奥川恭伸(星稜)ドラフト指名は?ゆったりと投げて最速150キロ!

高校野球

ドラフト注目選手、星稜高校野球部の奥川恭伸投手ですが2年生ですがU-18日本代表選手に選ばれました。私が初めて奥川恭伸投手を見たのは第100回全国高校野球選手権記念大会をテレビで観戦しましたが、正直この投手が2年生と知った時、この投手はいい意味でヤバイなと思いました。本日は奥川恭伸投手についてブログを更新します!

スポンサードリンク


 

奥川恭伸(星稜)のプロフィール

 


名前:奥川恭伸 (おくがわ やすのぶ)

生年月日:2001年4月16日生まれ

出身地:石川県かほく市

出身中学:かほく市立宇ノ気中学校

身長:183cm

体重:82㎏

投打:右投げ右打ち

中学時代の奥川恭伸投手はボーイズやシニアには所属せず、地元の中学校で軟式野球部で活躍した。

中学3年生の夏には全国大会で優勝する経験を持つ。

最近の高校球児は中学校の野球部には所属せず、ボーイズやシニアで野球をする選手が多い中、奥川恭伸投手は軟式野球部の出身と珍しいタイプの投手である。

スポンサードリンク


 

奥川恭伸(星稜)U-18日本代表選手に選ばれる!

 

第12回BFA U-18野球選手権大会に出場する日本代表選手18名の発表が行われた。

3年生の選手が選出される中、奥川恭伸投手が2年生ではただ一人選出された。

因みに、2017年度のU-18日本代表選手では2年生は2名選出されており、2018年は1名少ない人数での選出となっている。

しかし、第100回全国高校野球選手権記念大会での2年生投手の活躍が非常に目立った今年の甲子園ですが、その中でも奥川恭伸投手が150キロの速球を投げて、2年生の中では最速の投手である。

私の中では奥川恭伸投手はこの先も期待している選手ですが、もう一人創志学園の西純矢投手も同じく期待している投手であります。

西純矢投手も同じ2年生投手で、あのガッツポーズを注意された投手ですね。

西純矢投手も来年どんな投球をするのか非常に楽しみな投手でありますが、一次選考には選ばれておりましたが、惜しくも最終選考には選ばれませんでした。

U-18日本代表選手の投手部門では奥川恭伸投手を含めて、合計8投手が選ばれました。

選ばれたからには、何処かで投げると思いますが今度は日の丸を背負って投げますので、甲子園とは又違った感覚で投げると思います。

他の投手も非常にレベルの高い投手ばかりですので、2年生ですが他の投手に負けないピッチングをしてほしいと思います。

スポンサードリンク


 

奥川恭伸(星稜)はドラフト候補で上位指名も予想される投手

 

第100回全国高校野球選手権記念大会でストレートの球速150キロをマークした奥川恭伸投手です。

速球派の投手でありますが、ゆったりとしたフォームで投げ込んできます、迫力のないフォームで150キロや140キロ後半の速球を投げ込みます。

正直言ってテレビで観ていると130キロ後半の球速に見えました。

最初はスピードガンが間違っているのではないかと疑っていた事は事実です。

でも、恐らく手元で伸びてるんでしょうね。

第100回全国高校野球選手権記念大会では1試合と4回を投げて11奪三振を奪い、四死球もわずか1個と、非常にコントロールの良いピッチャーという印象を受けました。

第100回全国高校野球選手権記念大会での投球動画を見てみましょう。

MAX150キロは後半10:26分辺りから見れば一番良いと思います。

速いストレートの後のスライダーやチェンジアップがかなり有効で、打者もバットに当てるのが精一杯な状況でした。

2年生で150キロですから、3年生になったらどれだけのストレートを投げるのでしょうか?

今から非常に楽しみな選手であります。

恐らく来年のドラフト上位候補間違いないと思います。

スポンサードリンク


 

奥川恭伸(星稜)のまとめ

 

U-18日本代表選手に選出された奥川恭伸投手ですが、この大会に出場しこれからの野球人生に確実にプラスになると思います。

これから先のセンバツ高校野球大会、夏の選手権大会で更に進化した奥川恭伸投手を期待したいですね!

本日は最後までお読みいただきありがとうございました!

下記にも高校野球関連の記事がありますので、是非お読みください!

スポンサードリンク