西谷浩一監督のベビースターラーメンは藤浪晋太郎から 毎年体重が増加でヤバイ!

高校野球

大阪桐蔭高校野球部の西谷浩一監督の大好物と言われているベビースターラーメン。毎年阪神の藤浪晋太郎選手から差し入れられている物であるが、一体どの位の量が差し入れられているのか、調べてみました。ベビースターラーメンばかり食べていると体重増加も気になる所ですね!

スポンサードリンク


 

西谷浩一監督のベビースターラーメンの差し入れはいつからスタート?

 

阪神の藤浪晋太郎選手、元大阪桐蔭高校野球部のOBからのベビースターラーメンの差し入れは一体いつ頃から行われているのか?

チョット調べてみました!

色々ネットで調べて見たところ、ベビースターラーメンの差し入れが始まったのは2014年からだそうです。

藤浪晋太郎選手が春夏連覇を達成したのが2012年ですからプロ入りして2年目からベビースターラーメンの差し入れがスタートしたと思われます。

このブログを書いているのが2018年の7月ですから、計算すると約4年間もベビースターラーメンを大量に西谷浩一監督へ送り届けている事になります。

西谷浩一監督も藤浪晋太郎選手からのプレゼントを非常に喜んでいると思われます。プレゼントされた時の喜びの顔をどうぞ!

 

凄い数のベビースターラーメンです!

毎年過去最高のベビースターラーメンの数を差し入れしている藤浪晋太郎選手ですが、過去の差し入れ画像もありましたので掲載しておきます。

 

 

これまでに分かっているベビースターラーメンの差し入れの数は以下の数量であるらしいですが、物凄い数のベビースターラーメンです。

2016年 600個

2017年 750個

2018年 780個

 

もう一つ気になったのが下記のベビースターラーメン専用サーバー!

 

このベビースターラーメン専用サーバーですが調べて見たところ約900gのベビースターラーメンが収納できるとの事ですから、1袋23g入りですので約39袋のベビースターラーメンを収納できるようです。

それでも入りきらないベビースターラーメンは本当に西谷浩一監督が全てご自身で食べるのでしょうか?

選手にお裾分けとかあるのでしょうか?

 

チョット余談ですが、大阪桐蔭高校野球部の寮には自動販売機があるらしいが、炭酸飲料は置いていないようです。

このような環境ですので、ベビースターラーメンを選手に食べさせることはしないで、全てご自身で食べていると思われます。

あの西谷浩一監督のお腹はベビースターラーメンが積もり積もってできたお腹なのかも知れません。

 

西谷浩一監督の年齢も現在48歳なので、このままあの体形で過ごして行くとかなり健康面で良く無い事が起きそうです。

おそらく選手や父兄からも西谷浩一監督の体の心配は話題になっていると思われます。私も直接お会いした事はありませんが、甲子園の映像などを見ていても、健康面で少し心配です。

藤浪晋太郎選手も来年からは西谷浩一監督がダイエットできる食べ物に変更しても良さそうな気がしますね。

来年はどうなるのか?楽しみの一つでもあります。

スポンサードリンク


 

西谷浩一監督の健康面を選手が心配している

 

ある記事を読んだのですが、大阪桐蔭高校野球部の選手達が西谷浩一監督の体調を心配して、ベビースターラーメンを教官室から盗み食いしているとの事。

これは、西谷浩一監督のダイエットを目的として行っているという噂。

西谷浩一監督はサラダなどを食べて、ダイエットにも取り組んでいるといいますが、ベビースターラーメンは飲むように食べていたと言います。

 

そして気になる西谷浩一監督の体重ですが125㎏程あるらしく、最近は内野ノックしかしてくれないようです。

これはどうゆうことか?

内野ノックをして体力を使い果たしてしまうのです。

内野ノックを打って、次に外野ノックをする体力が無くなっているという事。

 

外野ノックは別の人間が打っていると思いますが、48歳でその体力はヤバイですね。

本格的なダイエットが必要だと思います。

本日は大阪桐蔭高校野球部の西谷浩一監督についてでした!

下記にも大阪桐蔭高校野球部の注目選手の記事がありますのでどうぞ!

スポンサードリンク