西野監督は選手に謝罪するべきだったのか?監督継続論に大賛成!

スポーツ

ロシアワールドカップでポーランドに0-1で敗退したが、決勝トーナメント進出が決まった。問題となった後半終了間際の日本代表のパス回し。この決断をした西野監督は選手に謝罪するべきだったのか?監督継続論も出ている。私の意見も含めて、今回はブログを更新しました。

スポンサードリンク


 

西野監督は選手に謝罪するべきだったのか?

 

 

ロシアワールドカップの決勝トーナメント進出をかけてポーランドと戦った日本代表ですが、0-1と完敗してしまった。

しかし、コロンビアとセネガルの試合でコロンビアが負けていた為、西野監督の秘策で試合終了約10分前から自陣でのボール回しに徹する作戦に変更した。

私はリアルタイムでテレビ中継を見ていたが、長谷部誠選手が途中出場する前からボール回しをしていたような気がしました。

最初は何が起きたんだ???そんな気持ちでテレビ中継を見ていましたが、解説者がコロンビアとセネガル戦の途中経過でこのままの状況だと日本が決勝トーナメント進出できると話していたので、私もボール回しの意味がやっと分かりました。

正直な気持ち、見ているファンとしてはもう一点取りにいって欲しかった気持ちと、このままボール回しをして、試合終了のホイッスルが聞きたい気持ちが交錯していた。

結果は日本代表がポーランドに敗退しましたが、決勝トーナメント進出するという結果になりましたが、選手としても前に行きたい気持ちと、決勝トーナメントに行きたい気持ちが交錯していたに違いないと思う。

 

そんな選手達に試合後、西野監督が謝罪したというニュースがあった。

西野監督が選手に謝罪した内容はこちら。

「ブーイングのある中でピッチに立たせてしまった。勝ちにいく要求でなく、守りにいく要求をしてしまってすごく申し訳ない」。

 

西野監督も恐らくこのような戦術に出る事に方向転換した事は、悩んだ末の結果だっただろう。

コロンビアとセネガルの試合結果が変わっていれば、最悪の結末で日本代表が予選敗退のリスクもあった状況。

この状況であの決断ができる西野監督は素晴らしいと私は思うし、日本代表が目指すところは何処なのかを再確認できた試合だったと私は思いました。

ですから、西野監督は選手に謝罪しなくても良かったのではないかと思ったが、日本代表の選手やスタッフが進む方向を再確認する良い機会だったのは間違いないだろう。

 

しかし、監督というポジションも大変ですね・・・。

西野監督も体を壊さないようにして欲しいです。

スポンサードリンク


 

西野監督は日本代表監督を継続すべし!

 

ロシアワールドカップがまだ終わっていないのに西野監督の継続問題について話すのもなんですが、日本代表を決勝トーナメントに駒を進めた名将として西野監督には是非日本代表監督を継続して欲しいと思う。

西野監督はU-23日本代表監督時代にマイアミの奇跡として有名な、ブラジル代表を破った時の監督でもある。

西野監督はやはり、何か持っている人物なのだ。

 

話がロシアワールドカップに戻りますが、この大会でも何かやってくれそうな予感がプンプンするし、もしかしてロシアワールドカップ優勝もありうるかもしれない。

今回の大会では軒並み強豪国が敗退しているし、1試合ごとに日本代表チームの団結力が恐ろしく強くなっているのも、上位進出できると思う理由でもあります。

気が早いかも知れないが、次のワールドカップ2022年のカタールでの監督発表が気になる所です。

スポンサードリンク


 

西野監督のまとめ

 

ロシアワールドカップでの西野監督采配には色んな意見が飛び交っているが、私の意見は西野監督の采配で間違ってはいなかったと思う。

あの大舞台で、あの采配ですよ!

度胸あるし、選手の起用方法も絶妙なタイミングで交代する。

見ている方も何かワクワクする試合が私は好きかな。

だって、何かやってくれそうな感じがしますから、期待しちゃいますよね!

ベルギーに勝利して初のベスト8に進んで欲しいと願っています!

頑張れニッポン!

本日は最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク