西野監督の呪いとは魔の降格?名古屋やG大阪が降格したのは偶然か?

スポーツ

【こんな恐ろしい事が起きていたとは!】ロシアワールドカップの監督を務める西野朗監督ですが、呪われている噂があるのはご存じでしょうか?もしこの噂が本当であれば4年後のワールドカップに出場できなくなる可能性があります。では、西野朗監督の呪いとはどんなことなのか、見ていきましょう。

スポンサードリンク


 

西野朗のプロフィール

 

 

名前:西野朗 (にしの あきら)

生年月日:1955年4月7日生まれ

出身地:埼玉県浦和市

出身高校:埼玉県立浦和西高等学校

出身大学:早稲田大学

 

西野朗の監督歴

 

1991年~1992年 U-23日本代表

1994年~1996年 U-23日本代表

1998年~2001年 柏レイソル

2002年~2011年 ガンバ大阪

2012年       ヴィッセル神戸

2014年~2015年 名古屋グランパス

2018年       日本代表

 

 

スポンサードリンク


 

西野朗監督の呪いとは一体何なんだ?

 

 

【西野朗監督の呪い】何か怖いイメージしかありませんが、一体何の呪いなんでしょうか?調査してみました!

調査した結果は、縁起の良く無い事でした・・・。

選手もフロント側も全員が嬉しくない事だと思います。

 

呪いとは【降格】なのです。

西野朗監督は先程も書きましたが、Jリーグでの監督経験もあり、Jリーグでは合計4チームの指揮官として指導してきた人物である。

しかし、西野監督が監督を退任した翌年になるとJ1からJ2へ降格するという不運となっている。

実際には名古屋グランパスとガンバ大阪とヴィッセル神戸が西野監督退任後の翌年にJ2へ降格が決まってしまった。

要するにこの件が『西野監督の呪い』と言われている。

 

1件なら偶然と言えるが、3件も実際にこのような事態になっているので、本当に何かに呪われているのか?

 

次も同じことが起きるのではないかと私は思ったりするのですが、西野朗監督は現在ロシアワールドカップ日本代表の監督を務めている。

もしも、西野朗監督の呪いがあるのであれば、今回のワールドカップが終了し監督を辞任した場合に4年後のワールドカップに日本代表は出られない事態になる恐れがある。

そうなるのもサッカーファンからしてみれば辛い所であります。

 

じゃあ、どうするのが一番最善な方法なのか?ここを考えて見た結果、西野朗監督を辞任させず、日本代表の監督を継続させる方向が一番良い方法なのではないか。

私はそう思った。そうする事で、西野朗監督の呪いから解放することができるのではないかと考えた次第です。

 

ロシアワールドカップの日本代表の予選突破も気になる所ですが、西野朗監督の日本代表監督としての進退問題も非常にきになるところであります。

今回のロシアワールドカップ直前のハリル監督の電撃解任もあったように、次の日本代表監督は誰になるのか?

日本人?それとも外国人?

もしかしたら、水面下で話がまとまっているのかも知れません。

スポンサードリンク


 

まとめ

 

今回は日本代表監督である西野朗監督について記事を更新しました。

西野監督が監督を務めたチームが降格してしまうなど、呪いなどとジンクス的な事が囁かれているが、実際の所は西野朗監督に問題は無いし、本当に偶然がかさなってしまった、と言う事になりました。

でも、ここまで高確率で同じ事が起きるとは・・・。

 

意外な西野朗監督ですが、何かを持っている監督かもしれませんね。

ロシアワールドカップでは初戦で強豪コロンビア相手に勝利を納めている。

次の試合も日本代表が勝利すれば、決勝トーナメント進出も射程圏内に入るであろう。

 

今回のロシアワールドカップの予選は番狂わせが多く、どこの国が優勝するのかが全く予想が付かない。

西野ジャパンにも追い風が吹くかも知れない。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク