西田有志の最高到達点や身長体重について!地元の赤い橋がバレーの原点に

男子バレー

バレーボール日本代表である西田有志選手について記事を書こうと思います。私の中でかなり注目している選手なんですが、まだ10代でありサウスポーから繰り出すスパイクはかなりの威力があり、未来の日本代表を背負う選手だと思っております。西田有志選手の最高到達点や身長体重など、色々調べて見ましたのでご覧ください!





スポンサードリンク


 

西田有志のプロフィール

 

 

名前:西田有志 (にしだ ゆうじ)

生年月日:2000年1月30日

出身地:三重県いなべ市

身長:187cm

体重:80㎏

血液型:O型

最高到達点:350cm

出身中学:いなべ市立大安中学校

出身高校:三重海星高等学校

所属:ジェイテクトSTINGS

ポジション:オポジット

 

西田有志選手がバレーボールを始めたのは、幼稚園の頃からだそうです。

先にお兄さんとお姉さんがバレーボールをやっていたのがきっかけ。

 

中学時代の2014年には第28回全国都道府県対抗中学バレーボール大会の三重県選抜チームに選出された。

中学時代から注目される選手だった西田有志選手ですが、高校も隣の愛知県の強豪校である星城高等学校からの誘いも受けたそうですが、地元の三重県の高校へ進学する事を決めたそうです。

 

三重県の海星高等学校へ進学した西田有志選手ですが、残念ながら春高バレーの出場経験は0である。

2017年にインターハイの出場経験が1回ある。

しかし、U-19日本代表に選出され、第11回アジアユース男子選手権大会では優勝に貢献している。

 

高校3年生の時に、VプレミアリーグのジェイテクトSTINGSに高卒内定選手として入団している。

2018年1月に春高バレーに出場する事が出来なかった為、2018年1月6日の堺ブレイザーズ戦に高校生選手として公式戦に初出場し、スパイク決定率70%という記録を残している。

その翌日にはJTサンダーズ戦にスタメン出場し、チーム最多の26得点を叩き出し鮮烈なデビューを果たした。

 

2018年4月に海星高校を卒業し、正式にジェイテクトSTINGSに入団し、同年に日本代表に選出されている。

スポンサードリンク


 

西田有志の身長体重について

 

西田有志選手の身長体重についてですが、先程もプロフィール欄に書きましたが、187cm、80㎏と言う事です。

因みに、日本代表のエース石川祐希選手は192cm、84㎏で身長差は5cmあります。

 

日本代表の選手の身長を見てみると200cmを超える選手や190cmを超える選手も多く、西田有志選手の身長がメチャクチャ高いという事は無いですね。

 

西田有志選手が活躍できる理由と言うのは、ジャンプ力の凄い所ではないでしょうか?

生まれつきジャンプ力が凄いってことは無いでしょうから、日々のトレーニングの積み重ねで飛べるようになり、今日本代表に選出されているのだと。

 

バレーボールは低い位置でスパイクを打つより、高い位置でスパイクを打った方が有利ですから、低い身長をカバーするのであれば、ジャンプ力を鍛えるしかないですからね。

 

西田有志選手がどれだけのジャンプ力があるのか?次でご紹介しましょう!

 

西田有志の最高到達点が凄い!

 

日本を代表する選手となるだろう、西田有志選手の最高到達点は350cmである。

350cmと聞いてもスグにはピンとこない。

簡単に説明すると175cmの身長が二人縦にならんだのが350cmである。

凄いですよね!

 

そんな西田有志選手の跳躍力の原点は、地元三重県の赤い橋なんだそうです。

この橋に向かって、飛び続けていたそうです。

 

 

やはり何度もチャレンジする事は、何も無駄な事は無いし、一歩ずつ成長していけるという事ですね。

努力したからこそ見える景色があり、努力しなかったら見えなかった景色もある。

日本代表に18歳で選出されたのも、努力してきたからだろう。

スポンサードリンク


 

西田有志のまとめ

 

本日はバレーボール男子日本代表の西田有志選手について記事を更新しました。

西田有志選手の最高到達点は350cmですが、この跳躍力も数年後には更に伸びているかも知れません。

跳躍力もそうですが、パワーも更に加われば、日本代表のエース的存在になるだろう。

今後の西田有志選手の成長には注目していきたいと思います。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク