西舘昂汰(筑陽学園)出身中学や兄弟について!ドラフト指名もあるぞ!

高校野球

筑陽学園高校野球部の西舘昂汰投手について本日は記事を更新したいと思います。2019年の選抜高校野球大会に出場する西舘昂汰投手ですが、最速144キロのストレートを武器に打者と対戦する。秋は背番号10番を付けていたが、春の選抜高校野球大会にはエース番号を付けることができるのか?この辺りも楽しみですね。





スポンサードリンク


 

西舘昂汰投手のプロフィール

 

 

名前:西舘昂汰 (にしだて こうた)

生年月日:2001年6月9日生まれ

出身地:福岡県

身長:187cm

体重87㎏

出身中学:筑紫野中学校

出身ボーイズ:二日市ボーイズ

スポンサードリンク


 

西舘昂汰投手の中学時代

 

西舘昂汰投手は中学時代は学校の野球部に所属せず、福岡県の二日市ボーイズで中学時代は野球をしていた。

二日市ボーイズとはボーイズリーグに所属する団体であり、高校と同じ硬式のボールを使用する。

因みに私もボーイズリーグの出身である。

やはり中学校の軟式野球とボーイズリーグの硬式野球を同時に行うのは、ボールが違うので恐らく掛け持ちでやる選手はいないと思います。

ボールが違うので、やはりボールのバウンドの仕方も全然違うのであります。

 

西舘昂汰投手の中学時代はどんな選手だったのか調べてみましたが、全国大会へ出場した経験などは特に見当たりませんでした。

恐らく中学時代は目立つ選手では無かったのでしょうね。

スポンサードリンク


 

西舘昂汰投手の兄弟について

 

4人兄弟の末っ子という西舘昂汰投手ですが、兄2人と姉1人の兄弟である。

長男である洋介さんは東大大学院生である。

試合で集中力が発揮できるのは洋介さん譲りだとの事。

 

次男の真吾さんは高校でラグビー、大学ではアメフトで活躍した。

目標にしたのは真吾さんの体であった。

やはりラグビーとアメフトをやっていた選手ですので、体格は非常に良いと思いますね。

スポンサードリンク


 

西舘昂汰投手は入学から2年生までに19㎏体重を増やした

 

西舘昂汰投手は筑陽学園高校野球部に入学した時は65㎏しかなかったが、毎日1㎏のご飯を食べて、2年生の現在で19㎏体重を増やした。

 

毎日1㎏のご飯って・・・。

想像しただけでお腹いっぱいになるんですけど・・・(笑)

 

しかし、毎日1㎏のご飯を食べる事を継続してきたからこそ、19㎏体重増と言う結果になったって事は、素晴らしい事だと思う。

これを途中で挫折していたら、恐らく何もかも中途半端に終わってしまい、メンバー入りも出来ずに、甲子園にも出場出来ていなかったかも知れません。

 

でも、毎日ご飯を作ってくれている母親にも感謝しないといけませんね。

毎日早起きしている、母親の為にも甲子園で登板できると良いですね!

スポンサードリンク


 

西舘昂汰投手の投球動画

 

さて、筑陽学園高校野球部の背番号10番を付けているが、実質エースとしてチームを引っ張ってきた西舘昂汰投手はどんな投球をするのか。

見てみたいと思います。

 


西舘昂汰投手の持ち球は、ストレート、カーブ、スライダー、チェンジアップ、フォーク、ツーシーム

ストレートもMAX144キロを持っているので、多彩な変化球をミックスされると非常に打ちづらい投手ではないでしょうか?

 

西舘昂汰投手は3月23日の選抜高校野球大会までにストレートを150キロまで上げたいと語っているので、選抜高校野球大会でのピッチングは非常に楽しみですね!

スポンサードリンク


 

西舘昂汰投手のまとめ

 

秋の大会では背番号10を付けていた西舘昂汰投手でありますが、選抜高校野球大会では何番の背番号を付けるのか?

江口祐司監督が背番号を決める訳ですが、1番を付けていた西雄大投手との争いとなると思います。

筑陽学園高校野球部のエース争いも楽しみですね!

江口祐司監督のメンバー選出も気にしておきたいと思います。

江口祐司監督の記事はこちら

 

投球回数の多さから見ても、西舘昂汰投手がエースになるような気がしますね。

是非甲子園でも良い投球を期待しております。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも高校野球関連の記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク