小田康一郎(中京学院大中京)の出身中学やシニアは?父親や母親について

高校野球

 

岐阜・中京学院大中京高校野球部の小田康一郎選手について調べて見たいと思います。2019年の第101回全国高校野球選手権大会で1年生ながらレギュラーとして活躍している選手の一人であり、中京学院大中京のクリーンナップを打つ選手である。気になる出身中学やシニア、父親や母親について調べて見たいと思います。





スポンサードリンク


 

小田康一郎のプロフィール

 

 

名前:小田康一郎 (おだ こういちろう)

生年月日:2003年8月15日生まれ

出身地:東京都八王子市

身長:170cm

体重:90㎏

投打:右投げ左打ち

出身シニア:八王子シニア

出身中学:八王子市立四谷中学校

出身高校:中京学院大中京高等学校

 

小田康一郎選手は保育園の年長から八王子リトルシニアで野球を始める。

中学時代は八王子シニアに所属。

高校は岐阜・中京学院大中京に進学し1年生からレギュラーとして活躍し、2019年夏の甲子園でもサードで出場。

スポンサードリンク


 

小田康一郎の中学時代は

 

小田康一郎選手の中学時代はどんな選手だったのでしょうか?

気になりますね。

 

【八王子シニア時代の主な成績】

2017年リトルシニア全国野球選抜大会にて準優勝。

2017年リトルシニア日本選手権大会では3回戦敗退。

2018年リトルシニア全国野球選抜大会1回戦敗退。

2018年リトルシニア日本選手権大会2回戦敗退。

 

このように中学2年生と3年生の時には全国大会へ出場している。

 

 

中京学院大中京ではサードを守っておりますが、八王子シニア時代は投手だったようですね。

あれだけの打者ですから、高校では野手として進むのか?

それとも、今後は投手もするのでしょうか?

 

スポンサードリンク


 

小田康一郎の凄いバッティング!

 

名門中京学院大中京高校野球部で1年生からレギュラーとして活躍しているが、2019年夏の岐阜大会予選では背番号20番としてベンチ入り。

岐阜大会では6試合全てに出場するという、監督の信頼も厚いのだろう。

 

岐阜大会ではチーム1位の打率.632をマークし12安打もチームトップである。

中々1年生からこのような成績を残せるのは非常に難しいと思いますが、技術も凄いですが、精神面も非常に強いのだろう。

1年生ですから、先輩に遠慮する事もあると思いますが、甲子園での打席を見ていると全く1年生とは思えない風格があり、大物になる予感がしますね。

 

 

岐阜大会決勝で同点タイムリーヒットを放った小田康一郎選手です。

あの場面であのバッティングができる精神力が凄いです!

とても1年生には見えません。

とんでもない1年生だと思いますね。

 

 

甲子園でのバッティングも同じく、チャンスであのバッティングはエグイですね!

パワーもあり、打球も強いです。

非常にバッターボックスで落ち着いていますし、オーラが出まくってますね。

非常に勝負強いバッターだと思いますし、正直1年生であのバッティングは他では見た事がない位ですね。

スポンサードリンク


 

小田康一郎の父親や母親について

 

気になる小田康一郎選手のご両親についてですが、父親は康彦さんと言います。

八王子リトルシニアで監督を務めているそうです。

小学校時代は父親が監督として一緒に野球をしていたんですね。

 

母親についてですが、情報がありませんでした。

あるプロ野球のスカウトの方が話していましたが、選手の母親がどんな方なのかも見ているそうです。

運動能力は母親から遺伝するとかしないとか、言っておりました。

スポンサードリンク


 

小田康一郎のまとめ

 

本日は岐阜・中京学院大中京の小田康一郎選手について記事を更新しました。

現在1年生ですが、この先2年生・3年生になった時にどんなバッターになっているのか?

本当に楽しみな選手です。

これから先、体も一回り二回り大きくなって甲子園で活躍する姿も見てみたい選手の一人です。

今後の小田康一郎選手には注目していきたいと思います。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク