野村祐輔と小林誠司は高校時代の準優勝バッテリーだ!あの疑惑の判定を検証!

プロ野球

広島東洋カープの野村祐輔投手と読売巨人軍の小林誠司の関係はみなさんもご存じだと思いますが、広陵高等学校時代のバッテリーです。この広陵高等学校時代では春はベスト8、夏は準優勝に輝いている。この二人のバッテリーが経験した疑惑の判定について調べてみました。

スポンサードリンク


 

野村祐輔のプロフィール

 

 

名前:野村祐輔 (のむら ゆうすけ)

生年月日:1989年6月24日生まれ

出身地:岡山県倉敷市

身長:177cm

体重:84㎏

投打:右投げ右打ち

ポジション:投手

出身高校:広陵高等学校

出身大学:明治大学

 

野村祐輔投手は小学校1年生の時に野球を始めた。

小学校6年生の時には県大会で準優勝に貢献した。

中学生になると地元の硬式野球チーム倉敷ビガーズで活動し、投手を務めて西日本大会で優勝に貢献している。このチームでは主に2番手投手として活躍していたそうです。

中学3年生になると地元の強豪校に進学が決まりかけていたが、広陵高等学校の練習を見学に行き、練習風景や先輩の選手を見て広陵高等学校の入学を決意したそうです。

 

広陵高等学校では1年生からベンチ入りしており、かなり期待されていた選手だったのだろう。

高校時代の成績は選抜でベスト8に入る活躍、夏の選手権大会では決勝戦まで進んだが逆転満塁本塁打を打たれ、惜しくも準優勝という結果となった。

高校卒業後は明治大学商学部に入学。

1年生の春から登板し4年生の時には明治神宮大会で優勝するなど貢献している。

大学生でようやく日本一を勝ちとった。

 

そして、2011年のドラフト会議では広島東洋カープに1巡目で指名された。

契約金1億円、年俸1500万円で契約した。

スポンサードリンク


 

野村祐輔と小林誠司が甲子園で首を傾げたあの判定とは

 

広島東洋カープの野村祐投手と読売ジャイアンツの小林誠司捕手は高校時代に広陵高等学校でバッテリーを組んでいた。

夏の選手権準優勝バッテリーである。

私もあの決勝戦はテレビ観戦しておりましたので、今でも覚えています。

試合内容も決勝戦に相応しい素晴らしい試合だったと思っておりますが、球審の判定に疑問も残る試合だったと思っております。

テレビで見ていて完全にストライクだと思ったボールが判定はボールの判定でバッターはフォアボールになった。

映像でも分かりますが、野村祐輔投手は『えっ!ボール』見たいな顔をしておりますし、キャッチャーの小林誠司捕手もキャッチャーミットを悔しさのあまり地面に叩きつけています。

 

 

ストライク、ボールの判定は球審が一番近くで見ているので何とも言えませんが、テレビで見ていてあのボールはストライクでも良かったんじゃないかと私は思っております。

動画で見て貰えば分かりますが、1アウト満塁で押し出しのフォアボールとなり4-1になり、その次の打者に逆転満塁ホームランを打たれます。

まあ、あの打者を三振に打ち取っていても2アウト満塁ですから何とも言えませんが、野村祐輔投手の心境は少しは変わっていたのかも知れません。

でも、あの場面で満塁ホームランを放った佐賀北高等学校の打者が良く打ったと思います。

なかなか決勝戦で満塁ホームランなんて打てないと思います。

野村祐輔投手よりも佐賀北高等学校の打者の気持ちが上回ったって事でしょうね。

 

高校野球には数々の誤審が過去にもありましたが、ストライクとボールの判定は本当に紙一重だと思います。

ビデオ判定など導入すれば精度も高くなると思いますがどうなんでしょうか・・・。

スポンサードリンク


 

野村祐輔のまとめ

 

本日は広島東洋カープの野村祐輔投手と読売ジャイアンツの小林誠司捕手の高校時代についてブログを更新しました。

高校3年生最後の試合が甲子園での決勝戦となったが、目の前にまで来ていた優勝がするりと逃げて行った。

一生あの試合は忘れることはないだろう。

しかし、あの試合があったからこそ今があると思います。

今後の野村祐輔投手の活躍に期待したいですね!

怪我だけは注意して欲しいと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも野球関連の記事がありますので、是非お読み下さい!

スポンサードリンク