習志野高校野球部監督 小林徹監督の経歴や指導方法は?主将を二人にした理由とは?

高校野球

 

習志野高校野球部監督である小林徹監督について記事を更新していきたいと思います。甲子園で選抜高校野球大会に出場する、習志野高校野球部を率いる小林徹監督の経歴や指導方法も気になる所ですね!そして野球部の寮についても調べて行きたいと思っております。





スポンサードリンク


 

小林徹監督のプロフィール

 

 

名前:小林徹 (こばやし とおる)

生年月日:1962年4月29日生まれ

出身地:不明

出身高校:習志野高等学校

出身大学:青山学院大学

職業:社会科教諭

スポンサードリンク


 

小林徹監督の経歴

 

習志野高校野球部の監督を務める小林徹監督ですが、どんな経歴の監督なのか気になりますね!

小林徹監督自身も習志野高校野球部のご出身で高校生活を送っております。

高校時代には甲子園出場の有無も気になりましたので、チョット調べてみました。

 

小林徹監督は高校時代にはエースで4番だったそうです。

 

甲子園出場経験も有り、当時の画像もありました。

 

昔の習志野高校は甲子園常連校だった記憶があります。

習志野高校か銚子商業が甲子園に毎年出ていた記憶があります。

 

青山学院大学を卒業後は市立船橋高校に赴任し、野球部監督となる。

監督就任後の春の大会ではいきなり準優勝し、監督大会へ出場する。

1993年の夏の大会では見事優勝し、甲子園出場を決めた。

1996年、1997年、1998年には夏の大会で3連覇を達成し甲子園出場している。

 

その後、2008年の春から習志野高校野球部の監督に就任した。

2009年春、2011年夏ベスト8、と甲子園に出場している。

 

このように監督に就任後いきなり結果を残した小林徹監督です。

やはり、指導方法が特殊なのか?それとも選手をやる気にさせる何かを持っているのか?

どちらにしろ、勝負に勝つと言う気持ちが強く無いと結果には現れないと思うので、その辺りが非常に強い何かを持っているのでしょうね。

 

そして、習志野高校は公立高校です。

公立高校で甲子園出場する事は非常に素晴らしい事だと思いますし、強豪私学と比べても練習環境は劣ると思うんですよね。

千葉県内でも木更津総合高校など強豪がひしめく中で、甲子園出場するって事はやはり小林徹監督の指導方法が素晴らしいのでしょう。

 

過去にも甲子園ではベスト8まで上り詰めている小林徹監督ですから、2019年の選抜高校野球大会でもそれ以上の成績が期待されます。

甲子園ではどんな采配をするのか、今から非常に楽しみですね!

スポンサードリンク


 

小林徹監督が進める主将を二人にした理由とは

 

 

10年ぶり4度目の選抜高校野球大会に出場する習志野高校野球部ですが、何と主将を二人体制にしたそうです。

高校野球では聞きなれない主将が二人いる野球部ですが、理由は1年生がベンチ入りの大半を占める習志野高校野球部なので、主将を二人体制にしたそうです。

要するに、選手同士のコミュニケーションを多くできるようにする為だろう。

主将二人が上手く選手をまとめる事によって、チームも今以上に連携できるようになるのでしょう。

甲子園でも二人の主将に注目が集まるでしょうね!

 

1年生が多くいる習志野高校野球部ですから、今後の活躍にも非常に期待ができると思います。

1年生から聖地甲子園に出場できる事は、中々出来ない事だと思います。

1年生ですからまだまだ伸びしろはあると思いますので、甲子園での経験を次に活かして欲しいと思います。

来年の習志野高校野球部も強くなりそうですね!

スポンサードリンク


 

習志野高校野球部の寮について

 

習志野高校野球部の寮についてですが、やはり公立高校ですので私学みたいに寮は無いようです。

選手は自宅から通学しているそうですね。

強豪私学は寮を完備している学校も多く、県外から選手が集まってきますが、習志野高校野球部のメンバーを見てみましたが、殆どが千葉県の出身選手で構成されております。

この事からも分かりますが、このような環境でも甲子園に出場する事が出来る事は、全国各地の公立高校にも勇気と希望を与える学校だと思います。

小林徹監督が行っている指導方法は素晴らしいってことでしょうね!

スポンサードリンク


 

小林徹監督のまとめ

 

本日は習志野高校野球部の小林徹監督について記事を更新しました。

公立高校を甲子園に導く名将監督と言っても良いでしょう。

これだけの結果を残している監督ですから、強豪私学からの監督打診もあると思います。

一生公立高校の監督をするのか?

どこかのタイミングで強豪私学へ行くのか?

この辺りは分かりませんが、今後の進路についても気になる所です。

個人的には公立高校の名将として輝き続けて欲しいと思っております。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも高校野球関連の記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク