西村慎太郎監督(西日本短大付属)の経歴や指導方法は?高校時代に甲子園出場は?

高校野球

西日本短大付属高校野球部は全国でも強豪校として知られているが、監督である西村慎太郎監督はどんな監督なんだろうか?

気になる西村慎太郎監督の経歴や指導方法についても調べてみたいと思います。

それから、西村慎太郎監督の高校時代は甲子園出場経験はあるのだろうか?

色々調べてみたいと思います。

スポンサードリンク


 

西村慎太郎監督のプロフィール

 

 

名前:西村慎太郎 (にしむら しんたろう)

生年月日:1971年生まれ

出身地:福岡県

出身高校:西日本短大付属高等学校

出身大学:福岡大学

 

西村慎太郎監督の経歴について

 

それでは西村慎太郎監督の経歴について見ていきましょう。

西日本短大付属高校の出身であり、卒業後は福岡大学へ進学している。

福岡大学では準硬式野球部に所属しており、ポジションは内野手であった。

 

高校時代は新庄剛志さんと同級生である。

2003年から西日本短大付属高校野球部の監督に就任しており、2010年の夏の甲子園大会ではベスト16に導いている。

 

西村慎太郎監督の高校時代に甲子園出場は?

 

気になる西村慎太郎監督の高校時代について少し書いてみたいと思います。

先ほども書きましたが、西村慎太郎監督はメジャーリーグでも活躍した新庄剛志さんと同級生であり、高校時代は共に甲子園を目指してきた仲である。

 

しかし、高校3年間で甲子園出場経験はありません。

新庄剛志さんのイメージ的に、甲子園出場しているうような感じでしたが、残念ながら甲子園への道は遠かったようです。

 

西村慎太郎監督の指導方法とは?

 

西村慎太郎監督が西日本短大付属高校野球部の監督に就任しているが、夏の甲子園大会は2021年の夏で3回目の出場となる。

ちなみに春の選抜大会には監督として出場経験はありません。

 

どのような指導方法で甲子園へ導いているのだろうか?

気になるところですね!

 

西村慎太郎監督は練習中もしっかりと選手の動きを見ており、本気で高校野球に向かい合っている選手に対しては、本気で答えているのである。

 

西日本短大高校野球部は寮も完備されており、大阪や千葉出身の選手もいる。

西村慎太郎監督は選手たちと一緒に寮生活をしており、グランド内もそうですが、寮生活でも選手一人一人の行動をしっかりと見ている。

 

グランドでの顔と寮での顔が異なる選手がいる。

要するに裏表の顔が存在するそうで、そのような選手は試合でも裏の顔が出てしまうそうで、試合でも結果が出ないようです。

 

練習でも練習以外でもしっかりと行動できる選手が試合でも結果が出る。

西村慎太郎監督はこのような事を非常に大事にして指導しているようです。

 

西日本短大付属高校野球部のグランドはどんな設備がある?

 

西日本短大付属高校野球部のグランドはどんな設備があるのだろうか?

甲子園出場校のグランドを色々調べていますが、やはり私立高校のグランドは非常に設備が整っており、屋内練習場も完備している学校もある。

 

下記は西日本短大付属高校野球部のグランドの紹介です。

 

 

専用グランドの他にも室内練習場も完備されており、高校3年間を充実した練習ができる環境となっている。

 

西村慎太郎監督のまとめ

 

西日本短大付属高校野球部の西村慎太郎監督について記事を更新しました。

西村慎太郎監督の経歴や指導方法等について書きましたが、2021年の夏の甲子園に出場し、どのような采配をみせてくれるのか、非常に楽しみである。

 

1992年夏の甲子園優勝に続く、2度目の優勝となるのか?

今後の戦いに注目していきたいと思います。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読みください!

スポンサードリンク