西口博之監督(長崎商)の経歴や指導方法は?寮やグランドについても!

高校野球

長崎県にある長崎商業高校野球部ですが公立高校で甲子園に出場する強豪校である。

そんな長崎商業高校野球部を率いる西口博之監督はどんな監督なんだろうか?

選手に対する指導方法等何か特別な指導方法があるのだろうか?

非常に気になるところですね!

 

そして長崎商業高校野球部の寮やグランドについても気になるところですが、公立高校の練習環境についても調べてみたいと思います。

スポンサードリンク


 

西口博之監督のプロフィール

 

 

名前:西口博之 (にしぐち ひろゆき)

生年月日:1960年生まれ

出身地:長崎県

出身高校:長崎商業高等学校

出身大学:西南学院大学

職業:商業科教諭

 

西口博之監督の経歴について

 

それでは西口博之監督の経歴について見ていきましょう。

西口博之監督は長崎商業高校野球部の出身であり、高校時代は投手として活躍した。

高校卒業後は西南学院大学へ進学し、九州六大学野球では準優勝の経験がある。

 

壱岐商業高校野球部では7年間監督を務め、1997年からは母校である長崎商業高校野球部の監督に就任している。

2016年と2021年の夏の甲子園に導いた実績がある。

 

西口博之監督の指導方法について

 

長崎商業高校野球部を甲子園に導いた西口博之監督ですが、どのような指導方法で甲子園に導いたのだろうか?

気になるところですね。

 

西口博之監督の若い頃は、選手と一緒になってプレーしたりしていたそうですが、現在は選手とのコミュニケーションを重視しているそうだ。

選手を良く観察し、居残り練習や個人練習などの過程を良く見て褒める。

 

選手たちには『選手たちに自分で気づき観察する力を求めている。』

『考えて動く行動は、野球人としてだけでは無く人間力の育成にとっても大切。』

選手たちに指導するのは勿論だが、西口博之監督本人も選手以上に努力しているようだ。

 

長崎商業野球部の寮やグランドについて

 

それでは気になる長崎商業高校野球部の寮やグランドについてですが、公立高校である長崎商業高校ですが、なぜここまで強いのか?

やはり練習環境が整っているからなのだろうか?

 

調べてみると長崎商業高校野球部に寮があるそうです。

公立高校で寮もあるとは、かなり珍しいのではないでしょうか?

野球部全員が寮生活をしているのかは分かりませんが、離島から長崎商業高校に進学した部員が寮生活を送っているという記事が出ていました。

 

そして長崎商業高校野球部のグランドについてですが、立派な野球部専用のグランドを完備しているようです。

 

 

公立高校のイメージですが、他の部活と共用しながら練習を行なっている学校も多いですが、長崎商業高校野球部のグランドは、しっかりとした専用の野球場となっている。

その他にもトレーニングルームも完備されており、筋トレもしっかりと行えるようになっている。

 

このように長崎商業高校野球部は公立高校でありながら、私立高校と同様の野球環境となっている。

この素晴らしい環境があれば、甲子園にも出場できる力が付く訳ですね。

 

西口博之監督のまとめ

 

本日は長崎商業野球部の西口博之監督について記事を更新しました。

西口博之監督の経歴や指導方法について書きましたが、強豪私学が上位進出する傾向が高い高校野球ですが、長崎商業のような公立高校でも甲子園出場できるのは、やはり指導者である西口博之監督の指導方法が素晴らしいからなんでしょう。

 

長崎商業高校野球部の練習環境も非常に素晴らしい施設があり、甲子園に出場するのも納得ですね。

甲子園に出場しても勝ち進める力は十分にあると思うので、甲子園という大舞台での西口博之監督の采配にも注目していきたいと思います。

 

本日は最後までお読みいだだきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読みください!

スポンサードリンク