西川雄一郎(東海大)の出身高校や中学は?身長体重と性格について!

箱根駅伝

東海大学注目のランナーである西川雄一郎選手について色々調べていきたいと思います。西川雄一郎選手の出身中学校や高校時代にはどんな選手だったのか気になる方へ向けて調べて見たいと思います。東海大学の副主将である西川雄一郎選手の細かい所を見ていきましょう。





スポンサードリンク


 

西川雄一郎のプロフィール

 

 

名前:西川雄一郎 (にしかわ ゆういちろう)

生年月日:1997年10月10日生まれ

出身地:兵庫県稲美町

身長:183cm

体重:60㎏

出身中学校:稲美町立稲美北中学校

出身高校:須磨学園高等学校

出身大学:東海大学体育学部

スポンサードリンク


 

西川雄一郎の中学校時代

 

さて、西川雄一郎選手の中学校時代はどんな選手だったんでしょうか?

気になりますね!

全国大会の有無などを調べて見たいと思います。

 

稲美北中学校時代の西川雄一郎選手は中学3年生の時に第67回国民体育大会第2次兵庫県選手選考競技会の男子中学3000m決勝に出場していました。

このレースの結果ですが30人中14位という結果が残っております。

 

14位という結果ですから、恐らく全国大会には出場していないと思われます。

中学校時代から活躍する選手もいますが、高校から伸びる選手もいれば大学で花開く選手もいますので、陸上競技はそういったところも面白い所ですね。

 

他にもレース結果を調べて見ましたが、中学校時代に駅伝等の出場経験は見つける事が出来ませんでした。

 

他に何か見つける事ができましたら、このブログに追記していきたいと思います。

スポンサードリンク


 

西川雄一郎の高校時代について

 

 

中学校を卒業後は神戸市にある須磨学園高等学校へ進学します。

須磨学園高等学校時代の成績を調べて見ました。

 

2015年に行われた全国高等学校駅伝競走大会に第1区として出場しており、結果は24位という結果が残っております。

59人中24位ですから、平均的なランナーですね。

 

しかし、花の1区ですから各高校のエースが集まる区間ですから、厳しいレースにはなったと思います。

須磨学園の監督からの信頼も厚かったんでしょうね。

チームは最終的に12位となっております。

 

2016年に行われた、全国都道府県対抗男子駅伝競走大会に第1区で出場経験があります。

順位は13位という成績でした。

47人中13位ですから、まずまずの結果ではないでしょうか?

良くも悪くも無くと言った結果ですね。

 

このような結果からみると、西川雄一郎選手の高校時代はそこまで飛び抜けた選手では無かったようですね。

スポンサードリンク


 

西川雄一郎の性格について

 

気になる西川雄一郎選手の性格についてですが、実際に会ったことが無いので正直分かりません(笑)。

しかし、東海大学では副主将を務めている選手なので、選手からの信頼も厚いのでしょう。

 

 

西川雄一郎選手のSNSを見てもわかりますが、コメントも非常に真面目な事が書いてあり、陸上に対しては前向きな姿勢だなって思いました。

 

大学生活最後の箱根駅伝になりましたが、前回の箱根駅伝では第3区を任されて区間7位の記録でしたので、2020年最後の箱根駅伝ではどのような走りを見せてくれるのか今から楽しみです。

 

チームの副主将という立場にあり、チームを引っ張っていく状況ですので、個人的には好タイムが期待出来そうな予感がします。

責任感も強そうなので、期待しています。

スポンサードリンク


 

西川雄一郎のまとめ

 

本日は東海大学副主将を務める西川雄一郎選手について記事を更新しました。

中学高校時代はそこまで目立つ選手ではなかったですが、東海大学へ進学しメキメキと力を付けてきた印象です。

年々走りも良くなる選手だと思いますので、大学生活最後の年に大きな記録を作ってくれそうな予感がします。

怪我だけには注意して、最高の走りを期待しております。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク