根尾昂の戦力外やトレードの可能性は?ショートや投手の方が適正でしょう!

プロ野球

中日ドラゴンズの根尾昂選手ですが、早いものでプロ4年目となる。

最近高校生だったと思ったら、もう4年目ですから、時間が経つのは早いですよね。

しかし、ドラフト1位指名されて注目された根尾昂選手も、中々プロの中では活躍の兆しが見えてこない。

もう少し殻を破らないと、1軍定着も難しいのではないだろうか?

そんな中で根尾昂選手のショートへのコンバートが浮上したのである。

個人的に根尾昂選手は外野手よりも内野手向きだと思っているし、外野手をするのであれば、投手でも良いと思っている。

本日はそんな根尾昂について記事を更新したいと思います。

スポンサードリンク


 

根尾昂のプロフィール

 

 

名前:根尾昂 (ねお あきら)

生年月日:2000年4月19日生まれ

出身地:岐阜県飛騨市

身長:177㎝

体重:80㎏

投打:右投げ左打ち

出身中学校:飛騨市立古川中学校

出身高校:大阪桐蔭高等学校

 

根尾昂の戦力外やトレードの可能性はあるの?

 

大阪桐蔭高校時代に春夏連覇を達成した選手の一人であり、甲子園では非常に人気があった選手である。

そんな根尾昂選手ですが、中日ドラゴンズに1位指名されるも、中々結果が残せない日々が続いているが、本人も辛いところでしょうね。

 

そんな根尾昂選手について、世間は戦力外だのクビだなどの声も聞こえてくるが、やはりプロ野球の世界は非常に厳しいのが現実である。

プロ野球はやはり結果が全てである。

 

根尾昂選手は現在主に外野手としてプレーしているが、個人的には外野手よりも遊撃手や投手としてのパフォーマンスの方が高いと思っている。

やはり外野手よりも花があるポジションですから、根尾昂の打撃も向上するような気がするんですよね。

 

やはり外野手だと、少し地味ですから、本人のパフォーマンスが100%出せていないような気がしますね。

やはり根尾昂選手は遊撃手か投手で活躍して欲しいと思っている。

 

このまま外野手で進めて行くと、結果が残せないまま、最悪戦力外やトレード要員となる可能性も0では無いでしょう。

 

まだまだ若い根尾昂選手ですから、活躍する可能性も充分にありますし、スター性も兼ね備えている選手ですから、今のままだとかなり勿体ないと思います。

 

根尾昂選手が一番やりたいポジションは外野手では無いと思っているが、本人が一番やりたいポジションを貫く事で、少しずつ結果も出てくるのでは無いだろうか?

なんと無く、遠慮しているような気がしてなりません。

 

プロでも活躍できる選手だと思うので、遊撃手か投手でこの先頑張って欲しいです。

外野手としての根尾昂選手は、個人的には似合っていないと思う。

 

ですから、戦力外やトレードの話はまだまだ先だと思っている。

遊撃手や投手に転向した場合には、いきなり覚醒するんじゃないでしょうか?

遊撃手と投手の二刀流も面白いかもしれませんね。

 

根尾昂は立浪和義監督のようになれるのか?

 

根尾昂選手は立浪和義監督のようになれるのか?

立浪和義監督も高卒ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団しており、根尾昂選手も同じ形で入団している。

 

二人は何と無く似ているし、立浪和義監督も自分の若い頃と被るかも知れませんね。

右投げ左打ちも同じですから、立浪和義監督も根尾昂選手を遊撃手として育てて欲しいのが私の本音であります。

 

根尾昂選手も偉大な選手が監督を務めているので、アピールしない手はありませんし、何とか遊撃手として根尾昂選手を一流選手にして欲しいです。

ミスタードラゴンズである立浪和義選手を超えるのは、根尾昂選手しかいないかも知れないですね。

 

根尾昂のまとめ

 

本日は中日ドラゴンズの根尾昂選手について記事を更新しました。

根尾昂選手はやはり遊撃手か投手で活躍して欲しいと個人的には思うところがあります。

やっぱり外野手は地味ですから、根尾昂選手には似合っていないと思う。

 

根尾昂選手本人も一番やりたいポジションは遊撃手や投手ではないだろうか?

何とか壁を破って、レギュラーに定着して欲しいと思いますし、根尾昂選手ならやってくれると思います。

 

今後の根尾昂選手には注目していきたいと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!

スポンサードリンク