野上友一監督(常翔学園)の経歴や指導方法は?寮やグランドについても調査!

高校ラグビー

常翔学園高等学校ラグビー部の監督である野上友一監督について調べて見たいと思いますが、経歴や指導方法はどのような監督なんでしょうか?全国でも強豪校ですから、厳しい練習方法なのか?そして、常翔学園高校ラグビー部には寮はあるのか?そしてグランドについても調べていきたいと思います。





スポンサードリンク


 

野上友一監督のプロフィール

 

 

名前:野上友一

生年月日:1958年6月16日生まれ

出身地:大阪市

出身高校:大阪工大高等学校(現:常翔学園高等学校)

出身大学:大阪経済大学

職業:社会科教諭

 

野上友一監督の現役時代のポジションはプロップ、フッカー。

平成2年から監督を務め、部長を経て再び平成23年から監督に復帰している。

スポンサードリンク


 

野上友一監督の指導方法について

 

全国でも強豪校と言われる常翔学園高校ラグビー部ですが、野上友一監督はどのような指導方法なのであろうか?

やはり、練習方法にも他とは違う取り組みをしているのだろうか?

気になったので調べて見たいと思います。

 

1990年に監督に就任した野上友一監督は、当初は『熱血指導』をしていたそうで、まあ昔良くある感じの指導方法だったそうです。

俺についてこい!根性論的な練習方法だったのだろう。

 

しかし、1995年に優勝してからは、低迷期に入り、その指導方法では中々結果が付いてこなかったそうです。

しかし、ニュージーランド遠征に行った時に、気付きがあったそうです。

 

ニュージーランドでは、生徒とコーチがフレンドリーな関係だったそうで、日本とは随分違うと感じたそうです。

そのコーチに良いプレーとはどんなプレーなのか、聞いたところ『上手くいったプレーが良いプレーだ。』

この言葉に野上友一監督は、はっと思ったそうです。

 

自分が良いと思うプレーを生徒に求めていた事に気付いたそうです。

型にはめるような指導は辞めて、生徒には自分達のプレーをするようにと話したそうだ。

それから、チームは変わり、段々と強くなっていったそうです。

 

なるほどですね。

昔は監督が怒鳴り、選手に圧力をかける指導方法も多かったと思いますが、現在はそのような指導方法は少なくなってきている。

時代の移り変わりと共に、練習方法や指導方法も明らかに変化してきている。

 

やはり選手に押し付ける練習方法では、伸びるところも伸びなくなってしまうんでしょうね。

やはり監督の指導方法一つで、チームはガラッと変わってしまうと思います。

スポンサードリンク


 

常翔学園ラグビー部の寮やグランドについて

 

気になる常翔学園高校ラグビー部には寮はあるのか?

調べて見たところ、寮は完備されていないようですね。

ですから、自宅からの通学となるようです。

 

全国でも強豪校として有名な学校ですが、寮が無いのも少し意外でした。

逆に、寮が無くても全国大会で上位進出するのは凄いですね。

 

それから常翔学園高校ラグビー部のグランドについてですが、どのような設備があるのでしょうか?

他校では人工芝を完備している学校もいますが、常翔学園はどうなのでしょうか?

 

ラグビー部のグランドは学校近くの淀川河川敷に専用グランドがあるようです。

 

 

グランドは人工芝では無く、土のグランドなんですね。

強豪校のグランドは人工芝になっている学校も多いですが、常翔学園ラグビー部は土のグランドのようですね。

スポンサードリンク


 

野上友一監督のまとめ

 

本日は常翔学園高校ラグビー部の野上友一監督について記事を更新しました。

高校ラグビーでは、常に上位進出しており、野上友一監督の指導力も素晴らしいものがあります。

そろそろ花園で常翔学園高校ラグビー部が優勝するような気がしております。

 

2020年の花園では現在ベスト4に残っております、この大会ではAシードとして臨んでおりますので、優勝する可能性も高いと見ております。

試合結果がどうなるのか?

野上友一監督の作戦に注目ですね!

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク