緒方孝市の自宅にラジオ局から電話が入る!不倫妻詐欺被害の真相は?

プロ野球

 

広島東洋カープの緒方孝市監督の自宅にラジオ局から電話が入り、事件が明らかになった。緒方孝市監督の妻である緒方かな子さんが『不倫妻詐欺』の被害に遭ったという事件が本当に起きたそうです。今回はこの事件の詳細についてブログを更新していきたいと思います。

スポンサードリンク


 

緒方孝市のプロフィール

 

 

名前:緒方孝市 (おがた こういち)

生年月日:1968年12月25日生まれ

出身地:佐賀県鳥栖市

出身高校:佐賀県立鳥栖高等学校

身長:181cm

体重:80㎏

投打:右投げ右打ち

ポジション:外野手

 

緒方孝市監督の鳥栖高等学校時代は甲子園出場経験は無いが、3年の春には九州大会でベスト8に入る。

3年生の最後の夏の佐賀大会では、ベスト4迄進出するが夢の舞台に立つ事は無かった。

県のベスト4迄勝ち進むという事は、凄い事ですし、ここまで勝ち進みあと一歩というところで負けてしまった訳ですから、緒方孝市監督も非常に悔しい思いをした事でしょう。

でも、私も高校球児でしたので色々分かりますが、高校野球で経験した事は社会や人生で非常に役に立ってるので、子供にもやらせてあげたいとは思っています。

子供がやりたいと言った場合にですがね(笑)

 

少し話が逸れましたが、そんな高校時代を過ごした緒方孝市監督ですが、1986年のドラフト会議では広島東洋カープから3位で指名された。

引退までずっと広島東洋カープ一筋でプレーした選手でもあります。

 

ちょっと意外だったのが緒方孝市監督の通算本塁打数は241本なんですよ。

思ったより本塁打を打っているんですよね。

1999年には36本の本塁打を放っている。

私の緒方孝市監督の選手時代のイメージはそんなに本塁打を打っているイメージがなかったのでちょっと意外でした。

スポンサードリンク


 

緒方孝市監督の自宅に手紙が送られてきた事件の詳細

 

 

緒方孝市監督と中條かな子さんが結婚したのは1996年のオフだった。

その後の中條かな子さんは芸能界を引退し広島にて細々とローカル番組に出演するくらいの仕事をしていたそうです。

そして、地元ラジオ局のスタッフから自宅に電話が入り、『緒方かな子は不倫ばかりしている』このような手紙がラジオ局に届いたとの事です。

怖いですよね、いきなり不倫もしていないのにこのような嘘の手紙が届くのも。

自分にもしこのような手紙が届いた場合、怖くて外にも出ることができないくらい、恐怖心が襲ってきそうです。

 

さらに所属事務所からも連絡があり、『かな子が会いたいといっているから来た』

『大金を騙し取られた』このように被害を訴える男性が複数現れたそうです。

このような事が続き、『緒方かな子は不倫妻』という噂がひろまってしまい、さらには『不倫妻詐欺』のレッテルを貼られるようになった。

 

さらに緒方孝市監督の広島東洋カープの球団にも『脅迫文』が届いたとの事。

その後この事件を探ったところ、出会い系サイトに辿り着いたそうです。

本当に怖いと思います。

自分の名前を勝手に利用されたりもしたそうですから、本当に気の毒ですね。

 

しかし、犯人は捕まっていないようです。

このような脅迫文章などは恐らく芸能人には何通も届いているのかも知れません。愉快犯ですので、刺激すると更に過激に仕掛けてくると思われます。

命の危険が無かっただけ、良かったのかも知れませんね。

スポンサードリンク


 

緒方孝市監督のまとめ

 

本日は緒方孝市監督の自宅に手紙が送られてきた事件についてブログを更新しました。

結局、犯人は捕まっていないようですが、このような事をする人間はやっぱり普通ではないですね。

とにかく怪我などが無くて良かったと思います。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも野球関連の記事がありますので、是非お読み下さい!

スポンサードリンク