫勇也選手もかなり落ち込んだ事でしょう。本人も前年にUー16日本代表に選出されており、今回も日本代表に選出されるだろうと思っていたと思います。

 

高校3年生時代

 

3年生の時は鹿児島県高校総体サッカー競技大会の決勝では鹿児島実業高等学校を相手に5ゴールを決めて優勝に大きく貢献した。

決勝戦で5ゴールとは、精神的にも強く無いと中々5ゴールは決める事はできないのではないでしょうか?

決勝戦ですから相手が弱いとは思えないので、この5ゴールは凄いと思います。

 

JFLプリンスリーグU-18九州1部の8試合では10ゴールを決める大活躍を見せる。

得点ランキングも1位を獲得した。

 

9月に行われた、高松宮杯全日本ユース選手権大会の準々決勝、ガンバ大阪ユース戦ではハットトリックを決める活躍でチームを勝利に導いた。

この年の秋に行われた高校サッカー選手権鹿児島大会では5試合で11得点を決める活躍で鹿児島県大会3冠を達成した。(新人戦・高校総体・選手権)

 

そして、第87回全国高等学校サッカー選手権大会では大会史上初となる4戦連続2得点を挙げた。

今大会で通算10ゴールを奪う歴史を塗り替えた選手でもある。

1大会10ゴールは現在の高校サッカー選手権大会の記録保持者である。

10ゴール達成の動画があるので見てみましょう。

 

 

相手選手数名に囲まれながらも、シュートを決める大迫勇也選手は安定感が感じられる選手でしたね。

これだけ有名な選手でしたから、相手チームのマークも半端なかったと思いますが、プレッシャーにも耐えてのこのゴールは素晴らしいの一言であります。

スポンサードリンク


 

大迫勇也の高校時代の性格は?

 

高校時代の大迫勇也選手は意外にもおとなしい性格だったそうです。

しかし、サッカーの試合になると内に秘めた気持ちを全面に出すプレーヤだったそうです。

優しい性格だったそうで、恐らく女性にもモテたのではないでしょうか?

イケメンですからね!

 

大迫勇也の性格を調べてみると『シャイな性格』『九州男児』などと出てくるがあまり口数は多くない性格のようです。

以前は日本代表選手との会話も少なく、チームメイトからは『クソ見たいな奴』と思われていたようです。

今は、『イイやつになった』と言われているようですが、何か心境の変化でもあったのでしょうか?

年齢を重ねるに連れて、大人になったという事かも知れませんね。

この動画もキレキレの大迫勇也選手のゴールが!

 

大迫勇也選手の関連記事

 

スポンサードリンク


 

大迫勇也の高校時代のまとめ

 

 

輝かしい成績を収めた大迫勇也選手の高校時代ですが、性格もシャイで照れ屋さんとの事でした。

しかし、性格も穏やかで優しい性格だったそうです。

益々応援したくなってしまいますね!

 

ロシアワールドカップに出場する大迫勇也選手ですが、世界の強豪相手に何ゴール奪えるか?今から楽しみにしています。

何とか予選を突破して決勝トーナメントへ進出できるように、頑張って欲しいと思います。

頑張れ大迫勇也!!!

本日は最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

スポンサードリンク