西野監督のハイタッチ動画は大迫勇也に拒否される!歓喜の輪に入れなかった

スポーツ

オーーーーイ!!サッカー日本代表監督を務める西野朗監督ですが、ロシアワールドカップのコロンビア戦で大迫勇也選手がゴールを決めたシーンでハイタッチを求めたが、選手全員に無視される動画が流れたのだ!何故選手に無視されてしまったのか検証しました。

スポンサードリンク


 

大迫勇也のコロンビア戦のゴール

 

1-1で折り返した後半に待望の決勝点が生まれた。

このゴールが歴史的1勝となったのだが、本田圭佑選手のコーナーキックを頭で合わせた大迫勇也選手がゴールを決めたシーンを見てみましょう。

 

 

いつ見ても大迫勇也選手の鮮やかなヘディングゴールが今も頭から離れませんし、最近批判されている本田圭佑選手のキックが起点になった事も、良かったと思います。

 

そして、今回この大迫勇也選手のゴールが決まり、西野朗監督がハイタッチを要求し無視される動画がNHKの番組内で放送され、笑いの対象になっている。

私も西野朗監督のハイタッチ動画を拝見しましたが、笑ってしまいました。

選手全員が西野朗監督のハイタッチをガン無視しているんです。

 

監督と選手に溝があるのか?

そう思われる人もいるだろう、しかしこの動画を検証すると監督と選手に溝があるワケでも無く、選手が興奮し選手同士が輪になって喜んでいたのだと思われます。

 

西野朗監督の内心は選手と同じように喜びたかったが、選手同士の輪に入るスキがなかったのだと思います。

 

それでは、西野朗監督のハイタッチ動画をご覧ください。


どうでしたか?笑っちゃいました?

何でこの動画がこんなに面白いのか?

やっぱり、西野朗監督が満面の笑みを浮かべているにも関わらず、選手が気が付いていなかった所でしょう。

そして、恥ずかしさのあまり、ドリンクを飲んでごまかしている西野朗監督が更に面白い動画だと思います。

それから、西野朗監督の口に注目しながら見ると更に面白い動画だと思います。

 

この動画の西野監督の心境は以下の通りだったと推測されます。

よっしゃー!→大迫!→ん???→あれ???→やけくそでドリンク飲むか

自分が西野朗監督の立場だったら、非常に恥ずかしいだろうと思います。

しかもバッチリ生中継で映されていますので、余計に恥ずかしい思いだと思いますね。

10年後ぐらいに、ロシアワールドカップの思い出みたいな番組が放送されて、あの時の心境は?そんなテレビ番組があっても良いかもしれませんね。

スポンサードリンク


 

日本代表とコロンビア代表の試合のまとめ

 

試合開始後約3分でレッドカードで退場者が出る波乱の幕開けとなった試合ですが、日本は1人多いにも関わらず、コロンビアに攻め込まれる場面があった。

私はテレビで最初から最後まで試合を見ていましたが、

正直、人数で有利な日本代表でしたがヒヤヒヤしながら試合を観戦しておりました。

 

人数で不利なコロンビアの方が攻撃力は明らかに強いし、スピードもあった。

恐らくレッドカードで退場者が出ていなかったら、日本代表は負けていたと思います。

間違いなくコロンビアの方が個人技もレベルが高いし、スピードもあるチームです。

 

気になったのがゴールキーパーの川島永嗣選手の動きが硬かった。

ワールドカップ初戦の緊張もあったかも知れませんが、あのプレーでは今後の2試合は任せられるとは思えない。

 

コロンビア戦の川島永嗣選手の動画

 

残り2試合は控えの中村航輔選手や東口順昭選手を使った方が今後の経験も含めた時に川島永嗣選手を使うよりも色んな面で吉と出るような気がします。

 

後は、本田圭佑選手はコロンビア戦と同様に途中からの出場の方が日本代表にとってリスクが少ないし、もしもの時の切り札としてスタンバイだけはしておいた方が良いと思います。

本田圭佑選手はやっぱりスピード落ちてますから・・・。

本田圭佑選手を使うなら岡崎慎司選手を使った方がチームに動きが出るのではないか?

 

ロシアワールドカップで日本代表が予選通過するかもしれない。

とにかく、負けないようにセネガル戦では勝ち点1は最低欲しいですね!

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク