大迫勇也の子供時代から高校時代はどんな子だった?部屋を変えて欲しいと苦情も

スポーツ

今や日本代表には必要不可欠な選手である大迫勇也選手ですが子供時代はどんな感じの子供だったのでしょう?やはり毎日サッカー漬けの暮らしだったのか?幼少期から高校時代までの大迫勇也選手についてブログを書いていきます。

スポンサードリンク


 

大迫勇也のプロフィール

 

 

名前:大迫勇也

生年月日:1990年5月18日生まれ

出身地:鹿児島県加世田市

身長182cm

体重:73㎏

出身高校:鹿児島城西高等学校

出身大学:中央大学

 

鹿島アントラーズ   2009~2013

1860ミュンヘン  2014

FCケルン        2014~2018           

ブレーメン      2018

 

スポンサードリンク


 

大迫勇也の少年時代はどんな子供だった?

 

大迫勇也選手はサッカーを3歳の頃からスタートしている。加世田市のスポーツ少年団に入りサッカーをしていた。

中学進学はプロ入りを視野に入れ、本格的にサッカーができる環境を選び、鹿児島育英館中学校に進学した。

この鹿児島育英館中学校ですが、特進コースと体育コースがあり大迫勇也選手は体育コースに入学している。

特進コースを選択した場合は、鹿児島育英館高校へ進学し、体育コースを選択した場合は鹿児島城西高校への進学となる。

珍しい学校であります。

勿論、大迫勇也選手は体育コースを選択し高校は鹿児島城西高校へ進学した。

 

鹿児島城西高校時代では1年生からレギュラーで活躍しU-16日本代表選手にも選出されている。

1年生からレギュラーは凄い事ですね。

1年生と3年生では体格の差がかなりあると思いますし、それを克服しレギュラーを任されることは、サッカーの技術が素晴らしかったという事でしょう。

高校3年生の第87回全国高等学校サッカー選手権大会では10ゴール10アシストを決めて準優勝に大きく貢献した。

この大会の記録10ゴールは歴代1位の記録であり、未だに破られていない。

高校サッカー界では伝説のプレーヤーとなっている。

スポンサードリンク


 

大迫勇也の徹底した体調管理がヤバイ

 

高校時代の大迫勇也選手は体調管理にも非常にしっかりと管理していたと元コーチが話しているのが印象に残りました。

鹿児島から福岡へ遠征に行くときにバスで4時間かかるところ、他の選手は寝るけど大迫勇也選手は一切寝ない。

コーチが何故寝ないのか尋ねたところ、『寝ると動きが悪くなるから』このようにコーチに話したそうです。

 

私が高校時代にバスで遠征に行くときは爆睡していました・・・。

サッカーに対する意識の違いが既にバスの中から意識していたんだと思います。

世界で活躍するには細かい所もしっかりと管理していかなければ結果は出ないんだなーと思いましたね。

 

それから、遠征先の宿舎で他の選手からクレームがあったと言います。

理由は、大迫勇也選手が寝る時にクーラーを付けないので、他の選手が寝られないとクレームを言ったそうです。

確かにクーラーを付けて寝ると体調が悪くなる時がありますからね。

しかし、他の選手は耐えられなかったという事で、先生に部屋を変えて欲しいと話したそうです。

自己の体調管理をしっかりと行っていた大迫勇也選手、やはり他の選手とは一線超えていた少年だった。

元コーチの動画はこちら

 

勉強の方も優秀な人物だったそうです。

サッカーを中心に考えていた大迫勇也選手。

テストの成績が悪いと居残り授業や追試で時間がとられ、サッカーをする時間が無くなることを避けたいとの事で、勉強もしっかりとやっていたそうです。

提出物もしっかりと提出し真面目に高校時代は過ごしていたそうです。

なんか、大迫勇也選手は素晴らしいですね。

尊敬します。

スポンサードリンク


 

 

大迫勇也のまとめ

 

少年時代からサッカーに対する思いは、他の選手よりも考え方が一歩抜けていた。

体調管理もしっかりとして、常にサッカーに対し意識を持って生活していたのだと思います。

育てた、大迫勇也選手のご両親も素晴らしい人物だと思います。

ロシアワールドカップのコロンビア戦で先発出場し、決勝ゴールをたたき込んだ大迫勇也選手。

次の試合も、勝利を呼び込むゴールを期待しております!

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク