小川浩監督(富岡西) 経歴や指導方針は?テストで赤点はベンチ入りできない!

高校野球

富岡西高校野球部監督である小川浩監督はどんな経歴の持ち主なんだろうか?2019年選抜高校野球大会に21世紀枠として富岡西高校野球部を甲子園に導いた。プロフィールや指導方針など気になる情報も調べて見たいと思います。そして21世紀枠に選ばれた理由にも迫ってみたいと思います。





スポンサードリンク


 

小川浩監督のプロフィール

 

名前:小川浩 (おがわ ひろし)

生年月日:不明

出身地:不明

出身高校:富岡西高等学校

出身大学:国学院大学

職業:国語教諭

 

小学校4年生から野球を始めた小川浩監督は富岡西高等学校の出身である。

富岡西高校野球部時代にはエースで臨んだ高校3年生の時にはベスト4まで進出している。

甲子園出場は叶わなかった。

富岡西高校を卒業後は国学院大学へ進学し、母校である富岡西高校へ戻り就任1年目にして県秋季大会準優勝を成し遂げ、初の四国大会出場を果たした。

富岡西高校野球部は3度目の21世紀枠候補に選ばれて、2019年選抜高校野球大会に出場が決定した。

スポンサードリンク


 

小川浩監督の指導方針について

 

さて、2019年の選抜高校野球大会に21世紀枠として出場が決定した。

21世紀枠と言っても、野球のレベルも高いし大会を勝ち抜いてきている学校なので、それ程弱いチームとは思っていない。

逆に甲子園に出場しても、強いチームを負かせてやろうと言う気持ちで望めるので、気持ち的にも楽に試合に出場できるのではないでしょうか?

 

さて、気になる小川浩監督の指導方針について調べて見たところ以下の事がわかりました。

 

『テストで赤点を取った部員はベンチ入りから外す』

文武両道で野球部を指導してきた小川浩監督です。

このように赤点を取ってしまうとベンチ入りできなくなってしまうので、選手達も必死に勉強するそうです。

 

でも、こうゆう野球部もいいなーって思いますね。

私が高校球児だった頃は、野球だけやっていれば高校を普通に卒業できたんです。

ですから、勉強が全然出来なかった・・・。

今思えば、もっと勉強しておけばよかったなと・・・。

 

富岡西高校野球部のように勉強も野球も必死にやる事で、何をするにでも必死に食らいついて行く精神が養われるような気がします。

今後社会に出た時に高校時代にやってきたことが、絶対に役に立つと思います。

 

あーなんか、野球もいいですが、勉強する学ぶっていいなーって思いますね。

中々社会人になってから勉強するって事が無いので。

高校生でも社会人でも勉強はできます。

後は行動に移せるかどうかですね。

富岡西高校野球部のように私も勉強したくなってきました。(笑)

 

もう一つ、小川浩監督の指導方針があります。

それは、『ノーサイン野球』

試合中も基本的にサインは出さないようです。

 

サインは出さないが、判断を選手に負かしているそうです。

選手の自主性を重んじる指導法だそうです。

富岡西高校野球部の練習メニューも基本的に選手が決めるそうです。

 

要するに、自分たちで考える野球を選手に目指して欲しいという思いなんだそうです。

以前、小川浩監督が耳にした『野球部出身者は指示待ちだ』この言葉が今の指導方法にある。

確かに、私の高校球児の時代を思い返してみると、監督やコーチから言われた事しかしていなかった。

逆にサボることしか考えていなかったように思います。

どうしたら楽にできるかを考えて練習をしていたように思います。

 

自分たちで率先して行動することの大事さ。

自分たちで考える事。

失敗しても良いんですよね。

失敗しないと分からないし、失敗した分は次に成長させる事が出来ますから。

 

先程、ノーサイン野球と書きましたが、試合のここ一番の場面では監督から指示が出るそうです。

甲子園では監督がサインを出す頻度が高くなるほど、富岡西高校野球部が勝つ確率も高くなると思います。

どんな時にサインを出すのか、テレビ中継でも少し楽しみに見て行きたいと思います。

スポンサードリンク


 

小川浩監督のまとめ

 

本日は富岡西高校野球部の小川浩監督について記事を更新しました。

2019年選抜高校野球大会に21世紀枠として出場する富岡西高校野球部ですが、どんなプレーで甲子園を沸かせてくれるのか?

非常に今から楽しみにしております。

先ずは、甲子園で1勝を掴み取って欲しいと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも高校野球関連の記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク